バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第269回   
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

名刺交換した方にお送りしておりますが、
不要の方はそのまま返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

「時は早く流れて行く」


●8月12日月曜日夏休み中の娘と
病院へ行き妻の昼食介助して
蕎麦屋で昼食を共にしました。


話題になるのは
妻が未だ会話ができて散歩ができて
緑多い病棟の周辺を家族で散歩していた頃のこと

そしてさらにさかのぼって

●病気発覚後
家族旅行を楽しんだこと、

家族5人で生活していた時代のこと、

末の次女が小学生で
長女長男が大学1年、高校2年生の時
僕の米国系企業への転職で
始めて皆でアメリカ旅行したこと。

●妻は要介護5で寝たきりで
僕は独り暮らしですが、
3人の子供達はそれぞれに相手を見つけて
3つの巣を作ってくれました。

田舎では母が養護施設に入り
兄夫婦が介護しています。

父と母と
兄と姉と僕の人で暮らしていた50年前は
もうすでに2世代前になってしまった。


時は早く流れて行く。

今年のお盆は
どこへも行かず読書しようと思います。



■■■2013年秋期開講のお知らせ
コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」ご案内■■■

テクニックではなく思想、
知識ではなく習慣、
論理ではなく実践、
生活の手段ではなく生き方

たとえ金銭的な目的であっても
仕事には何のために生きるのかの答えが
無くてはなりません。

第6期10月から開講します。


申し訳ありませんが
以下のチラシと日程変更しました。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0j59ov0mlnsy1tzazGgm

ホームページでのチラシ1週間以内に修正します


<新しい初回の日程>
週末コース初回10月5日土曜日15:00〜
平日コース初回10月10日木曜日18:30〜

事例研究「アンパンマン・二宮尊徳・ドラッカー」

テーマ1「塾コンセプト ドラッカーとマネジメント」

テーマ2「ドラッカーの枠組みでみる人間の本質」



facebookで様子紹介

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0j5aov0mlnsy1tzaz10e


さて、
本日のテーマ
===================
1.水を離れて氷なし
2.西洋の理性主義と米国建国精神
3.豊田佐吉
===================
 
 
1.水を離れて氷なし


■江戸時代中頃、白隠(はくいん)という
臨済宗の禅を再興した禅師が、
駿河の国、今の静岡県にいました。

禅とは何か、禅の心を分かりやすく
説きました。

■衆生(しゅじょう)本来仏なり
水と氷の如くにて
水を離れて氷なく、
衆生の他に仏なし


その意味は

すべての人間は本来仏である
人間と仏は水と氷の関係と同じく
水を離れて氷はない、
人間を離れて仏もない


■仏教では普通の人間を凡夫と言い、
修業して悟った人を仏と言います。

儒教では普通の人間を小人といい
優れた人間を君子と言います。

西洋では大衆とエリートという概念
に近い。

人間を上下二つに分ける思想です。

白隠によって解説された「禅」では
上下分類ではなく
水と氷のように本来1つのものが
2つの相に変化するだけです。


■ドラッカーによると
明治維新は日本はそのままで西洋が日本化して
一体化した。

大化の改新も日本が仏教化したのではなく
仏教が日本化して一体化した。

白隠の禅もある意味で大陸の二元論文化を
日本化という一体化を進めたと
解釈できます。

「衆生(しゅじょう)本来仏なり」とは
一人の人間の中に、善も悪も、
煩悩も誠意も一体化していると
解釈できます。



2.西洋の理性主義と米国の建国精神


■デカルト、ルソー、ダーウインという
西洋の啓蒙思想、理性主義が浸透する中で
アメリカがイギリスからの独立に成功しました。

この独立戦争がヨーロッパに大きな影響を与えたと
ドラッカーは分析します。

近代西洋の理性主義、絶対主義、
そして中央集権の政治体制への歴史の流れ
に棹さしたと。

■19世紀のヨーロッパは
啓蒙主義の理性万能主義による専制への流れにあり、
自由が無くなりかけていた。

イギリスの敗北は
イギリスのジョージ三世に体現されていた
啓蒙思想を破り
バークに代表される自由な保守主義者に
力を与えました。

アメリカの独立は
ヨーロッパの19世紀の自由な商業社会復活の
原動力になったと
ドラッカーは言います。

■現代に到る革新系と保守系、左と右の対立は
18世紀から20世紀にかけて
ヨーロッパでは激しい思想的攻防があったようです。

理性主義によって
自由な商業社会は後退していたと
ドラッカーの歴史観が説明してくれます。

自由な商業主義の中に
精神の高揚がありイノベーションがある。

■アメリカの独立と建国精神は
理性主義リベラルのフランス革命とは対極にある。

理性主義リベラルは
破壊はしても創造はしない。

創造は自由の中にある。

マネジメントにおける自由とは
知的戦略論理構築だけではなく
人と人との関係における精神的動機重視にあります。

ドラッカーがアメリカに
移住した理由がここにありそうです。



3.豊田佐吉


■トヨタ自動車の社祖、豊田佐吉は
自動織機を世界で初めて開発したということで
モノづくり日本のマネジメント元祖とも言えます。

イギリスの会社へ
特許を売ってその資金が
トヨタの自動車事業創業の元手となった。

トヨタ生産方式はリーン、TOCなどとなって
世界の製造業のパラダイムシフトを起こしました。

■カンバン方式を開発した大野耐一氏の
著作を読むと豊田佐吉とその思想に尊敬と
敬意に満ちている。

TOCを開発した
ゴールドラット博士の尊敬する3人は
「ニュートン、ガンジー、大野耐一」と言って
大野耐一氏への敬意に満ちている。

どう考えても豊田佐吉の思想が
モノづくりマネジメントの元祖であると
言っても良い。


■豊田佐吉の最も有名な名言は

「障子を開けて見よ、外は広い」
です。

そして
「百の苦難を耐え忍び、千の訓練で鍛えれば、
目標を達成することができる」

「志を立てた以上、迷わず太い一本の仕事をやり抜け」

「人間のやったことは、
人間がやれることの100分の1にすぎない」

■トヨタ自動車の元祖社是と言うべき
豊田綱領には二宮尊徳の思想
「産業報国」があります。

人間の仕事の意義は限りなく広く大きい。

人間の能力も限りない。

自分を信じて
社会を信じて
大きな仕事に挑戦せよと
現代日本人に語りかけているようです!

●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎




■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0j5bov0mlnsy1tzazSAs

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0j5cov0mlnsy1tzazKkL


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0j5dov0mlnsy1tzazFJs
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0j5eov0mlnsy1tzaz8Cf
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。