バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...
天から授かった最長でも120...
日本人の自然観とは見える現象...
日本の神道は宗教ではなくエコ...
太陽エネルギーを生命力とする...
老化を促進する外敵から自分を...
旧来の常識に囚われている専門...
専門領域以外のことに関心を持...
ホメオスタシスという健康維持...
詭道ではなく自己鍛錬がチーム...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第292回   
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 「日米マネジメントのハイブリッド」


お早うございます。

●大寒が過ぎて真冬の東京も
日照時間が長くなりつつあります。

身が引き締まる寒さの中、快晴の青空の下
昨日21日の昼前近くの青梅街道杉山公園から
中野通りを北に一人散歩しました。

人通りの多いJR中野駅周辺を通り抜け
早稲田通りを越えて新井薬師公園まで30分弱
の道は通常の散歩コースの一つです。

新井薬師公園では子供を連れた若いお母さんが
シルバー世代の男性のギター演奏
を聞きいっていました。

●忙しい週の静かなスタート切りました。

今週は木曜、金曜、土曜、日曜連続で

カフェ塾2013年秋平日コース最終回
多摩大学大学院2013年秋期最終講義
カフェ塾2013年秋週末コース最終回
家族会の定例会

と続きます。


もうすでにご案内済みですが再度最終案内します。

■■カフェ「ドラッカーマネジメント塾」ご案内■■

テーマは「日米マネジメントのハイブリッド」です。

サブテーマは「ドラッカーと日本的イノベーションTPS]と
「日本的経営とドラッカー、ゴールドラット、ジムコリンズ」
です。

23日ゲスト講師のロルフィングも
日本的感性と米国の合理的科学的な身体感のハイブリッド、

25日ゲスト講師による海兵隊と時間ベース戦略も
日本の武士道やモノづくりのスピードと
米海兵隊の多芸と現場実践のハイブリッドに見えます。


■1月23日木曜
タイトル「ロルフィングによる身体のイノベーション」
ゲスト講師 米国認定ロルファー 川口舞子氏■


ドラッカーの社会生態学マネジメントを
「人・部門・会社」を「細胞・器官・身体」のメタファー(比喩)
の原理で説明しました。

アイダ・ロルフという生理学者が東洋思想も取り入れ
独自の解剖学知見にもとづいて20世紀後半
米国で開発発展したロルフィングについて
解説して頂きます。

身体の構造を筋膜のネットワーク連鎖でモデル化するのは
僕がテーマにしている企業や産業をサプライチェーンで
モデル化するのと類似しています。

サプライチェーンマネジメントが企業の高収益体質を
目的とするように
ロルフィングは身体を通して心身の体質
改善(イノベーション)する目的を持ちます。

米国を中心にプロのスポーツや芸術やパイロットなどの
パフォーマンス改善に広がっているそうです。

■川口舞子さんは自ら施術を行うボディセラピストでもあり、
ボデイケア・サロンのマネージャーでもあります。

僕の多摩大学大学院の公開講座で知り合い、
現在当大学院の院生でもあり、
又カフェ「ドラッカー塾」の塾生として
何度か参加して頂いています。

医療や健康などの効能を訴えることが主目的ではありませんが、
腰痛予防の座り方など即役立つ生活方法もお話してくれます。

大自然が創った身体の神秘から
人間学によるマネジメントに大きなヒントが得られます。


■1月25日土曜
タイトル「米海兵隊とボイド大佐のタイムベース戦略OODA」
ゲスト講師 コンサルタント 有富嘉哲氏■

ドラッカーマネジメントを「精神・戦略・実践」
で説明してきました。

実践の領域ではドラッカー原理を「時間・フィードバック」
の項目でドラッカーのメッセージを紹介しました。

仕事における戦略や実践は
戦争における勝利の原則が有効であることは「孫子の兵法」や
「ランチェスター戦略」で有名です。

このカフェ塾でも「孫子」や
「ゼロ戦のパイロット坂井三郎の生還戦略」
についてご紹介しました。

■有富氏は富士通総研、三菱総研にて
コンサルタントの経験を得て
現在独自の手法を研究しています。

僕がドラッカーから東洋思想や西洋の脱近代思想に
関心が深まったように

有富氏もコンサルタントとしての経験と
戦略論や東西の思想の研究の中で僕のドラッカー塾を知り
第6期の塾生として参加しています。


ボイド大佐は朝鮮戦争での凄腕空戦パイロットとして
戦闘状況の勝因分析を元に、さらに他学問を含めた”総合”
という視点から、時間が決め手になる意思決定論OODA
(Observation Orientation Decision Acttion)を
理論化しました。


最近米国でスピードの重要性を日本のジャストインタイムとともに
OODAがビジネスの世界で研究されているそうです。

戦争の目的は古来、破壊や殺人ではなく平和への手段であり
マネジメントの一部です。

ドラッカー思想の中でOODAを学ぶことは
実践につながります。


ホームページ(写真付き)

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0xytos06nhilo909rmEr

チラシ更新

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0xyuos06nhilo909rQ5B


スポット参加大歓迎!



スポット料金参加費4000円
(1期〜5期フルコース参加者は
スポット参加料金半額の2000円です)


申し込みお待ちしています。

このメール返信でお申込下さい。

・開催日
・お名前
・所属
のみで結構です。


さて、
本日のテーマ
===================
1.天地一切がいのち
2.社会が個人を従属させる国民国家
3.事例研究:
ハーマンミラー社「リーダーシップ3つの人間の特徴」
'Leadership Is an Art'
(邦訳 響き合うリーダーシップ、海と月社)

===================

 
1.天地一切がいのち


■前回は主体と客体と言う西洋的論理思考の
限界を指摘しました。

論理的な思考では
神が人間を作ったように人間が自然や社会を
客体として
コントロールしてマネジメントしようとした。

森信三はこの主体客体区分は
主体重視、個人主義の基礎であり、
個人的自我を絶対視する弊害の元だと言う。


■客体としての自然を生命の無いもの
として扱う。

主体と客体の区別は
創るものと創られるものを分ける。

創造者と被創造者を分ける。

旧約聖書では創造者を「神」という。

だから神と人間は一緒にできない。


■森信三哲学によれば西洋はロゴス(論理)的
である。

それに対して東洋、日本では
パトス(精神)的であり、
「いのち」が「いのちの分身的創造」をすると
考える。

分身と言うのは己が身を割いて
相手に全存在を与えるということである。

人は神の一部である。

日本の神話の神も人のように強欲であったり
慈悲深かったりする。


■「宇宙世界とは何か?」の問いは
人間とは何か
自然とは何か
そして人生とは何か、仕事とは何かの問い
など根本的な問いに繋がっているのです。

どんな答えをしても自由なのだが、
人生にとって社会にとって意味のある答えが欲しい。

森信三哲学は
この大自然あるいは宇宙は天地一切のいのちが
人間のいのちを創り
人間が創るものにいのちが宿る
という思想です。

企業も社会も自然も自分と同じいのちなのである。

エコシステム(生態系)もいのちです。



2.社会が個人を従属させる国民国家


■ドラッカーが予測した通り
ベルリンの壁が崩壊しソ連の共産党国家が20世紀末に
無くなり、そして今
欧米の資本主義社会である国民国家も
財政的に行き詰っています。

西洋では400年前君主国家から国民国家が誕生し、
日本では150年前に
徳川幕藩体制から明治政府の国民国家が
誕生しました。


■西洋における国民国家とは何か、
ドラッカ―は興味深い洞察をしています。

国民国家の誕生つ繋がる思想の元祖は
ライプニッツのキリスト教世界の再統一だった。

個人の自由に任せると世俗的信仰が台頭し
虐政にならざるをえないとした。

だからキリスト教で国民を支配する
国民国家を作ろうとした。

ルソーはその一世紀後にキリスト教ではないが
全人類を完全無欠にすることで社会を救済できると
考えた。

個人を社会が支配すべきだとした。

その延長にマルクスが「個人」を
「歴史的客観法則」に従って社会に従属すべきだとした。

そしてヒトラーもその延長線にあり
社会による個人の救済を目的としたというのです。

新しい人間を創ることによって
理想の国を創る野心に燃えた。

国民国家の権力が強化される歴史だった。

■そして
第2次世界大戦の後、西洋の旧植民地から
200近い新しい国民国家が誕生した。

ドラッカーは国民国家が衰退するとは言っても
逆の君主制に戻るとは言っていません。

国民国家の権力の強化が限度を超え、
国家が唯一の権力機関ではなくなったと言っています。

■国家の機能が民営化されNPO化され
分権化される一方で
超国家的なグローバルな機関として企業も現れた。

国家の機能は弱まるが一人ひとりの自由な創意によって
社会が変わると考えた。

人々は多元社会の一部としてしか国家を見ない。

現実の日本でも行政に依存する組織から
企業も非営利法人も独自の事業で社会福祉に
貢献する時代にないました。

もうすでに
国家に国民は従属していないのです。

3.事例研究:
ハーマンミラー社「リーダーシップ3つの人間の特徴」
'Leadership Is an Art'
(邦訳 響き合うリーダーシップ、海と月社)


■ハーマンミラーの元CEOである
マックスデプリ―はリーダーシップに欠かせない
人間の特質を3つ上げています。


第一が誠実さ(integrity)
第二が関係を創る手腕
第三がコミュニテイを創る手腕

です。

■第一の誠実さとは一個人ではなく
人と人の関係である社会のための原則だと
デプリ―は言います。

誠実さの欠如は文明社会における自制の役割を
理解していないことから生じる。

日本的な言い方であれば「謙譲」の役割を
理解していないことかもしれません。

売り手と買い手が交叉する
自由市場を維持する大原則である。

信用の根本が誠実さである。

■第二の人間関係を維持し育むことは
リーダーのスキルである。

人は誰でも組織を必要としている。

人それぞれ持っている
能力やスキルを発揮する機会が欲しい。

その場を与えるためには
人間関係を構築する能力を身につけなければならない。

このスキルは「心」の問題である。

上記の「誠実さ」が元になる。

■第三のコミュニテイを創る手腕とは
他人に奉仕して他人と知り合うことで
敬意や感謝を示し、
持ちつ持たれつの生活を支え合うことが出来る
能力である。

みんなコミュニテイがあることで
誰もが自己を最大限活かすことができる。

誠実さがあって
人間関係を構築する能力があって
コミュニテイを創る手腕が発揮できるのです。



●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0xyvos06nhilo909r3z5

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0xywos06nhilo909r609


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0xyxos06nhilo909r7Fj
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0xyyos06nhilo909r8SA
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。