バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...
天から授かった最長でも120...
日本人の自然観とは見える現象...
日本の神道は宗教ではなくエコ...
太陽エネルギーを生命力とする...
老化を促進する外敵から自分を...
旧来の常識に囚われている専門...
専門領域以外のことに関心を持...
ホメオスタシスという健康維持...
詭道ではなく自己鍛錬がチーム...
分類する理論と統合するイノベ...
心身のストレスをコントロール...
楽しいパーテイができるのも企...
欠落部分を補い全体を結合する...
世界は日本的な日本を必要とし...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第284回   
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

名刺交換した方にお送りしておりますが、
不要の方はそのまま返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 「共生の生態系思想と日本的経営」


●11月14日木曜日
多摩大学 経営実学志塾 公開講座
演題「日本的経営とSCM」講演しました。


1981年の「日本成功の代償」(P・F・ドラッカー、
ダイヤモンド社)から引用した
「世界は日本的な日本を必要としている」の根拠から
話を切りだしました。


日本画から日本人の特性や感性を見て
日本人の思考や経営にまで言及したドラッカーは
その根底には日本独自の自然観、神道があると言いました。

現代日本人が失いかけているものを今、
取り戻す必要がある。 

●神道の本質は
人は自然界に属している、
自然と共生しているという生態系(エコロジー)
です。

東日本大震災で
世界から注目された「絆」です。

ドラッカーは自らを社会生態学者と自称しました。

人からなる社会生態系は自然生態系(エコロジー)
の一部です。

●日本的経営で世界で認められている代表的な事例は
日本の商社とトヨタ式経営です。


トヨタ式生産を簡単に要約すれば

分業と階層構造の伝統的製造組織が原因
となるムダを廃して
小ロットで流れをつくるメカニズムで、
人間中心の
組織が生き物であるとの原則にのって、
自己完結性のある進化する生産である。


■製造現場だけではなく
産業全体で見れば生態系の食物連鎖に相当する
共生関係の経済連鎖のマネジメントが
日本的経営の特徴と言えます。

企業も産業も経済も
モノとカネと情報などの流れが生命となる
生き物です。

SCM(サプライチェーンマネジメント)は
アメリカから来た用語ですが
一般世間の通念とは違って
日本的経営が里帰りした概念だと僕は解釈します。


■■■6期第4回カフェ「ドラッカーマネジメント塾」

テーマは
「心を中核とする心・頭・体の三位一体のマネジメント」
です。

平日コース11月28日木曜日18:30〜
週末コース11月30日土曜日15:00〜

・事例研究1「コマツの赤字脱却の構造改革」
・事例研究2「東京通信工業(ソニー)設立趣意書 
       井深大」

・テーマ1「精神・戦略・実践の三位一体のマネジメント力」
・テーマ2「精神の領域 人と人のつながり」  



ホームページ「ドラッカーマネジメント塾」

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0s09rw0olyfn9nkes2ZF

チラシ

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0s0arw0olyfn9nkes3ti


スポット参加大歓迎!



スポット料金参加費4000円
(1期〜5期フルコース参加者は
スポット参加料金半額の2000円です)


申し込みお待ちしています。

このメール返信でお申込下さい。

・お名前
・所属
のみで結構です。



さて、
本日のテーマ
===================
1.第一の創造と第二の創造
2.戦争がもたらしたもの
3.  事例研究:伊那食品工業「木に学ぶ深耕経営」
(http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0s0brw0olyfn9nkeslSL)
===================

 
1.第一の創造と第二の創造


■森信三によると生命の創造には
第一と第二の創造がある。

第一の創造とは
宇宙のいのちが自分の分身として
いのちを生む。

大自然の営為である。


そして第二の創造とは
我々人間が第一の創造を基盤にして
宇宙の意を受けて宇宙を活かすために
創造する。


■人間による第2の創造とは
宇宙の創造の助けを借りて
いのちの生育に参加することである。

モノづくりにおける新製品の開発も
生産方式のイノベーションも
新しいビジネスモデルの起業も
第二の創造と言えます。

■中国古代の思想では
「天地の化育」に参ずるという。

人間が発明するもの、開発するシステムも
大自然の、宇宙の生命に助けられて
創造されるという。

大野耐一氏は「トヨタ生産方式」開発において
「気がついたら出来ていた」と言ったという。

これなど
第一の創造の助けを借りて
第二の創造に参画したと言える。


■マネジメントのイノベーションは
人間が主体になって、大自然が人間に与えた
「知力」のみで実現するわけではない。

大自然が人間をして第二の創造たらしめるのだ。

オットー・シャ―マーのU理論では
意識の谷の底の第4の領域に入ることで
自分を超える存在と繋がり新しい発想を得る
ことができると言う。

これは森信三の思想の第二の創造と
同じことではないだろうか。



2.戦争がもたらしたもの

■戦争は国の危機、倒産は会社の危機です。

ドラッカーは戦争がもたらす只一つの
前向きなものは
国民がそれぞれ自分の位置と役割を国家目標に
あわせることだと観察しました。

危機の時にイノベーションが起こるのは
東西の歴史で証明されています。

トヨタ自動車が過剰在庫で倒産しそうになった時、
米国の自動車産業の規模と生産性の前に
産業界も政府日銀も国産は無理だというのが
常識だった。


■豊田喜一郎氏の「ジャストインタイム」のコンセプト
から大野耐一氏のカンバン方式が生まれた背景には
強い危機意識があった。

現在
リーン生産、TOCと世界の製造業に影響を与えた
イノベーションは
最初は組織の生き残りが動機だった。


■トヨタもソニーも、そして
「海賊と呼ばれた男」で有名な出光も
戦後成功した企業の多くは
戦争から引き揚げた社員の結束、共同体意識の中で
イノベーションを行っています。

戦時は日本も欧米も国民が兵士のように
総力戦で自分の位置と役割を認識しました。


■ドラッカーは言う。

戦争は望ましきも楽しくもないのは
明かだが、
一人ひとりが社会的位置と役割を
共通の目標に合わせる。


そしてこれを平時の産業社会に応用すべきである。

トヨタやソニーなど多くの日本企業が
成功した原因はドラッカーの原理にあります。




3.事例研究:伊那食品工業「木に学ぶ深耕経営」
(http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0s0crw0olyfn9nkesuBo)

ホームペ―ジより部分的抜粋します。

■伊那食品は
「企業は永続的に安定成長することによって、
より多くの人々を幸せにできる」
と信じています。


ゆるやかな末広がりの成長をつづけて、
永続する企業であることを目指す。 

■「末広がりの成長を目指すには、
急激な成長は抑えなければなりません」という。

世の中を見渡すと、急成長を望む経営が、
ほとんどです。


急成長には、その後に必ず急激な落ち込みが伴う事を
歴史が教えている。 

急成長の後にはほとんど落ち込みはある。

急成長には自然体ではない無理がある。

急で、無理な成長の結末として、社員や仕入先、
納入先が路頭に迷い、工場閉鎖などによって地域に
迷惑をかけている会社はいくらでもある。 

末広がりの成長を続けて、永続するためには、
急成長はマイナスだとす。


■根を深く木を掘り起こしてみると、
細かく枝分れした根があらゆる方向にビッシリと
伸びているのがわかる。 

つまり、深めると言う事は広がりも伴うとも言えます。

経営になぞらえれば、深耕ということです。 

当社は寒天という一つの素材を研究し続け、
掘り下げる事によって、
逆に様々な業界とつながる事になりました。

■四半期毎の利益を追求する現代の株式市場資本主義
とは一線を画す「根を張る」
長期経営と言えます。

マネジメントは、
そして産業社会は社会生態系のいのちです。

自然生態系から学ぶ経営はドラッカーとも
森信三とも相通じる経営と言えます。




●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0s0drw0olyfn9nkesNsX

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0s0erw0olyfn9nkesEpP


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0s0frw0olyfn9nkesLyW
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0s0grw0olyfn9nkes0R6
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。