バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第308回   
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

「TOC(制約理論)とドラッカー」

 
お早うございます。

今日もルマガお読み頂きありがとうございます。


■5月8日木曜日と5月10日土曜日
4年目第7期コミュニテイカフェ「ドラッカーマネジメント塾」
第3回開催しました。

ゲスト講師にリコーの画像システム開発本部の
リーダーである馬場 圭三さんに講演して頂きました。

馬場さんはTOC(制約理論)に精通し、
本塾の修了者であり、その後も再度何回か参加されています。

多くのプロジェクトをマネジメントしており、
自ら自分のスタッフに
毎日ドラッカ―勉強会を開催したそうです。

失敗成功の事例紹介は説得力ありました。

開発プロジェクトは事前にタスク(必要な業務)が
定義できない、目標の見直しが入る、従って進捗が
測定できない。

一方ドラッカー勉強会ではシステムエンジニアが
誰のための仕事か、使命は何か、何のために仕事するか
と言う精神の領域に最大の関心を持ったそうです。


■後半は私が
「ドラッカーのマーケティングとイノベーション」
を紹介しました。

誰のための仕事か「顧客は誰か」を問う
マーケティングと
世のため人のため「顧客のため」の改革を問う
イノベーションは
プロジェクトの目標設定や全員が目標を共有する
マインドセットに役立つ言葉に溢れています。

どんなプロジェクトも全体の目標や理念から
設定しないと正しいタスクやプロジェクト目標は
失敗に終わる可能性がある。


■交流会では様々な仕事と背景を持つ参加者で
盛り上がりました。

どんなプロジェクトでも個人と組織と顧客や仕入先などとの
繋がっている。

現代社会はあまりにも仕事が細分化されて
繋がりを疎かにしている。

とても良い議論ができました。

馬場さん、ありがとうございました。

■■次回第3回はドラッカーを「心技体」(精神、戦略、実践)
のフレームワークでお話します。

マネジメントは専門知識だけではない。

心と心の関係であり、人と人の繋がりであり、
世界のマネジメントの神様のドラッカーと
日本で経営の神様と言われた松下幸之助と言葉は違うけど
実は同じなのだということを証明します。

●ゲスト講演は
「もし経理部長がドラッカーを応用したら?」
と題して公認会計士の野田弘子さんにお話しして頂きます。

野田さんもドラッカー塾の修了者で何回も参加されました。

又均等法前の東大法学部出身女性
〜求人ゼロからのキャリアの作り方〜
も話題の一つにして頂きます。

<野田弘子さんのプロフィール>
約20年にわたり、複数の外資系金融機関で経理部長を歴任し、
財務報告、管理会計等広く財務経理業務に携わる。

2006年より会計コンサルタントとして、
経理部の活性化と経営に役立つ会計のセミナーに取り組んでいる。

東京大学法学部卒。大乗淑徳学園淑徳大学公開講座講師、
亜細亜大学大学院 アジア・国際経営戦略研究科 
戦略会計担当 非常勤講師

会計に限らずいろんな分野の専門家が
ドラッカーマネジメントを理解することで
幅が広がる。

どんな仕事している人も参考になると思います。

あなたの参加をお待ちしています。

■スポット参加大歓迎です。
講義のみ4000円、カフェ参加込み5000円

2周目以降の方は
講義のみ2000円、カフェ参加込み3000円


申し込み方法等
詳しくは以下をご覧ください。

ホームページ
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d00sp2u08nnhnbl0ysTqf

ダウンロードチラシ

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d00sq2u08nnhnbl0ys0TA


お待ちしています。


セミナーご案内

■企業全体(ホリステック)に多くのプロジェクトを
同時に回すTOC(制約理論)に基づく
プロジェクトマネジメント最新の手法
を紹介するセミナーをご案内します。

講師はイスラエルのヤニフ・ディヌール氏です。

TOC(制約理論)の開発者であるイスラエルの
故ゴールドラット博士とともに実践的応用において
第一人者だと思います。

新薬開発が困難になりジェネリックなど
数多くの製品を短期間で市場に出すことで
世界的に実績を持っています。

私、今岡善次郎も前座を務めます。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d00sr2u08nnhnbl0ysm81


さて、
本日のテーマ
===================
1.善と悪はいのちの根源(森信三全集)
2.死と再生
(ドラッカー「ポスト資本主義」)
3.事例研究:
ハーマンミラー社「品質は義務によって創られる」
'Leadership Is an Art'
(邦訳 響き合うリーダーシップ、海と月社)

===================

 
1.善と悪はいのちの根源(森信三全集)


■人も組織も社会もいのちであり、
いのちを支配する行動ルールは何かと
森信三の思想は深まります。

道徳や宗教は文明文化と称せられており、
世界の歴史上いろいろと類型化されているが
人類に共通するものは無い。

もっと深いところで人間のいのちを支配するものは
「善」と「悪」ではないかと問題提起します。

■道徳も宗教も心の問題を扱うが
所詮外側からの考察で生じた思考であると。

いのちの内面的な体験を自分で確かめる「自証」
で得たものではない。

内面的な体験においては
善悪の概念こそ、いのちの奥底にある概念であると。

善は実行するのに理性と努力を必要とし容易に実現できない。

悪は人間の本能に根ざしており避けることも容易ではない。

■腸内細菌に悪玉菌と善玉菌があり、
心筋梗塞に繋がる悪玉コレストロールと免疫細胞を作る
善玉コレストロールがあるという。

最近の生命科学では悪玉も善玉も免疫システムの維持に
役立っていると言う。


いのちを維持する免疫システムは
自律神経の交感神経と副交感神経があり、
アドレナリンとエンドドルフィンという相反する
ホルモンの影響を受ける。

■森信三は言う。

切れば血の出るいのちの表現として
善は無条件に肯定し、悪は無条件に否定される常識には
否定的である。

いのちの奥深いところでは
宗教や道徳ではなく「善悪」が行動を支配している。

宗教の行動ルールは異教徒を殺害することを肯定するが
ひとり一人が持っている善悪の行動ルールでは
どんな人でも殺害を否定する。

善悪と言う「陰陽」の交換が生命なのかもしれません。


2.死と再生


■ドラッカーによると
成功する組織は現状の活動すべてについて
体系的放棄を行うという。


方針や活動、手続きなど徹底的に見直し、
これで良いのかと検討を加える。

■そして同時に改めて今何を行うべきか問う。

新しい方針や活動を取り入れる。

放棄したものの中から選択することも拒否しない。

最適と思い標準化した手順でさえ放棄する。

ドラッカーは優れた日本企業はそのように
行動していると言った。

リーン生産方式の命名者、MITのウォ―マック博士は
トヨタ自動車を研究している時、
標準化は4半期毎に見直していることを
知って驚愕した。


■人間の身体は60兆の自律的ないのちである
細胞から成る社会であると言う。

毎日1兆個が死に、1兆個が新しく生まれる。

死と再生を同時に行う動的平衡が生命の特徴だと言う。


再生した1兆の細胞の内、5000億は
ガンなどの異形細胞でありいのちの保全システムである
免疫システムが異形細胞を攻撃し無力化する。


■成功する組織は日々従来の組織を見直し検討する。

価値を提供する顧客は誰か問い、
方針はこれで良いかと問う。

見直してみて問題があれば再度の見直しを行う。


イノベーションは放棄と再生を繰り返す。

動的平衡の原理もドラッカーの「継続的放棄」も
生命の健康、生命力の秘訣のようです。


3.事例研究:
ハーマンミラー社「品質は義務によって創られる」
'Leadership Is an Art'
(邦訳 響き合うリーダーシップ、海と月社)


■ハーマンミラーでは品質とサービスの品質は
品質検査ではなく
人間関係の質、コミュニケーションの質
によって創られると考えている。

心と心の関係やお互いの約束の質によって、
すなわち誠実さの観点から品質を捉えている。


■誠実さとはIntegrityであり、
ドラッカーが言う、真摯さ(Character Of Integrity)
と同じです。

IntegrityとはIntegration(統合)から来ており、
Integerとは手を繋ぐと言う意味の繋がりだそうです。

人と人の関係において
名誉とか義務が発生する。


■製品やデザインや製品開発において
顧客の潜在的ニーズを探し満たすことも義務である。

製品やサービスを通じて
社会貢献したいと言う動機を大切にする。

■社会に対して敏感であり
社会的責任を担う会社で有り続けたいと
常に考えていると言う。

ハーマンミラーの社員は人生と仕事を切り離していない。

品質を義務と誠意と考える姿勢は
日本の常識であった時代があります。



●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d00ss2u08nnhnbl0ysHl2

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d00st2u08nnhnbl0ysnbT


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d00su2u08nnhnbl0yspgS
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d00sv2u08nnhnbl0yswBP
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。