バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...
天から授かった最長でも120...
日本人の自然観とは見える現象...
日本の神道は宗教ではなくエコ...
太陽エネルギーを生命力とする...
老化を促進する外敵から自分を...
旧来の常識に囚われている専門...
専門領域以外のことに関心を持...
ホメオスタシスという健康維持...
詭道ではなく自己鍛錬がチーム...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第285回   
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 「心のエネルギー」


●先週の週末、僕も世話人の一人である
ある団体の人を集めるイベントで
若干不手際があり、
何人かに迷惑をかけました。

私は関わっていない仕事で
関わった人から自分の責任を棚に上げて
責任追及の火の粉が僕に降りかかり
とっさに怒りがこみ上げて激怒しました。

普段激情を持たないし
忍耐強いと周りから見られていますが、
僕は聖人君子ではありません。

真摯に責任を負うべき人間が
人に責任を転嫁する行為を僕は許せません。

いじめ問題の校長、
政治家の選挙違反、
レストラン経営者の食品偽装、
普段善人ぶっている人ほど自分で責任取らないで
人のせいにする。


●僕は毎日六波羅蜜の教え
「布施・持戒・忍辱・精進・禅定・知恵」
を心で唱えています。

・人に優しくする(布施)
・謙虚に自分を律する(持戒)
・怒らず我慢する(忍辱)
・煩悩を消す(精進)
・冷静に心を落ち着ける(禅定)
・深く考える(知恵)

この教えに背いてしまいました。

■一方で
煩悩に基づく喜怒哀楽の激情があるから
人間は義や誠に基づく行動ができる。

毒草が生えるところに薬草も生える。

人間の行動には心のエネルギーが頭の力より
はるかに大きい。

次回のカフェ塾は心のエネルギーを中核として
頭と身体を使うマネジメント力をどう身につけるか
テーマです。

■第4回統一テーマは
「心を中核とする心頭体の三位一体のマネジメント」
です。

平日コース11月28日木曜日18:30〜
週末コース11月30日土曜日15:00〜

・事例研究1「コマツの赤字脱却の構造改革」
・事例研究2「東京通信工業(ソニー)設立趣意書 
       井深大」

・テーマ1「精神・戦略・実践の三位一体のマネジメント力」
・テーマ2「精神の領域 人と人のつながり」  


ドラッカーは精神の領域、戦略の領域、実践の領域の
三位一体のマネジメント原理をカバーします。

松下幸之助は
「商売は知識ではなく知恵でやるもんや」
「知恵は知識と熱意と経験だ」
と言いました。

ドラッカーは
「人間は一部であり全体との繋がりでしか生きられない」
と言い、

松下幸之助は
「人間は一人では生きられない。集団の中で繋がりを持って
多くの人の恩恵を受けている。恩を返し感謝することで仕事をする。
企業もまた然り」と言いました。

ドラッカーを東洋思想の文脈で語ります。




11月19日のFBイベント

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0mgpsw0oltb51p2exT2c

ホームページ

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0mgqsw0oltb51p2ex8Bo

チラシ更新

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0mgrsw0oltb51p2exvjJ


スポット参加大歓迎!



スポット料金参加費4000円
(1期〜5期フルコース参加者は
スポット参加料金半額の2000円です)


申し込みお待ちしています。

このメール返信でお申込下さい。

・お名前
・所属
のみで結構です。



さて、
本日のテーマ
===================
1.天地の化育に参ずる
2.産業人の自治と責任
3.事例研究:伊那食品工業「バランス経営」
===================

 
1.天地の化育に参ずる


■人間を含む生態系のいのちは第一の創造、
人間が第一の創造の助けを借りて
人工物をつくることを第二の創造という
森信三の興味深い思考モデルを紹介しました。

第二の創造は第一の創造といのちが相通じ
相呼応することで閃(ひらめ)くと。


■二宮尊徳の農業改革だけではなく、
現代農業の品種改良、水産業の養殖などは
大自然、宇宙の法則を活用する、
又は同調することで成果を上げることが理解できる。

大自然に同調しなければ
自然破壊、生態系破壊になって人間に返ってくる。

サプライチェーンも有機システムであり、
人間が作る第二の創造の対象である。

だからサプライチェーンも
大自然、宇宙、生態系(エコシステム)との
調和、同調しなければなりません。


■養殖法開発において
飼料、温度など科学的条件設定を決める創造的開発
において、
その組み合わせは無数にある。

ノーベル賞受賞の科学者が
無数の組み合わせの中から偶然ひらめいたという
話が多い。

「人知」のみで創造的開発には限界がある。

人知で無理やり創造すると環境破壊になる。

「稚魚」といういのちと
「我を捨て切った人間のいのち」が相通じ
宇宙の生命と統一した時に初めて
本物の養殖が生まれると言う。

■1950年代のトヨタ生産方式の開発で
試行錯誤の結果は
「滞留の無いモノとカネの流れを実現する」
システムだった。

生産工場が生態系の生き物のように
第一の創造に近いシステムを生んだと言えます。

第一の創造と第二の創造が統一されたとき

宇宙の生命と呼応し
イノベーションが生まれる。



2.産業人の自治と責任

■ドラッカーは第二次大戦の最中に
望ましい社会のあり方の考察を
ライフワークにしていました。

自由で機能する産業社会の実現を図る条件は何か。

それは自由、自律、自治であると
「産業人の未来」で述べています。


■第2次大戦とヒトラーという人間社会の
負の現実から人間や社会を観察して
マネジメントを発明した。

戦争における総力戦が
一人ひとりの国民に社会的位置と役割を
与える。

■戦争が産業社会に大きく依存する現実を
観察して、責任ある自治のために
企業の正当な権力の基盤として倫理が
重要であると考えました。

企業はかっての農村社会のコミュニテイになる。

かって農村社会の集合が国家であったように
企業という産業社会がコミュニテイになって
社会を形成する。

■21世紀の現代においても
大地震、原発、温暖化による気象変動による
大型台風など国民の総力戦が要求される
分野は多い。

戦争が産業に依存したように
災害や原発問題や経済問題が産業に依存する。

産業人の責任は大きい。

自治を基盤とする産業人は自己の利益のみではなく
社会に対する責任を
政府以上に持たなければならない。

東電を中心とする
原子力村の産業人は今、
ドラッカーを学ぶ必要があります。 


3.事例研究:伊那食品工業「バランス経営」
(http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0mgssw0oltb51p2exSGC)

バランス経営を以下のように生態系の比喩で説明しています。

■木の苗を密植すると、
太陽を求めて急激に背丈だけを伸ばし、
不要になった幹の下のほうの枝は枯れていきます。 

間伐をされると、木は上への成長をやめ、
形を整えるようになります。 
幹を太くし、枝が垂れ下がりバランスをとり始めます。 

その姿は突風に耐える力を備えているようにも見えます。

■突風といえば、生まれながらにして
風を一身に受ける環境にいる松もあります。

野原に一本だけ植えられた場合です。 

根を張りながらゆっくりと高くなり、
枝はそろって斜め下を向いています。 

幹もしっかりとしてバランスれた本来の美しい形です。


■経営の形も歴史が浅かったり
競争が厳しかったりする時期は、
密植の松のようになります。

「本来あるべき姿」 は野中の一本松です。 

幹の上部の枝葉は、営業、製造など
経営を目に見えるかたちで引っ張っている部門です。


では一本松にあって密植された松にない
幹の下部の枝葉はどんな分野でしょうか。
 
それは、規模にふさわしい研究開発力や見合った知名度、
イメージ、信用、社員のモラール( 志気 )
などの目にみえない分野です。 

■短期的に貢献していないようにみえるこれらは、
競争に専念している密植状態の経営では
切り捨てられてしまいます。 

数字に表された資産内容がいくら良くても、
研究開発力がなければ行き詰ってしまいます。

全体のバランスが取れていないからです。
 
バランスをとるには、
伸びている部門をあえて抑える事があります。 
今だけを考え、将来の備えができないようでは
均衡の取れた会社にはなれません。 

会社全体の理念に合わない部門はあえて伸ばさない。
 
社員のために社会のために
永続すること。

これが大事な事だと信じている会社は
生命力のある会社といえるでしょう。



●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0mgtsw0oltb51p2exzpp

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0mgusw0oltb51p2exxc2


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0mgvsw0oltb51p2exwac
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0mgwsw0oltb51p2exQ6o
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。