バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第263回   
     ★ドラッカーから学ぶ一流の仕事術★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

いつもご寄付ありがとうございます。

寄付金制度&配信解除手続きは最後をご覧ください
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「社会の病を癒す『分断から統合』」


●若年性アルツハイ―病で6年前に入院して
現在ベッドと車椅子の生活で会話もできませんが、
6月26日65才の誕生日を迎えました。

25年前、大阪千里に住んでいた頃、
長女の小学校時代のPTAで付き合いのあった
妻の友人の方2人から
誕生日おめでとうカードが毎年届きます。

誕生日おめでとう!

家族の中心として
いつまでもいつもの笑顔でお暮らし下さい!


●毎年僕は妻の名前で返礼の手紙を書きます。

ハッピイ・バースデイ・カード
ありがとうございます。

遠く離れていて、
しかも意識も離れている私を思い出してくれて
うれしいです。

私も、主人や、
1年生になった孫と2歳の2人の男の孫のいる長男家族、
未だ孫のいない2人の娘達とそれぞれの婿、
病院に頻繁に面会に来てくれて家族の絆を感じています。

話はできずほとんど目を閉じていますが
家族や介護士さんの介助でまだ口から食事をして
生きている楽しみを味わっています。

楽しい人生をお過ごしください。

●大阪と東京、25年前と現在、
場所と時は離れても人と人の絆は続きます。

人と人を繋ぐもの、
それは心です。

コミュニテイでも仕事の組織でも
人と人は分断ではなく統合へ。

元々宇宙は一つだった。

分断から統合へが社会の病を癒します。


■■■2013年春期第7回
コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」ご案内■■■

分断された専門だけでは物事は進まない。

仕事を統合して流れを作るのが
実践の極意です。


平日コース7月4日木曜日18:30〜
週末コース7月6日土曜日15:00〜


テーマ1 「ロジスティクスの実践:統合 
プロジェクトの流れを作る」

テーマ2 「ロジスティクスのニュートン力学
TOC(制約理論)」


○事例研究

コンテナ船とクロスドックのイノベーションを
事例研究します。

ドラッカーも「企業家精神とイノベーション」
でコンテナ船の事例を上げています。

SCM成功企業事例として
ウオルマートを見てみましょう。


○目的と概要

テーマ1「統合」
現代組織の細分化は個別責任業務が多く
業務と業務の繋ぎストックポイントが多くなっています。

プロジェクトの仕事の滞留を無くし流れを作るには
どんな考え方をすればいいか。

多くの事例とメタファーで図解します。

ジャストインタイムも
コンテナ船も、クロスドックも、
クリテカルチェーン
プロジェクトマネジメントも同じ原理で語れます。


テーマ2「TOC(制約理論)」

故エリヤフ・ゴールドラット博士のTOC(制約理論)を
いち早く自署「サプライチェーンマネジメント」で
原書から解き明かして日本に紹介した立場から

ハイキングメタファーやダイゲームメタファー使って
本質をわかり易く解説します。


facebookで様子紹介

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c06gxav0ml4lpi66stoK8


東京都中野区 新中野
チラシ

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c06gyav0ml4lpi66stX8Z

さて、
本日のテーマ
===================
1.にんげんが人間を救う
2.ダーウインの影響
3.収益性とブランディング
===================
 
 
1.にんげんが人間を救う


■人の言動に落ち込んだり怒りを感じることは
誰にもあるでしょう。

酒に酔っての暴言も暴力もあります。

国と国の争いも似たようなものです。


■こんな時の解決策は通常二通りです。

相手を批判攻撃して争いを起こして相手を排除する。

あるいは見て見ぬふり、
関わりを持たないようにする。

国と国であれば
戦争で決着する。


■道元の解決策は第3の方法
「利己他己」にある。

「他人の中にある私」と
「私の中にある他人」を統一する解決策です。

怒りの対象である相手の中に自分がいる。

自分も同じ言動することはないか。

相手と同じ思いをしないか。

自問自答して怒りを消す。


■話題を拡げて相手に入っていく。

共通の立場になれる話題にする。


「悪い言動」を自己改造できるように仕向ける。

人が人を救うのは法律でもなければ
神でもない。

もう一人の自己が自分を救うのです。

もうひとりの自分をにんげんとすれば
にんげんが人間を救うというのです。

自他分離からの統合への
解決策です。




2.ダーウインの影響


■マルクス社会主義がヒトラーに影響を与えたように
ドラッカーはさらのその起源を
ダーウインにまでたどります。

ダーウインの生物学進化論が社会進化の
決定論に影響を与えたと。

■人間は遺伝子、染色体、分泌線がつくりだす
ものとした。

人間は生物学的機能的存在であり、
心理学を組み合わせれば人間は規定できる。

近代西洋科学は自然を制御して発展したように
人間も人間社会も
生物学や心理学などの科学で制御できると
考えたのです。

■人間社会を制御するための理論は
人間を単純化する必要があった。

人間は経済的存在、
理性的存在であると単純化した。

そこに絶対主義が生まれたのです。

しかし、
問題は制御する人間と制御される人間を
どう区分するかの判断は極めて非理性的だった。

反ユダヤ主義であり、
反アジア主義の黄禍(おうか)論であたっと
ドラッカーは言います。


■ダ―ウインに罪は無い。

単純に自分達に都合の良い論理ですり替える。

近代科学は単純極まりない非理性的反理性的な
信条を広めてしまったとドラッカーは
指摘します。

人間とは何か。

人間の本質は単純ではない。

現代の科学的マネジメント論も、マーケティング論も
基本的には強いリーダーが
一般市民としての消費者、顧客をいかに制御するか
の決定論的理論構築だった。


現実の人間は
理性だけでも経済だけでもない。

ドラッカーマネジメントの基本は
単純な近代科学の否定である。

部分最適でしかない科学的方法論に
東洋的日本的な精神の領域を持ちこんでいます。


近代科学で曖昧模糊と片付けられていた
人間学を取り入れることだ思います。



3.収益性とブランディング


■人が社会の中で活発に行動するために
食から摂るエネルギーが欠かせないように
企業も製品販売による収益が欠かせません。

赤字体質のの企業は
販売不振で過剰在庫を抱えて苦しんでいます。

モノとカネの流れが停滞している。

■赤字体質の企業は
食事からのカロリーが活動のエネルギーにらない
「糖尿病」患者のように
製造販売から利益が生まれないのです。

利益は企業が活発に社会の機関として
活動するエネルギ―源です。

「腹が減っては戦が出来ぬ」のは
人も企業も同じです。


■優れた技術を持ってたいたのに関わらず
日産はゴーンCEOのリバイバル前には
深刻な赤字体質だった。

その原因の一つに
販売店に払うインセンティブという
販売奨励金が膨れあがった。

売るために販売奨励金を使うと
ブランドが傷つき
さらに大きな販売奨励金が要求される。

実質的な値引きの悪循環になっていた。


■その悪循環を断ち切るための重要な施策が
ブランド力の回復だった。

ブランド力が回復されれば
販売奨励金を引き下げることができる。

それは信頼の回復につながる。

正当な価格で売れることが
コストダウン以上に収益性を回復させるのです。

ブランディング戦略の再構築は
収益改善に不可欠です。



●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■2013年春期第7回
コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」ご案内■■■

個別の専門だけでは物事は進まない。
細切れになった仕事を統合して流れを作るのが
実践の極意です。


平日コース7月4日木曜日18:30〜
週末コース7月6日土曜日15:00〜

第7回は精神・戦略・実践の三位一体の
最後「実践」の続きです。


テーマ1 「ロジスティクスの実践:統合 
プロジェクトの流れを作る」

テーマ2 「ロジスティクスのニュートン力学
TOC(制約理論)」


○事例研究

コンテナ船とクロスドックのイノベーションを
事例研究します。

ドラッカーも「企業家精神とイノベーション」
でコンテナ船の事例を上げています。

SCM成功企業事例として
ウオルマートを見てみましょう。


○目的と概要

テーマ1「統合」
現代組織の細分化は個別責任業務が多く
業務と業務の繋ぎストックポイントが多くなっています。

プロジェクトの仕事の滞留を無くし流れを作るには
どんな考え方をすればいいか。

多くの事例とメタファーで図解します。

ジャストインタイムも
コンテナ船も、クロスドックも、
クリテカルチェーン
プロジェクトマネジメントも同じ原理で語れます。


テーマ2「TOC(制約理論)」

故エリヤフ・ゴールドラット博士のTOC(制約理論)を
いち早く自署「サプライチェーンマネジメント」で
原書から解き明かして日本に紹介した立場から

ハイキングメタファーやダイゲームメタファー使って
本質をわかり易く解説します。


facebookで様子紹介

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c06gzav0ml4lpi66stZPK


東京都中野区 新中野
チラシ

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c06g0av0ml4lpi66ttEUj

●麻婆豆腐に
野菜たっぷりの肉に魚介類の焼肉、
ビールに焼酎で交流会行います。

スポット参加大歓迎!

フルコース終了者は半額2,000円で
毎回誰か参加しています。


お申込み頂いた方もいますが、
スポット参加大歓迎です。

imaoka@bizdyn.jpにメールして下さい。

カフェの準備とコピーの準備のために
お手数ですが毎回申し込み下さい。

場所、アクセス、時間、料金はチラシをご覧ください。

チラシ
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c06g1av0ml4lpi66ttd7U



■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c06g2av0ml4lpi66ttbdp

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c06g3av0ml4lpi66ttm01

 
株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c06g4av0ml4lpi66ttQa0
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c06g5av0ml4lpi66ttUNS
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。