バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第305回   
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

「ビジネス体験から考える統合:人的ネットワーク」

 
お早うございます。

今日もルマガお読み頂きありがとうございます。


■今週の21日月曜日午後3時
今年度から新しく兼任教員となった
法政大学理工学部経営システム工学科で20才前後の
若い学生相手の講義を行いました。

又夕方6時半から多摩大学大学院で2014年度春期開講の
初回講義を行いました。

30才代から60才代までの
たくさんの社会人の参加がありその後の懇親会で
多くの新しい出会いがありました。

どちらが講師になってもおかしくない
人生体験を積まれた方達との人的ネットワークの機会
が持てたこと大変感謝しています。



■24日、26日カフェ「ドラッカーマネジメント塾」
でゲスト講師をお願いする坂巻裕三様とも
いろんな人的ネットワークを通じて
20年来のお付き合いさせて頂いています。

2010年沖電気を退職されるまで
半導体事業の海外営業、企業企画、合弁会社設立
、企業向けソリューションカンパニーの
トップマネジメント、中国ビジネスなど
国際的な活躍をされました。

又退職後1年間パリに滞在して
欧州統合、グローバリゼ―ションや
文明の対立等に思考を巡らせ、
「葉々斎巴里日記」と題して著作を上梓されました。

現在はJICAコンサルタントとしても
ご活躍です。

豊富なビジネス体験を基盤にした「統合論」を
人間行動にまで広げてお話して頂く予定です。

いつまでも人と人との繋がりを拡げることは
いのちの活性化になります。

■■カフェ「ドラッカーマネジメント塾」

第二回「ドラッカー人間学に観る人間の本質」
ご案内します。

4月24日木19:00平日コース
4月26日土15:00週末コース


前半は
■ゲスト講演
テーマ「統合論:ビジネス現場から見た人間行動から」

ゲスト講師は
元沖電気エンタープライズ・ソリューションカンパニー
プレジデント坂巻裕三様です。


後半は
■私 今岡善次郎による
「マネジメントにおける人間の本質」のお話をします。

ドラッカーの社会生態系(いのち)のマネジメントに
不可欠な人間とは何かについて紹介します。

ドラッカーの処女作「経済人の終わり」によれば
20世紀の革命と戦争は
「人間の本質をモノとカネで動く存在」
としてモデル化したことが原因だった。

人間の本質は経済的動物だけの単純ないきもの
ではない。

個性、感情、人と人の繋がり(統合)、市民としての正義、
誠や真摯さ、挑戦と安らぎなど多面的な動機で
生きており、マネジメントしている。


■経済は人間を扱わなかったが
経営は人間を扱うどころか人間そのものである。

人間がモノとカネを変換する知的機械ではなく
喜怒哀楽という「戦いと平穏」入り混じるいのち
である。

人間の本質を知り
交感神経と副交感神経の
アドレナリンとエンドルフィンなど
自律神経を巧くマネジメントすることが
不可欠である。


■最新の免疫学の知見から分かる人間の本質と
ドラッカーの人間学から
マネジメントに役立つお話を取り入れます。


スポット参加大歓迎です。
講義のみ4000円、カフェ参加込み5000円

初回スポットでコース選択の方は
初回スポット参加費を控除した残りをお支払い頂ければ
コースで参加可能です。


コース参加者の方も初回と曜日の変更の方だけではなく
参加日をご連絡下さい。

2周目以降の方は
講義のみ2000円、カフェ参加込み3000円


申し込み方法等
詳しくは以下をご覧ください。

ホームページ
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0noxrt08nsr9s1is67KW

ダウンロードチラシ

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0noyrt08nsr9s1is6dmy



お待ちしています。



さて、
本日のテーマ
===================
1.「いのち」への無限の感謝(森信三全集)
2.組織の成果は外にある
(ドラッカー「ポスト資本主義」)
3.事例研究:
ハーマンミラー社「参加型資本主義」
'Leadership Is an Art'
(邦訳 響き合うリーダーシップ、海と月社)

===================

 
1.「「いのち」への無限の感謝(森信三全集)


■ドラッカーはナチスヒトラー台頭のヨーロッパにおいて
戦争とその原因である貧困と差別への人類の課題に対して
どうすべきかと自問したことから
一生涯マネジメントを追求しました。

そこに人間の本質は何かの考察が根底にあります。

森信三は哲学と教育の現場において
人の存在、いのちとは何かを追求しました。

言い方は難しいですが
いのちの実相的源泉は何かと。

■いのちを知るには自己のいのちを「自証」すること、
すなわち自分のいのちを自分を含む全体のいのちの中で
実感することだと悟った。

いのちの究極的実感と何か。

「わたくしといういのちが人間全体のいのちの
ひとつとして与えられ、恵まれたという事実に
対する無限の感謝の念が起こること」

という感慨だというのです。

そしてそれは長い間の哲学的遍歴の末
仏教や儒教や神道など東洋思想が述べていることの
再認識だったと正直に述べています。

■近代的分別知は人間中心になり、
我々現代人が「曖昧模糊」なる思想として
喪失してしまった。

現代人はいのちに対して謙虚さがなくなり
傲慢になった。

人間は生かされているのじゃなくて
自分で生きているとうぬぼれてしまった。

人間は自分の苦悩を自分の知恵で解決しようとして
さらに苦悩を深めてしまっている。


■人間には悲しみ喜び、泣き笑い、苦と快、
福と禍があるから人生に深い喜びがある。

ストレスに対処するアドレナリンが分泌されるから
快楽のエンドルフィンが分泌される。

人のために苦労して
人が喜ぶと快楽が生まれる。

このような「いのち」は人間の知性が作ったのではなく
より大きないのちのお陰なのです。

いのちへの無限の感謝の心が生じることが
森信三のいう「いのちへの感謝」なのです。




2.組織の成果は外にある


■企業、病院、学校などの組織の成果は内部ではなく
外部にあるというのがドラッカーが
最も力説していることです。

外部の顧客が製品やサービスを買ってくれるから
組織は存在できる。

病院が治療を望む患者がいるから存在できる。

学校は学んで人生や仕事に使う卒業生がいて
存在できる。

■組織の成果は内部の人間の自己満足でも
カネを貯めることでもない。

それに対して家族やコミュニテイは自己完結的で
自らのために存在している。

企業の内部にはコストしか発生しないから
企業内組織はコストセンターでしかない。

企業の利益は外部にいる顧客によって
もたらされる。

誰かのために役立つから利益はもたらされます。

利益は外部での成果による。

■しかしながら殆どの組織において
内部の人間は専門性を発揮することによって
評価されるので
外部の成果と結び付けることができない。

コストを下げたり高度の技術を開発したり
効率を上げたりすることと
外部の成果は直接的に結び付かない。

エンジニアや研究者や医師や弁護士や会計士は
自らの貢献を組織の成果として認識できない。

専門知識や技術レベルで評価してしまう。

■成果を上げる組織では外に対する
責任と使命を明確にされなければなりません。

組織にいる殆どの人が
自分は誰のために存在しているか
常に問い直さなければ組織の存在価値が
いずれ薄れて行くでしょう。




3.事例研究:
ハーマンミラー社「参加型資本主義」
'Leadership Is an Art'
(邦訳 響き合うリーダーシップ、海と月社)

■ハーマンミラー社では排他的資本主義に対して
参加型資本主義を理念としています。

参加型資本主義経営とは
利益を目的とした経営ではなく
社員が潜在能力を活かす「場」を作ることを
第一の目的とした経営であると考えています。

■潜在能力が活かされる「場」とは
自己実現を可能とする「場」であり、
会社や顧客に奉仕する「場」であり、
難しい試練を与えてくれる「場」だと言う。

人々は会社の課題に自律的に積極的に参加する
権利と義務がある。

決して仲良しクラブではない。

■排他的資本主義に対して参加型資本主義は
以下のような特徴を持つ。

・業績的能力より誠実さ
・自分の強さをアピールしあうより弱さを見せ合う
・目標を達成することより能力をフルに発揮する
・リスクを避けるより恐れない
・見かけのやる気より仕事への愛着
・知識より精神的な高さ

■企業全体が「人」を大切にし
多様性を認め
「心の関係」を築きコミュニケーションを
十分取り、全員参加の熱意を注ぐ。

ハーマンミラーの参加型資本主義は
現代アメリカ企業の中にあって、
今は薄れたかっての長寿型日本企業と共通するものを
感じます。


●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0nozrt08nsr9s1is6yzr

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0no0rt08nsr9s1it6EIx


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0no1rt08nsr9s1it6s0P
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0no2rt08nsr9s1it6je1
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。