バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...
天から授かった最長でも120...
日本人の自然観とは見える現象...
日本の神道は宗教ではなくエコ...
太陽エネルギーを生命力とする...
老化を促進する外敵から自分を...
旧来の常識に囚われている専門...
専門領域以外のことに関心を持...
ホメオスタシスという健康維持...
詭道ではなく自己鍛錬がチーム...
分類する理論と統合するイノベ...
心身のストレスをコントロール...
楽しいパーテイができるのも企...
欠落部分を補い全体を結合する...
世界は日本的な日本を必要とし...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第307回   
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

「認知症家族会とドラッカー」

 
お早うございます。

今日もルマガお読み頂きありがとうございます。


■連休中の4日の日曜日
若年認知症家族会「彩星の会」の男性介護者だけの
食事会をプロのシェフである介護者の家に集まりました。

みんな介護の最中の男性介護者も含め
プロの料理にお酒を嗜みながら笑いと家族会の運営に
ついて語り合いました。

家族会の賛助会員が減り、
会員も定例会に魅力を無くしつつある。

会費収入が減り「どうしたらいいか」という
マネジメントの問題に直面しています。

■僕は自分の専門を活用してもらおうと
1月から仕事合間でいろいろ思案し
会員の方々と話合い定例会でアンケートとり
一人ひとりから意見を聞いて考えをまとめました。

自分なりの「船中八策」(坂本龍馬の明治維新青写真」
を模して「暗中八策」を披露しました。

企業はどうあるべきかは
人生どう生きるか、家族はどうあるか、
そして家族会はどうあるべきか
全てに共通する原理がドラッカーです。


■男性介護者中心に組織で仕事をした人や
いつも気があう会員は僕の行動と考え方に共鳴してくれますが
現執行部は理解してくれません。

家族会でもイノベーションが必要です。

組織には必ずここを直すと全部治るという
ボトルネック、又はレバレッジポイントがある。

改革の主旨は「誰のために家族会か?」、
「自分達に強みは何か?」「使命は何か?」
「それぞれの会員にとっての義務と使命は何か?」
ドラッカーが大切にしている問いから始めました。


組織のためであって、現執行部のためではないので
「ヤンチャ者」扱いにされる。

幹部の間では「独り浮いて異者扱い」(笑)
だそうです。

それも無理ないと考えなおしました。

ここで諦めてはドラッカー研究者として
失格である。

しばらく引いて
定例会でひとりひとりの介護者の苦悩に向き合い
いずれ
出直そうと考えています。


家族会関係の読者はメルマガ本号は
役に立ちますから是非最後までお読み下さい。

さて、明日から第3回始まります。

■■カフェ「ドラッカーマネジメント塾」2014年春第7期
第3回「マーケティングとイノベーション」
ご案内します。


5月8日木19:00平日コース
5月10日土15:00週末コース


前半は
■ゲスト講演
テーマ「大企業の開発現場におけるマネジメント」

講師は馬場 圭三 (ばば けいぞう)様にお願いします。

馬場様は株式会社リコーの画像システム開発本部に緒属する
グループリーダーです。

開発現場で起きていることや苦労していることを紹介し、
ドラッカー論と対比させながらお話して頂きます。

馬場様は本塾の塾生としてコース終了し、
その後何度か参加されています。


後半は
■私 今岡善次郎による
「ドラッカーのマーケティングとイノベーション」
のお話をします。

誰のための仕事か「顧客は誰か」を問う
マーケティングと
世のため人のため「顧客のため」の改革を問う
イノベーションが
ドラッカーのマネジメントの基盤です。


馬場様の現実の事例を受けて
ドラッカーのメッセージと関連付けて対話したいと
思います。

ドラッカーのマネジメントを
産業革命や米国で発展した科学的管理法との対比、
又TOC(制約理論)との対比なども交流会のテーマにしたい
と思います。


スポット参加大歓迎です。
講義のみ4000円、カフェ参加込み5000円

2周目以降の方は
講義のみ2000円、カフェ参加込み3000円


申し込み方法等
詳しくは以下をご覧ください。

ホームページ
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0ej91u08noemwjiyw3cZ

ダウンロードチラシ

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0eja1u08noemwjiyw6gK



お待ちしています。



さて、
本日のテーマ
===================
1.一歩外にでないと分からない(森信三全集)
2.イノベーションは専門外から起こる
(ドラッカー「ポスト資本主義」)
3.事例研究:
ハーマンミラー社「歴史の語り部」
'Leadership Is an Art'
(邦訳 響き合うリーダーシップ、海と月社)

===================

 
1.一歩外にでないと分からない(森信三全集)


■20世紀の初め、
ドイツの一高校教師だったシュペングラ―が
「西洋の没落」と言う歴史的名著を書きました。

きっかけは
トルコ大使館付き研究員となり
西洋文明圏より一歩外に出た事でした。

卓越した分析や思想はドイツ国内の
アカデミズの枠組みの中では生まれない。

■シュペングラ―の研究はトインビーに影響を与え
当時の西洋文明の中で常識となっていた
西洋の文明は世界文明の中で唯一の
発展進化する文明ではないと結論付けました。

森信三は
世界でも長期政権であった徳川幕府でも
300年も持たなかったと言いました。

西洋列強という外の世界に触れて
徳川政権は崩壊した。

人のいのちと同じように
文明も文化も政治体制と同じく
盛衰興亡があり生があり死がある。

■人間は1つのシステム、又は組織の中にいると
その中に埋没して、自分を含むシステム全体が
分からなくなる。

外に出て
過去から現在までの流れを俯瞰して初めて
自分が分かり、自分が属しているシステム、
社会が分かる。

シュペングラ―もトインビーも西洋社会の外に出て
初めて西洋文明が理解できた。

日本人も海外に出て初めて日本を知る人が多い。

僕もビジネス人生で海外に出る機会が多かったので
その理由が分かります。

■森信三によると
人間は人間中心の社会からも離れて
自然生態系の中で人間を見ないと人間とは何か
分からないと言います。

近代文明は特に
人間中心の世界観しかもてない。

近代文明は科学的知識を人間のために利用したが
近代文明の限界は核兵器という
人類を何回も滅亡させるほどの兵器を生んだ。

利益中心の資本主義社会の競争で
うつ病になる人間が増え、
生命力の源泉である免疫システムが不調になり
成人病が増加の一方でる。

環境破壊で地球が病み、
人間の生活に悪影響を与えている。

一歩外に出て見ないと現実の問題が解決しない。

豊田佐吉は「障子を開けて外を見ろ。外は広いぞ」
と言って現在モノづり世界一の
会社の基礎を作りました。


2.イノベーションは専門外から起こる


■ドラッカーと同じくオーストリア生まれの
シュンペーターはイノベーション(変革)は
「創造的破壊」であると言いました。

そしてイノベーションは
異質な知識の組み合わせで起こると。

ネット社会では
組織が社会に貢献している製品やサービス、
その価値を創造する知識や方法が急速に陳腐化する。


■ドラッカーは、
習慣化したもの、馴染みのもの、満足すべきものを
体系的に放棄して行かなければ変革はできない
と言いました。

そして最大の変化は
変革すべき分野からではなく、新しい知識がもたらされる
別の異なる分野から起こると。

馬車業界から鉄道は生まれていない。

鉄道から自動車は生まれていない。

IPSやSTAP細胞による医薬品開発のイノベーションは
薬学界からではなく、生命科学から行われつつある。


■今、IPSの中山教授もSTAPの久保方研究者も
研究論文の書き方で糾弾されている。

そもそも生命を扱う研究は従来の科学的方法と
違うのではないかと思います。

マネジメントのイノベーションも
ドラッカーの方法論は社会生態系といういのちの
観察から導かれている。

従来の科学的管理法とは違う。

「科学的」を錦の御旗にする
ビジネススクールではドラッカーを読まないと言う。

いのちの研究である米国サンタフェ研究所の
複雑系研究は従来の科学的研究の方法論とは
一線を画しています。

■いのちに関する知識が急速に進化する中で
ポスト資本主義社会は旧来の方法論が
通用しない。

ビジネスも研究も、教育も
ビジネススクールや、
アカデミックな学会や大学からではなく、
全く違う分野の知見や経験が役立つかもしれません。

イノベーションは専門外から来る。


3.事例研究:
ハーマンミラー社「歴史の語り部」
'Leadership Is an Art'
(邦訳 響き合うリーダーシップ、海と月社)

■ハーマンミラー社で社員が理念を共有し、
自律的参加型のマネジメントに成功している秘訣は何か。

どの会社でも理念を作文することは簡単であるが
その文化を作ることは簡単ではない。

その秘訣は
創業当時からの心と心の繋がりを伝える
語り部がいることのようです。

■その理由を1960年代後半のナイジェリアの村での
出来事をメタファー(比喩)で説明しています。

ある村で電気が引かれて
それまで毎晩村人が焚火に集まっていたが
家に閉じこもるようになった。

その集会は古老たちが部族の歴史を語り継ぐ
場所だった。

■村の歴史を共有しなくなった部族は
自分達の歴史を失い求心力を無くして衰えて行った。

現代社会では家族も企業もあらゆる組織で
語り部がいなくなった。

人々を束ねる価値観を失いつつある。

創業当時からの連綿と続いた習慣を失えば
自分達は何者かを忘れてしまう。

■語り部を失うことは現代技術だけではなく
人々の心を忘れて組織を私的目的に使うリーダーの
存在もあります。

自分達の先祖、先人の伝統を否定する自称
革新主義者も又語り部を殺してしまう。

活力ある組織や社会には
語り部が必要であることが分かる事例です。


●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0ejb1u08noemwjiywgiS

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0ejc1u08noemwjiywkOu


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0ejd1u08noemwjiywkMc
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0eje1u08noemwjiywCFU
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。