バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...
天から授かった最長でも120...
日本人の自然観とは見える現象...
日本の神道は宗教ではなくエコ...
太陽エネルギーを生命力とする...
老化を促進する外敵から自分を...
旧来の常識に囚われている専門...
専門領域以外のことに関心を持...
ホメオスタシスという健康維持...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第278回   
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

名刺交換した方にお送りしておりますが、
不要の方はそのまま返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 「生と死はエコロジーの生命現象」


●10月6日から7日にかけて
95歳の母親を延命医療するかしないか、
3人兄姉弟で相談するため出雲に帰省してきました。

食が細くなり痩せて行く。

賛否両論あるが食事ができなくなる時が
寿命であり天寿まっとうと考えていいと
思います。

我々3兄弟は自然と同意しました。

母を介護してくれている兄夫婦と家族の
孫ひ孫に感謝!


●ついでに
60年の大遷宮の出雲大社にお参りしてきました。

伊勢神宮とともに出雲大社も遷宮で賑わっています!
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c04axdw0nl2ag4zrwvuNa

最近パワースポットとして
女性に人気だそうですが、
神道は人間を含む自然を「神」とする
生態系(エコロジー)の思想です。

●生と死は
エコロジーの生命持現象です。


自然界も枯れて朽ち果てるもの
新しく芽生えるもの

消滅するもの
発生するもの

去る者と来る者


学校も企業も政治社会も同じく生きている。

伊勢神宮も出雲大社の遷宮も
エコロジーの生死を表わしているのではないでしょうか?


ドラッカーも社会生態学者として
新陳代謝が企業社会を持続させると考えていました。


■■■第6期 2013年秋期のお知らせ
コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」ご案内■■■

●第1回週末コース5日終了しました。
 
平日コースは明日木曜日10月10日18:30〜
開講します。

平日コースは未だ余裕があります。

ご関心のある方是非ご参加ください。


<1回テーマ>


事例研究「アンパンマン・二宮尊徳・ドラッカー」

テーマ1「塾コンセプト ドラッカーとマネジメント」

テーマ2「ドラッカーの枠組みでみる人間の本質」

●第2回は
「日本的経営の本質とドラッカー」がテーマです。


週末コース第2回10月12日土曜日15:00〜
平日コース第2回10月17日木曜日18:30〜

経営の神様、マネジメントを発明したと言われる
ドラッカーのマネジメント、マーケティンングは
マニュアルではなく哲学です。

日本的経営の代表的日本人5人を取り上げて
ドラッカーと比較しましょう。

二宮尊徳、渋沢栄一、豊田佐吉、松下幸之助、稲盛和夫
の名言を選びました。

東西の知を知ることでマネジメントの
本質が理解しやすくなります。

<2回テーマ>

・事例研究「日本のマネジメント5人の代表的日本人」

・テーマ1「マネジメントそしてマーケティングとイノベーション」

・テーマ2「産業革命とテイラー
そして人間学マネジメントのドラッカー」


ホームページ

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c04aydw0nl2ag4zrwvCvK

チラシ更新

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c04azdw0nl2ag4zrwvjV7


facebookで様子紹介

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c04a0dw0nl2ag4zrxvq8M

申し込みお待ちしています。

このメール返信でお申込下さい。

・お名前
・所属
のみで結構です。



さて、
本日のテーマ
===================
1.日本民族の任務
2.全体主義を阻止したアメリカ
3.事例研究:コマツのダントツ経営
===================

 
1.日本民族の任務


■戦後の日本は日本ダメ論の自虐史観に溢れていますが
デフレ脱却期待やク―ルジャパン、
2020東京オリンピック誘致成功などもあってか
日本見直し論が出てきているように思います。

森信三は西洋と東洋の交互の交錯によって
西洋語である哲学でもなく、
東洋の仏教や儒教でもなく、
これら東西の融合によって人類知は
無限に進展すると言う。

■人間の知は有限である。

つまり人間には分からないことが沢山ある。

何百億光年という無限に遠い宇宙の星が観測されたり、
膨張し続けている宇宙があると
言われても、
人類の知は宇宙を理解したと言えるだろうか。

一方で自然界に存在する微生物の数はどの程度か
ミクロな自然生態系についても
人知が及んでいるとは思えない。

■無限の大自然の中にあって
人間はその一部であり、空間的にも微小で
時間的にも一瞬しか存在しないのが人間である。

無限大の宇宙も無限小の宇宙も
実証的方法論で説明する科学者の知からの
概念でしかない。

人間が大宇宙を把握理解しようとするのは
人間中心の発想であって
真実は逆である。

人間こそ大宇宙によって把握され包含される
という方が正しいのだと森信三は言います。


■人間は自然界の一員として地球に生と受けているに過ぎない。

人間は生きているのではなく生かされている。

西洋の哲学は人間中心であり自然とは相対立していると見る。

人間は部分でしかなく自然との繋がりでしか
存在できないとする認識は
古来からの日本民族の心ではないか。

ドラッカーの社会生態学思想と通じるものがあります。

森信三は東西の思想の融合には日本民族の任務があると
言いました。

ドラッカーは西洋化しない日本的な日本を
世界が必要としていると言いました。



2.全体主義を阻止したアメリカ


■ドラッカーによると

ヨーロッパの理性主義・全体主義革命、
ファシズム全体主義を阻止したのは
アメリカだった。

アメリカにおける保守主義勢力が
力を発揮して反革命となり
産業社会へと転換できた。


■21世紀初期の現在のアメリカは
国家財政が大きな債務を抱えて解決の目途が
たっていない。

デフォルトの危機が心配されているが
20世紀中期、
世界で最も発展し進化し最も強力な重心で
有り続けました。

■ドラッカーの考えでは
機能する産業社会が成立する条件は
働く一人ひとりの市民が
社会的役割と位置が与えられていることにある。


一人ひとりが社会の目的の実現のために
参画することである。

強制ではなく参画ことである。

■ヨーロッパの全体主義国家としてソ連が
世界制覇への道を歩み始めた当初から
ソ連はアメリカが究極の敵であると認識していた。


アメリカは自由で機会の平等の下に
一人ひとりが自由に社会に参画して機会を
求めることができる
非全体主義、非革命的な社会だった。

それが全体主義を阻止した。

ソ連の崩壊をドラッカーは
戦前から予知していたのです。

ドラッカーの信念に従うと
日本のアベノミクスの成功の条件は
一人ひとり、個々の企業が
経済システムの中で自由に機会を求め
現代社会が求める社会的責任の下で
イノベーションすることであると思います。




3.事例研究:コマツのダントツ経営
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c04a1dw0nl2ag4zrxvgJO

■コマツの坂根正弘会長が語るダントツ経営とは何か。

赤字から一転、収益性世界一を実現したコマツの
経営構造改革とは?

坂根氏が社長に就任した2001年度、
コマツは初めて130億円の営業赤字に転落し、
経営構造改革が急務であった。

そこで、
「経営の見える化」
「成長とコストの分離」
「強みを磨き、弱みを改革」
「大手術は1回だけ」の
4つをキーワードに改革を推進した。

まず、競争力を失っている原因は固定費であり、
製造コストの問題ではないことを
データで従業員みんなに説明し、
「経営の見える化」を改革の第一歩にした。

■成長論者はコストの問題を温存しがちだが、
成長とコストは分けて考えた。
成長を当てにせず、コストを徹底して詰める。

生産現場に比べコスト削減の取り組みが
遅れている間接部門は“宝の山”だ。

そして、何度も手術をすると体力がもたないため、
大手術は1回のみとすることにしたと言う。


事業の選択や集中、
すなわち棄てる事業と強化する事業を選別する。

モノ作り以外の業務の無駄により、
競争力を失っているのだと考えていた。

変動コストと固定コストを厳密に分ける
会計方式で、コスト構造をよく分析したところ、
米国のライバルと比べて、
粗利率ではまったく一緒であるのに
販売費および一般管理費と称する固定コストの部分で
いつも6%差があり、この6%の差がそのまま
売上高営業利益率の差となっていることが
分かった。

■一方、製造コストは、当時日本が最も低く、
モノ作りの競争力があることもハッキリと確認できた。

コマツの経営構造改革のポイントは
「強みを磨き、弱みを改革」することであると
認識した。

弱みばかりを議論しがちになるが、
競争力を高めるためには
強みを磨くことを忘れてはならない。

コマツの強みであるモノ作りの競争力をさらに磨くため、
ダントツ商品の開発やITの活用、
成長市場であるアジアでのポジション向上に注力する
ことを改革の目標にしたのです。
(以上坂根会長)

収益改善に収益構造分析によって
「選択と集中」、「強みを活かす」戦略
が功を奏した事例です。


●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c04a2dw0nl2ag4zrxvJFE

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c04a3dw0nl2ag4zrxvonT


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c04a4dw0nl2ag4zrxv4sy
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c04a5dw0nl2ag4zrxvraH
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。