バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第291回   
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 「統合(インテグレーション)」


●お正月はいかがでしたでしょうか?

北半球に寒波が襲来し米国で死者がでているようです。

異常気象の原因は
地球環境破壊の影響が無いとはいえません。


●正月の東京は車も人口も減って
夜空の星が良く見えました。


正月が終わって5日から6日にかけて
千葉房総の鴨川で一泊しました。

寒いが夜空の星が綺麗に見えました。

青い空に冷たく澄んだ群青色の海も
美しかった。

高層の15階の部屋からの眺望は
空、山、海、地平線、海岸、街並みが
俯瞰的に見渡せる

●地上にいると景色の一部を切り取った
断片しか見えません。

分割分業された現代人の生活空間にいると
世界を俯瞰的に見る習慣が薄れます。


部分しか見えないことと
環境破壊は繋がっています。

俯瞰して統合して観察しなければなりません。

明日の塾もそのテーマです。

■■新春の仕事始め
カフェ「ドラッカーマネジメント塾」開講のお知らせ

2013年秋期第7回は
1月9日(木)平日コース11日(土)週末コースです。

テーマは「統合(インテグレーション)」です。

分析・分解・分業・診断・帰納で現状を分けてみる科学的
方法論が現代文明を進化させました。

同時に人間的要素を消し、
木を見て森を見ない専門家ばかり増えて多くの問題を生み
企業の持続性を蝕んでいます。

専門分野を統合するロジスティクスにヒントがあります。

ロジスティクスは戦略論では兵站(へいたん)と呼ばれる
全体システムのネットーワーク理論です。

二つのテーマ扱います。

・「ロジステックスにおける統合:コンテナとクロスドック」
そして
・「ロジスティクスにおけるニュートン力学制約理論TOC)」

です。

私のがサプライチェーンマネジメント探求の原点を語ります。

「サプライチェーンマネジメント」(今岡善次郎、工業調査会、1998年)

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0inxms06nrqch608zm14



ホームページ(写真付き)

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0inyms06nrqch608z8Nq

チラシ更新

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0inzms06nrqch608zrLF


スポット参加大歓迎!



スポット料金参加費4000円
(1期〜5期フルコース参加者は
スポット参加料金半額の2000円です)


申し込みお待ちしています。

このメール返信でお申込下さい。

・開催日
・お名前
・所属
のみで結構です。

 

さて、
本日のテーマ
===================
1.創造の秘儀
2.進行中のポスト資本主義社会
3.事例研究:ハーマンミラー社「奉仕するリーダーシップ」
'Leadership Is an Art'
(邦訳 響き合うリーダーシップ、海と月社)
===================

 
1.創造の秘儀


■人間の知性は自分を主体として
他を客体(対象)とする。

チームメンバーも仕事も自然も
知性から見れば

利用すべき対象であり、
変化させるべき対象であり、
治療すべき対象であり
排除すべき対象である。

客体(相手)も主体(自分)を主張するから
主体と主体がぶつかり
各主体は絶対ではなく
相対的であることが理解できないで
社会は多くの問題を抱える。

家族でもプロジェクトでも国家でも
同じ問題を抱えています。

■お互いが認め合う主体、
すなわち森信三が言う相対的主体である
「超主体」が存在する時
創造は一歩前進するという。

家族も組織も社会も、
無数の主体から成り立っている。


■人間の有限な知性は分析的であり
すべてを主体と客体に分割する。

分割する対象はいのちである。

いのちは分割するといのちではない。

ドラッカーは半分のパンは有用だが
半分の赤ん坊は死骸でしかないと
言いました。


■人間の知性は主体的であり分割的であり
いのちの理解力に限界があるという。

ドラッカーは
科学的管理法で分割する手法は学んだが
大事なのは総合することであると言いました。

大事な創造とはいのちを創ることである。

総合することである。

人間の知性の宿命的な制約は
対象を分析することに終わることです。

いのちとは何かを理解することが
絶対的な創造の秘儀かもしれません。

知性に誇りと驕りを持つことではなく
自然のいのちに感謝と謙虚さを持つことが
創造の秘儀だと言うわけです。



2.進行中のポスト資本主義社会


■ドラッカーは「ポスト資本主義社会」を書いた
20世紀末に何を観察していたでしょうか?

一つはソ連の崩壊が予想通り実現したこと。

そして資本主義も先進国で金融資本主義となって
社会的機関として機能しなくなったこと。

そして政府の役割も機能しなくなったこと。

■国家と企業の関係も大きく変わらざるを得ない。

西洋では君主制国家から市民主権国家へ
移行して400年経過した。

主権国家が無くなることはないが、
国家の役割は低下する。

国家は幾つかある統合体
例えばNPO,企業、組合、家族会、学校などの
一つに過ぎなくなる。

■時代の過渡期において何が変化要因となるか?

ドラッカーは断定していないが
幾つか示唆しています。

インターネット、IT,知識、
大学進学率向上、
そしてなんと非西洋社会である日本の存在などが
ポスト資本主義社会に影響するかもしれないと。


■先ず第一に上げているのが
主権国家の政治体制が相対的弱体化せざるを得ないと
見ていました。

ドラッカーが亡くなった2005年以降、
世界はリーマンブラザーズの破綻で
欧米も日本と同じく国家財政の危機に直面している。

量的緩和という金融政策で経済が持続しているのを見ると
ドラッカー説とは逆に
国家の役割が強化されているように見えます。

しかしながら
財政的に弱体化した政府に
経済が頼っていること自体が健全ではありません。

国家の役割の最後のあがきかもしれません。



3.事例研究:ハーマンミラー社「全社員がオーナー」
'Leadership Is an Art'
(邦訳 響き合うリーダーシップ、海と月社)


■ドラッカーが「リーダーシップについて
どの本より明確でエレガントで説得力がある」と絶賛した。


生産性の向上に役立つ意見を提出した労働者に、
利益に応じて報酬を与える
「スキャンロン・プラン」を採用している。

アメリカの企業では珍しい社員持株制度である。

この制度は、全員が会社のオーナーになることにより、
日常的な仕事の場面で、社員としての責任や、
オーナーとしての役割を互いに分担している
という意識が芽生える。

■一人ひとりの働く人達に
一種の品性が身につくことが重視される。

個人も企業も会社の所有者であるという意味において、
同じ立場でリスクを覚悟する意識も生まれることになる。


このように、
「従業員も会社を所有する主要なメンバーである」
ということが徹底して意識できる。

デザインや研究・開発など、クリエイティブ・ワークや
イノベーションヘの取り組みを、
何よりも重視する。

■松下幸之助は創業時代に
「社員稼業」とか「社員は主人公」という
表現で全社員にオーナーシップ感覚を期待したそうです。

ハーマンミラーも社員が雇われているという感覚ではなく
自営業者としてお互いに協力しあう。

自分と会社との間に一体感をもつことができ、
互いのメンバーをイコールパートナーとして意識し、
自由な雰囲気の中で、
創造的な仕事を遂行できるようになる。

■一人ひとりの人間には、
ちがった才能があるということを認める。

リーダーシップの技術を、
「人びとをその気にさせる」
小手先の心理学的な動機付けの技術だとは考えていない。

「誰のための仕事か」
すなわち
顧客のため、同僚のため、家族のため、取引先のために
という人と人との関係の中で動機づけするのです。


●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0in0ms06nrqch609zgyj

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0in1ms06nrqch609z4WB


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0in2ms06nrqch609zJoW
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0in3ms06nrqch609zjuk
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。