バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...
天から授かった最長でも120...
日本人の自然観とは見える現象...
日本の神道は宗教ではなくエコ...
太陽エネルギーを生命力とする...
老化を促進する外敵から自分を...
旧来の常識に囚われている専門...
専門領域以外のことに関心を持...
ホメオスタシスという健康維持...
詭道ではなく自己鍛錬がチーム...
分類する理論と統合するイノベ...
心身のストレスをコントロール...
楽しいパーテイができるのも企...
欠落部分を補い全体を結合する...
世界は日本的な日本を必要とし...
ドラッカーのポスト資本主義社...
大谷翔平の二刀流をマネジメン...
神仏習合の日本のイノベーショ...
自律神経を鍛えた冒険家 三浦...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第280回   
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

名刺交換した方にお送りしておりますが、
不要の方はそのまま返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 「アンパンマンマーチの哲学」


●10月13日アンパンマンの作詞で有名な
漫画家やなせたかし氏が亡くなりました。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0ujtfw0olnrqj2rxnQob


テレビの追悼番組も多く、
日本国民の多くがやなせたかし氏を追慕し
冥福を祈っています。


●「ドラッカー塾」受講者の方が
ドラッカーマネジメントに
アンパンマンの思想と共通するものがあると教えてくれてから
いろんな局面で引用しています。


次回の塾も
今回のメルマガも多角的に引用します。

facebookでも引用しています。
友達リクエストお願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0ujufw0olnrqj2rxnQ6Q


■■■第6期 2013年秋期第3回開催のお知らせ
コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」ご案内■■■


第3回の統一テーマは
「なんのためのマネジメントか?」です。

♪なんのために生まれ、何をして生きるのか?
♪それに答えられないなんていやだ!
(アンパンマンマーチ、やなせたかし)

人気アニメのテーマソングですが
この問いは哲学です。

ドラッカーは
「自己目標管理こそマネジメントの
哲学たるべきものである」と言いました。

スティーブ・ジョブスは
人生の目標と仕事の目標を
「人類の生き方を変える」としました。

そして個人的私的なことを超えることが
ドラッカ―の社会生態学者としての
マネジメント哲学です。

この哲学の結論として
人も組織もネットワークで繋がっている社会生態系
の繋ぎのありかたとして、
組織のリーダーシップやコミュニケーションの
取り方が導きだせるのです。


●週末コース11月2日土曜日15:00〜
平日コース11月7日木曜日18:30〜
です。

<3回テーマ>統一テーマ
「なんのためのマネジメントか?」

・事例研究「アイリスオーヤマ」

社員にとって良い会社と会社にとって良い社員を両立。

メ―カ―ベンダーというサプライチェーン統合モデル。

生活者視点の顧客創造。

・テーマ1「ドラッカーの目標によるマネジメント」

・テーマ2「リーダーシップとコミュニケーション 
社会生態学視点」


前回のイベント

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0ujvfw0olnrqj2rxnVTw

ref_dashboard_filter=calendar


ホームページ

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0ujwfw0olnrqj2rxnKbA

チラシ更新

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0ujxfw0olnrqj2rxnYGP


スポット参加歓迎!

スポット料金参加費4000円
(1期〜5期フルコース参加者は
スポット参加料金半額の2000円です)


申し込みお待ちしています。

このメール返信でお申込下さい。

・お名前
・所属
のみで結構です。



さて、
本日のテーマ
===================
1.孤独瞑想世界と多元的俗世界
2.真の保守主義とは
3.事例研究:伊那食品工業の「企業の目的」
===================

 
1.孤独瞑想世界と多元的俗世界


■森信三は2人の西洋の哲学者を対比させて
思想家を類型化しました。

前回は静的なカントと
動的なヘーゲルを比べました。

今日はスピノザとライプニッツの対比を
紹介します。

■スピノザは哲学史上稀にみる
深い宗教的な人間だった。

わずかな年金によって清貧な生活を支えて
思索した。

終生孤独な瞑想で過ごし
その哲学は一元論的世界観を創造した。

一方ライプニッツは
微積分学や位相数学に貢献しながらも
欧州の複雑な政治外交界の一角に身をおいた。

そして
近世の多元的な政治哲学の代表だった。

現実の世界での経験が思想を創る。

■アンパンマンマーチの作詞家で漫画家の
やなせたかしが無くなって哲学的深い思想が
話題になっています。

なんのために生まれ なにをして生きるか
それに答えられないなんていやだ。

戦争体験から生まれた哲学だという。

正義の戦争などない。
飢餓を救うことこそ正義である。


■孤独に宗教的世界に生きたスピノザ。

現実の複雑な俗世界に身を置きながら数学者であった
ライプニッツ。

戦争に行って飢餓を体験したやなせたかし。

哲学は一人ひとりがどう生きるか何をするか
現実の体験の中から見つけること。

哲学者など他者から学ぶことを媒介にして
自分の行動原理を確立することが大事なのです。

生き方やマネジメントにも通じます。


2.真の保守主義とは


■ナチスに到る西欧を支配した理性絶対主義の時代、
一人ひとりの人間が社会的な位置と役割を
失い続けたとドラッカーは分析しました。

政治の権力は制御不能な
中央政権な官僚機構を作りあげた。

産業界の経営者の権威と
個人の財産権も断ち切ろうとした。

■社会的にも政治的にも
西洋社会は官僚的絶対者と
一方で無政府主義大衆へと解体していった。

ヒトラーやマルクス主義の全体主義化と社会解体が
社会崩壊に結び付いた。


■そのような社会への反動として
保守反動の思想が生まれたが
保守反動と保守主義は全く違うとドラッカーは言います。


保守反動は「昔は良かった」と
特定の歴史上の社会状況を絶対視する。

「○○時代に帰れ」と。

しかし過去を不動の位置に据えることは
ファシズム全体主義と同じである。

歴史のダイナミックな変化、個人の自由を
認めない思想であると。

■反動と革命の二者択一は致命的な欠陥である。

政治に問題解決の全てを任せるのではない。

産業が意味ある存在である社会こそ
必要である。

ドラッカーのマネジメントの本質は
産業社会の技術経済を秩序だてる
社会をつくるところにあった。

そのためには革命でもなく、反動でもない、
真の保守主義が必要とされるのです。


3.事例研究:伊那食品工業の「企業の目的」
(http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0ujyfw0olnrqj2rxnLT4)

■「何のために生まれ、何をしていきるのか。
それに答えられないなんていやだ」
(アンパンマンマーチ、故やなせたかし)
の問いを自らに課す時
背筋は伸びる思いがします。

「企業は何のためにつくられ、何をするのか」
と絶えず問うことで経営者も社員も
背筋を伸ばして仕事をすることができます。

 
■伊那食品は
「企業は本来、会社を構成する人々の幸せの増大のため」
にあるべきだと述べています。

アンパンマンも世の中に困った人、空腹な人を見つけて
顔の一部をちぎって(自己犠牲)幸せにすることに
存在する意味を持っています。
 
伊那食品は、社員が精神的にも物質的にも、
より一層の幸せを感じるような会社をつくることを
目的にしています。


■そして永続することにより
環境整備・雇用・納税・メセナなど、
様々な分野でも社会に貢献したいと。
 
したがって、
「売り上げや利益の大きさよりも、
会社が常に輝きながら永続することにつとめます」
と企業の目的を表現しています。

ドラッカーが「産業人の未来」で書いた
「企業は社会の目的にあった役割を持たなければならない」
で述べたことと同じですね。
 


●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0ujzfw0olnrqj2rxnI3D

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0uj0fw0olnrqj2rynKyL


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0uj1fw0olnrqj2rynJyq
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0uj2fw0olnrqj2rynmoo
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。