バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...
天から授かった最長でも120...
日本人の自然観とは見える現象...
日本の神道は宗教ではなくエコ...
太陽エネルギーを生命力とする...
老化を促進する外敵から自分を...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第241回   
     ★ドラッカーから学ぶ一流の仕事術★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

寄付金制度&配信解除手続きは最後をご覧ください
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

『コミュニテイカフェ』 
  
●多摩大学大学院ビジネススクールで
月2回程度SCMの講義を行っています。

受講生は実務者である社会人が多く、
活発な談議は講義終了後の居酒屋での酒宴まで
続きます。

職場の仲間とは違って
深刻な話は全くなく世間一般の
楽しい話題で花を咲かせます。

●21日月曜日も
夜10時過ぎて品川キャンパス近くの居酒屋で
7人の酒宴を楽しみました。

これも
コミュニテイカフェという
交流会です。

最初のビール一杯無料など
特価サービスメニューを組み合わせて
約1,000円で抑える特技をもつNさんが
場を盛り上げてくれます。

そのコストパフォーマンスの
マネジメントは見事です。


■■■2012年秋期
コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」第8回最終回■■■

●今週下記の通り開催します。
2012年秋期の最終回です。・

平日コース1月24日木曜日18:30から
週末コース1月26日土曜日15:00から
です。

●テーマは以下の二つです。

テーマ1 「ドラッカーとトヨタ式経営他日本式経営」

ドラッカーの人間の本質に基づくマネジメント原理と
ゴールドラットが学んだトヨタ式経営を展開した大野耐一
から「仕組み」「人と組織」について学びます。

シックスシグマとその日本での元祖TQC
を比較します。


テーマ2 「ドラッカーと日本的経営の神髄」

ドラッカーのマネジメントは決して
欧米のビジネススクールのような
論理的戦略中心のマネジメントではありません。

内村鑑三が欧米に紹介した代表的日本人の中で
二宮尊徳、上杉鷹山、中江藤樹などの思想に
ドラッカーと共通するマネジメント思考が見出せます。

そしてそれは
米国の新しいマネジメント法則を発見した
ジムコリンズなどとも共通しています。

2012年秋コース最終回ですが
単独のスポット受講でも楽しめます。

ご参加お待ちしています。

お申込はメール返信でお願いします。

アクセス等チラシをご覧ください。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0dyt8t0il0g4ypvhsXdM

さて、
本日のテーマ
===================
1.身(からだ)と口(くち)と意(こころ)
2.自由とは責任と義務
3.コミットメントの文化
===================
 
1.身(からだ)と口(くち)と意(こころ)

■「人間の本質は何か」の問い
に対する空海の答えはこうです。

現実の人間は
迷い、悩み、強欲、罪深さなど煩悩に
覆われている。

しかしその奥に
光り輝く純粋な人間性が秘められている。

誰でも
現実の生身のままで立派な人間になれるのだと。

■人間誰でも仏性を持っている。

迷いを超えて悟りに入ることができる。

霧を払って真実が見える。

生命は限りなく輝きを増す。

空海は生命を謳歌しています。

■現実の人間が仏性を持つようにするには
どんな修業が必要か。

凡夫が仏になるために、
「身密」「口密」「意密」の三密の修業のカリキュラムを
空海は開発しました。

身(からだ)と口(くち)と意(こころ)
を使う修業です。

■現代社会に意訳すると

身(からだ)を使った実践力と、
口(くち)を使った言葉による思考力と
意(こころ)を使った人を慈愛力
と言えます。

身密では手で印を結ぶ
口密では真言宗を唱える
意密では一心不乱に仏を観ずる

という修業法を編み出したそうです。

現代風の修業法の秘訣を
ドラッカー始め東西の賢人からの学び続けて
皆様にお伝えしたい。


2. 自由とは責任と義務

■ドラッカーはヒトラーの社会を観察して
人間理解を深めました。

人間は生まれながら
本能として自由を指向していない。

選択の自由から来る負担と責任から逃げる。

人間は勝手にさせるならば
自由を選ぶという説は事実ではないと。

■自由は楽しいものではありません。

自由は幸福でもない。

自由は安定でもありません。

又自由は平和でもないと
ドラッカーは言います。

人は責任を負いたくないからです。

■自由は無くても
幸福や安全や平和はあると言うのです。

独裁による幸福
独裁による平和

誰かに言われた事だけしかしない。
誰かがやってはいけないと言われたらやらない。

しかし、
そんな幸福と平和は持続するだろうか。

■独裁者が賢者であっても
人間であるかぎり
不完全であり弱く罪深く、強欲であるという
現実は否定できません。

そんな状況で一人ひとりが
責任と義務をともなった自由を持たない社会は
危険なのです。

東洋では
仏道、儒道、神道、武士道など
自由な人間が
慈愛、仁、義、礼に基づく生き方を説いて
責任と義務を大切にしました。

現代において自由は
責任と義務と切り離されているかもしれません。
     

3.コミットメントの文化

■個人主義の西洋文化に対して
集団主義の日本文化の強みは
組織のマネジメントに有利な場合が多いのは
明らかです。

個人の利益より
会社の利益を優先する場合が日本人には
欧米人より多い。

■日本人の集団主義は弱みもあります。

自分ひとりの手柄にすることへの
遠慮や躊躇(ちゅうちょ)があり、
あえて責任を取ることへの逃げがある。

■ゴーンは日産再生のために
組織や個人にコミットメントを求めました。

計画を立てるだけで実現されなければ意味が無い。

販売目標を達成すること、
原価低減するためには目標設定だけでは
達成できない。

一人ひとりが自分の役割に責任を持つ。

目標に対してコミットメントする。

すなわち目標達成に向けて行動に責任を持つ。

■ドラッカーは各自が目標を自律的に設定し
自分で軌道修正のフィードバックを行うことの重要性を
言いました。

与えられた目標ではなく
自分でコミットする目標が大事なのだと。


コミットメント文化とは
計画(ことば)に対して行動(からだ)で
責任をとることだと解釈できます。

●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎
■■■2012年秋期
コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」第8回最終回■■■

●来週下記の通り開催します。

2012年秋期の最終回です。・


平日コース1月24日木曜日18:30から
週末コース1月26日土曜日15:00から
です。

●テーマは以下の二つです。

テーマ1 「ドラッカーとトヨタ式経営他日本式経営」

ドラッカーの人間の本質に基づくマネジメント原理と
ゴールドラットが学んだトヨタ式経営を展開した大野耐一
から「仕組み」「人と組織」について学びます。

シックスシグマとその日本での元祖TQC
を比較します。


テーマ2 「ドラッカーと日本的経営の神髄」

ドラッカーのマネジメントは決して
欧米のビジネススクールのような
論理的戦略中心のマネジメントではありません。

内村鑑三が欧米に紹介した代表的日本人の中で
二宮尊徳、上杉鷹山、中江藤樹などの思想に
ドラッカーと共通するマネジメント思考が見出せます。

そしてそれは
米国の新しいマネジメント法則を発見した
ジムコリンズなどとも共通しています。

2012年秋コース最終回ですが
単独のスポット受講でも楽しめます。

ご参加お待ちしています。

■新宿から丸ノ内線6分 新中野駅徒歩3分の
自宅事務所です。

●コミュニテイカフェ「ドラッカーマネジメント塾」は
経営の神様ピーター・F・ドラッカーを
「精神・戦略・実践」の「形」(かた・フレームワーク)
で理解し、 東西の知を関連付けてマネジメント思考を 
身につけることを目的とします 。

それによって、 
禅に通じると言われる武道や茶道などと同じく、
「道」とも言うべきマインドセットを形成して
行動に好循環が生まれるように支援します 

マインドセット形成は
MITのピーター・センゲの「学習する組織」で
述べている
自己マスタリ―( personnel mastery) であり、
日本語では「修業」に相当します。

飛び入りスポット参加大歓迎です。

90分1限*2限=180分講義と
手作り麻婆豆腐にビールに焼酎
コミュニテイカフェ
セットで4000円です。

フルコース参加者の終了者の再参加は
2000円です。

居酒屋に行く感覚で
こちらへ参加しませんか?

お申込はメール返信でお願いします。

アクセス等チラシご覧ください。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0dyu8t0il0g4ypvhsWQv
 

■■■■■PDF電子書籍販売のお知らせ■■■■■

1.教材書籍「ドラッカーマネジメント塾」2012年春期 
第1限〜第16限(各限20枚〜30枚)
2.メルマガ編集書籍
社会生態学マネジメント
「介護体験で学ぶドラッカー」

社会生態学マネジメント
「エッセー生き方に役立つドラッカー」

3.書籍ノンフィクション小説「壊れる思い出のエレジー」

注文は下記のチラシから

チラシ「電子書籍}

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0dyv8t0il0g4ypvhsKfs


■■■■■寄付金のお願い■■■■

メルマガ初刊から4年半経過しました。

経費ご負担の寄付金制度導入して2年になります。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

又これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0dyw8t0il0g4ypvhsHOy

最近のバックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0dyx8t0il0g4ypvhsTNc

2012年11月以前のバックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0dyy8t0il0g4ypvhsVP5

 
株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0dyz8t0il0g4ypvhsT3T
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0dy08t0il0g4ypvis8GT
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。