バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第266回   
     ★ドラッカーから学ぶ一流の仕事術★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

いつもご寄付ありがとうございます。

寄付金制度&配信解除手続きは最後をご覧ください

(一時寄付金箱が消えていましたが復帰しました)
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

「社会生態系と社会の絆」


●夫婦どちらかが若年性認知症発生した場合
どう生きたらいいか?

2人で1つのシステムが壊れる!

14日日曜日高円寺で
ゆうゆうスタークラブという若年性認知症の
ミニデイサービスのようなイベントに参加しました。

その後、
一部家族会会員4夫婦と僕の9人で
居酒屋でコミュニティカフェ開催しました。

●PM4時から8時まで高円寺の居酒屋で
その後皆さん物足りなさそうで
新中野の僕の自宅マンションまできて
午後11時まで交流会しました。

合計7時間、
先日の男子の介護者の会は10時間でした。

●みなさん日常の閉鎖された社会から
繋がる場が欲しいという気持ちは同じです。

2人からなる社会システムの崩壊は社会の病、
社会の病は、社会で病を受け入れて、
絆社会でお互いに交流し分かり合えることで
癒されます!

ドラッカーの社会生態学も絆社会の
マネジメントです!


■■■2013年春期最終の第8回
コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」ご案内■■■

平日コース7月25日木曜日18:30〜
週末コース7月27日土曜日15:00〜


テーマ1 「ドラッカーと日本のモノづくり」

テーマ2 「日本的経営と
ドラッカー・ゴールドラット・ジムコリンズ」


■ドラッカーのマネジメント発明の原点になった
「会社とは何か」は
GMの調査に基づく経営提案が原点でした。

GMは拒否したが、
トヨタが興味をしめしたと
日経「私の履歴書」で表明しました。


ドラッカーは現場現実から離れた理性主義に
懐疑的でした。


現場現実には理性だけではない
感性、個性、感動、不満、煩悩が充満している。

2013年春期最終回では
日米で共進しつつある
マネジメント原理を整理し、
マネジメントの哲学について語りあいましょう!



○目的と概要

ジャストインタイムのトヨタ生産方式は
手法やテクニックではなく、
思想である。

トヨタ式経営を含め日本的経営の功罪を
論じる前にその本質を知り
自分や組織の仕事のマネジメントに
どう活かすか。


江戸時代日本の中江藤樹や二宮尊徳などの思想と
ジムコリンズが調べた
現代米国の優良企業の経営者の特徴と
共通点があった。

マネジメントは心理学を駆使したテクニックではなく、
道徳倫理という社会の機関としての哲学なのです。



facebookで様子紹介

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0drtcv0mlb5oi96tlxk4


東京都中野区 新中野
チラシ

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0drucv0mlb5oi96tlttB

さて、
本日のテーマ
===================
1.念仏とお題目
2.理性主義は非合理主義に行く
3.トヨタの危機対応
===================
 
 
1.念仏とお題目


■日本の仏教には念仏とお題目があります。

法然が始めた「南無阿弥陀仏」の念仏と
日蓮の「南無妙法蓮華経」というお題目を
口で唱えるだけの修業で果して人間は
救われるのか。


念仏とは実在の人間であった釈尊を思いながら
繰り返し「南無阿弥陀仏」と唱える。

お題目とは釈尊が解説した「法華経」に
思いを込めて「南無妙法蓮華経」と唱える。


■釈尊を含め人間は全宇宙の一点であり、
又人間も宇宙である。


釈尊が生まれる前から存在する宇宙を
釈尊が解説した「法華経」を崇める。

ドラッカーを信奉するか
ドラッカーが書いたもの、その思想を信奉するか。
両方あってもいい。

仏教を生活にどう活かすか、
ドラッカーをマネジメントにどう活かすかの
違いだと思います。


■松原泰道師によると、

幕末から明治にかけて活躍した
榎本武楊(えのもとぶよう)が函館の五稜郭に
行く時海上が暴風雨に遭遇した時、
全員が皆「南無妙法蓮華経」と唱えて
大自然の力にすがろうとした
エピソードを紹介しています。

神様仏様というところを
「南無妙法蓮華経」と言った。


■人も組織も
社会生態系の網の目(ネット)の繋ぎ目であり、
社会の機関であるとドラッカーは言いました。

同時に人も組織も
どんなに細かく見ても分からない。

人も組織も宇宙の1点であり同時に
宇宙そのものである。

宇宙の1点として念仏やお題目を唱えることで
どんな事態になろうが宇宙と繋がっているという
安心感が得られることは想像できます。

神様仏様キリスト様という人格に頼るのか
大自然や宇宙との繋がりに頼るのか
イザと言う時どちらが安心できるだろうか。

 

2.理性主義は非合理主義に行く


■ドラッカーの「産業人の未来」を
読み解いています。


啓蒙思想の理性主義は西欧の科学技術文明を
発展させたが、それを社会改革に応用しようとしたのが
失敗だった。

ルソー、マルクス、ダーウイン、フロイトという
知の巨人は
人間社会を科学的研究対象として
物理的、経済的存在として単純化した。

■しかしながらこれらの理性主義は
大戦や大恐慌を防がなかったし、救わなかったと
分かった時、
これらの天才達は何を持ちこんだか。

ルソーは神秘的非合理のキリスト教でもない
「一般意思」を据えた。

マルクスは人間を経済的動物として単純化した。

ヒットラーは生物学者や心理学者の説を利用した。

彼らの理性主義的信条はみな同じだった。

金融資本主義経済では
人間組織である企業は「カネを作る機械」
と見なされて売買される。

同じ思想の延長にないだろうか?


■理性主義者の説く絶対真理の無力を
非合理的宗教まがいの原理に変えた。


ファシズム全体主義は
理性主義に期待して幻滅していた大衆を惹きつけた。

理性主義が行き着いたところは
非理性主義だった。

左に行っていたと思ったら
右から出てきた。

■自由な感性を否定する理性主義は
ただ一つの理性以外は認めない。

何も考えないで言われた事だけをする。

見て見ぬふりをする。

臭いモノに蓋をする。

皆がバカになって独りの独裁者に任せる。

ドラッカーによるこのような分析から得られる結論は
どんな組織や社会にも当てはまります。

絶対正しいものなどないが
何が正しいか常に自由に議論すべきである。

何が正しいかどうかの議論をしないで
誰が言ったかで決定行動する組織は危険だと
ドラッカーは
マネジメントの原理の一つにしています。


3.トヨタの危機対応


■リーマンショック後のトヨタの販売の落ち込み、
リコール問題、米国議会の公聴会等
世界ナンバーワンになるに到る苦戦に
どう対応したか?

リーマンショック前に2兆円の営業黒字の
半分を超える1.3兆円の営業利益を
2013年3月期は確保したようです。

■豊田章男社長は

米議会公聴会で証言し、
品質確保に全力投球する姿勢を見せ、

グローバル品質特別委員会を開き
北米品質アドバイザー委員会を発足させた。


NASAの調査を受け、リコール問題となった
電子制御システムに問題は無かったと発表させた。

自社は悪くなかったと言い訳するのではなく、
品質管理だけではなく顧客対応や
社内外のコミュニケーションのあり方などで
自らの問題をさらけ出した。

リコール問題も米国の当局と一体になって
取り組む体制に改良した。

■信頼回復には時間がかかる。

人も組織も完全ではない。

一度失った信頼を回復するには
ミスや問題を認めてすべてをオープンにさらけ出す。

そして真摯に改善に取り組みしかない。


■米国メディアの中には
トヨタの信頼回復の取り組みを評価する論調も
現れた。

自分達が間違っていないことを
アピールし言い訳することより
ユーザーが何故そう思うか真摯に考えることが
教訓として残った。

強くなり世界ナンバーワンになると
驕りが出て批判を聞かなくなる。

これからのトヨタにとって
大きな課題だろう。


●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎



■■■2013年春期最終の第8回
コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」ご案内■■■

ドラッカーのマネジメント発明の原点になった
GMの調査に基づく経営提案をGMは拒否したが、
トヨタが興味をしめしたと
日経「私の履歴書」で表明しました。


ドラッカーは現場現実から離れた理性主義に
懐疑的でした。

理論やコンセプト中心の米国的経営に懐疑的だった
日本のモノづくりが現場現実から離れて
力が弱くなった。

現場現実には理性だけではない
感性、個性、感動、不満、煩悩が充満している。

2013年春期最終回では
日米で共進しつつある
マネジメント原理を整理し、
マネジメントの哲学について語りあいましょう!



平日コース7月25日木曜日18:30〜
週末コース7月27日土曜日15:00〜


テーマ1 「ドラッカーと日本のモノづくり」

テーマ2 「日本的経営と
ドラッカー・ゴールドラット・ジムコリンズ」




○目的と概要

ジャストインタイムのトヨタ生産方式は
手法やテクニックではなく、
思想である。

トヨタ式経営を含め日本的経営の功罪を
論じる前にその本質を知り
自分や組織の仕事のマネジメントに
どう活かすか。


江戸時代日本の中江藤樹や二宮尊徳などの思想と
ジムコリンズが調べた
現代米国の優良企業の経営者の特徴と
共通点があった。

マネジメントは心理学を駆使したテクニックではなく、
道徳倫理という社会の機関としての哲学なのです。



facebookで様子紹介

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0drvcv0mlb5oi96tlb9O


東京都中野区 新中野
チラシ

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0drwcv0mlb5oi96tlArl


●麻婆豆腐に
野菜たっぷりの肉に魚介類の焼肉、
ビールに焼酎で交流会行います。

スポット参加大歓迎!

フルコース終了者は半額2,000円で
毎回誰か参加しています。


お申込み頂いた方もいますが、
スポット参加大歓迎です。

imaoka@bizdyn.jpにメールして下さい。

カフェの準備とコピーの準備のために
お手数ですが毎回申し込み下さい。

場所、アクセス、時間、料金はチラシをご覧ください。

チラシ
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0drxcv0mlb5oi96tltKz



■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0drycv0mlb5oi96tlJ6D

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0drzcv0mlb5oi96tlwYc


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0dr0cv0mlb5oi96ul5HY
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0dr1cv0mlb5oi96ulkop
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。