バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...
天から授かった最長でも120...
日本人の自然観とは見える現象...
日本の神道は宗教ではなくエコ...
太陽エネルギーを生命力とする...
老化を促進する外敵から自分を...
旧来の常識に囚われている専門...
専門領域以外のことに関心を持...
ホメオスタシスという健康維持...
詭道ではなく自己鍛錬がチーム...
分類する理論と統合するイノベ...
心身のストレスをコントロール...
楽しいパーテイができるのも企...
欠落部分を補い全体を結合する...
世界は日本的な日本を必要とし...
ドラッカーのポスト資本主義社...
大谷翔平の二刀流をマネジメン...
神仏習合の日本のイノベーショ...
自律神経を鍛えた冒険家 三浦...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第250回   
     ★ドラッカーから学ぶ一流の仕事術★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

寄付金制度&配信解除手続きは最後をご覧ください
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


『日本とドラッカー』 


   
●3月22日 田中尚輝氏の
NPO法人市民福祉団体全国協議会主催講演会
「日本のNPOに求めれるもの〜ドラッカーから学ぶ」
に参加しました。


ドラッカーから直接学んだ田中弥生さんから
僕も始めて聞くトピックも多く参考になりました。

晩年のクレアモント大学でのドラッカーの講義は
マネジメントと言うより
「江戸時代の日本に文化」だったと。

江戸時代の教育を受けた明治の財界指導者
「論語と算盤」を書いた渋沢栄一を
ドラッカーは高く評価していました。

また江戸時代の教育を受けた下級武士の
明治維新も絶賛していました。

明治維新は日本の西洋化ではなく
西洋文明の日本化だったと
ドラッカーは言いました。

ドラッカーは日本人に日本人のルーツを
教えているような気がします。


●3月23日 IT関係のSEMS研究会で今度は僕が
「日本的経営とドラッカー」と題して講演しました。

世界に有名になったトヨタ式生産方式と
開発者の大野耐一氏の日本的風土という言葉で
説明する日本的経営思想。

大野氏から学んだと言うTOC(制約理論)で有名な
ゴールドラット博士との相違点。

「和」というチームスピリットと
日本古来の思想を紹介しました。

儒教や仏教も
明治における西洋の日本化のように
中国ともインドとも違う日本化だった。

和魂洋才、和魂漢才で
日本人の根本は「才」ではなく「魂」である。

日本に「魂」が無ければ根本を失う。

●3月25日 神奈川県湘南地域で介護事業を
華々しく展開している
湘南乃えんグループの管理職研修で
「ドラッカーからマネジメントを学ぶ」と題して
講演しました。


マネジメントもリーダシップも
人を使うことではない。


介護者、要介護当事者と家族、事業組織
みんな網の目(ネットワーク)で繋がっている。

網の目は仏教の「諸法無我」で、

一切の事象(諸法)は、神ではなく
無数の因と縁の関わりで存在していて、
他と関わりなく単独で存在しているものはない、
という思想です。


ピーター・F・ドラッカーが
「部分である人間は全体の関係の中でしか存在できない」
と言っていたのは
仏教など東洋思想の影響があると思います。

対立や孤立、分裂ではない。

それぞれの位置と役割を認識し使命を
持って仕事をすることが
マネジメントであり、リーダーシップであると。



●第5期コミュニテイカフェ「ドラッカーマネジメント塾」
4月開講します。

週末コース4月6日(土曜日)
平日コース4月11日(木曜日)

開講テーマ
・ドラッカーのマネジメントとは何か:
東洋哲学、脳科学との関連
・ドラッカーの人間観

詳しくは最後のチラシのURL
ご覧ください。

さて、
本日のテーマ
===================
1.煩悩具足の凡夫.
2.多数派は正しいか
3.組織の横串を通すシステム(SCM)
===================
 
1.煩悩具足の凡夫.

■法然を師とし浄土真宗を開いた親鸞は自分を
「煩悩具足の凡夫」
(喜怒哀楽に満ちた普通の男)
と言いました。

自分は「仏」(理想とする人間)ではないと。


■自分は日々不安な生活を送り、
善も悪も明確に理解しているわけではない。

人間がすることは
空しいことで真実なことは
何もない。

ただ念仏を唱えて
「仏」(理想とする人間)になろうと
しているだけだ。

■非僧非俗(ひそうひぞく)
すなわち、出家でもなく在家でもない。

妻を持ったし子供もいる。

自分を優れた人間とも思わないし、
そんな誇りもない。


■親鸞は凡夫として
庶民と同じ視点に立ち
どう生きるかを
自分で実践し人にも進めていたのです。

そして今日まで日本国民にも大きな影響を与えています。

日本化された仏教は「凡夫」と「仏」の
境界が明確ではない。

大衆とエリートの区別もない。

人間と神の区別もない。

一人ひとりが悩み考え日々自分を律することで
救われると説いたのです。

誰しも安心して修業できますね。



2.最適な政府を作ることはできない

■ドラッカーはマネジメントを語る前は
社会を維持する政府はどうしたらできるか、
考えていました。

アリストテレスの哲学も
優れた政府をどうするかがテーマでした。

■そして到った結論は
優れた政府を普遍的に恒久的に作ることは
できない、ということでした。

ヒットラー政権もソ連共産党政権も
優れた政府を目指すものでした。

アメリカのビジネススクールも
優れたマネジメントを目指していました。

■ヒトラーは悲惨な悲劇を生んだ。

スターリンのソ連も官僚システムで崩壊した。

中国共産党政権も、腐敗と格差を生んで
持続性に懸念が出ています。

アメリカのMBAもエリートや一部資本家の
カネ儲けに貢献しても
失業を増やし、格差を生むだけの専門家を
作った。

■優れた政府や優れたマネジメントは幻想である。
というのがドラッカーの結論です。

それではどうするか?

自由な政府、自由なマネジメントが
社会を持続させると。

一人ひとりが無関心ではなく、
自律して考えて行動できること。

正しい政府や正しい経営者だけなら
人々は自由に考えて行動することを放棄する。

現場が強い日本はトップが優れていないことが
有利になっているかもしれません。


    

3.日産の戦略

■トヨタ式経営が大野耐一氏によって
代表されているわけではありませんが、

彼の著作でトヨタ式生産のみならず
経営哲学が広く知られました。

日産のゴーン革命も
ゴーン氏自身のマスコミ登場によって
よく知られるようになりました。

トヨタはミクロな現場レベルの実践的な思想が、

日産はゴーン氏のマクロな戦略的思想が
特徴的です。

ルノ―との提携で
車台(プラットフォーム)を共通化したり、
サプライヤ(部品メーカー)を
再編したりする大胆な戦略で注目されました。

■日産とルノーの全世界の工場の生産性を分析し
部品コスト、為替、物流費など
比較検討し最適な再編を決めました。


分析の結果、日産とルノーの違いが浮き彫りになった。

日産の工場労働者一人ひとりの熟練度と生産性は高いが
熟練者を前提にした作業システムになっている。

ルノーは技能は低いが、技能が低くても
生産出来る作業システムになったいた。

グル―バルに展開する時
戦略的な選択が可能となった。

■工場の役割、再編をグル―バルに進めた。

特に話題になったのは
国内の系列部品メーカーの再編だった。


多くの資本系列を見直し、株式を売却して
系列を外した。

親子関係のもたれ合い、依存関係を
ドライにメスを入れて
新聞紙上で話題になりました。


■日本人が一番躊躇するのは
系列に含まれる人間関係、
共同体を切ることです。

良い悪いの判断はできません。

もたれ合い依存関係が共倒れになるか、
助け合いの共存共栄になるかの
微妙な状況になっていたことは事実でしょう。

明治以降の日本は
欧米の戦略的思考に完全に馴染んでいない。

違和感を感じながらも
日本人にあった戦略思考が必要かもしれません。



●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


フェースブック始めました

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c08dhyt0jl94kmxlkueNb

友達募集!

申請して下さい。


ドラッカーマネジメント塾グループ
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c08diyt0jl94kmxlkuQPb

塾生募集(友達募集)


●第5期コミュニテイカフェ「ドラッカーマネジメント塾」
4月開講します。

週末コース4月6日(土曜日)
平日コース4月11日(木曜日)

開講テーマ
・ドラッカーのマネジメントとは何か:
東洋哲学、脳科学との関連
・ドラッカーの人間観

初回は見学だけでの結構です
から奮ってご参加ください。


場所、アクセス、時間、料金はチラシをご覧ください。
チラシ
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c08djyt0jl94kmxlkusjd

●Facebook イベントに登録しました。
週末コース4月6日(土)
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c08dkyt0jl94kmxlku3wu

平日コース4月11日(木)
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c08dlyt0jl94kmxlkuOnE

ドラッカーを呼び水にして
明治以前の人間学や脳科学を取り入れます。


フェースブックで「ドラッカーマネジメント塾」の
グループ作りました。
是非ご参加ください。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c08dmyt0jl94kmxlkug80

お気軽に
本メール返信でお名前のみ明記してお申込下さい。
お待ちしています。

■■■■■寄付金のお願い■■■■

メルマガ初刊から4年半経過しました。

経費ご負担の寄付金制度導入して2年になります。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

又これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c08dnyt0jl94kmxlkuJgn

最近のバックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c08doyt0jl94kmxlkuKFF

2012年11月以前のバックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c08dpyt0jl94kmxlkuQ0f

 
株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c08dqyt0jl94kmxlkuOVQ
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c08dryt0jl94kmxlkuKHt
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。