バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...
天から授かった最長でも120...
日本人の自然観とは見える現象...
日本の神道は宗教ではなくエコ...
太陽エネルギーを生命力とする...
老化を促進する外敵から自分を...
旧来の常識に囚われている専門...
専門領域以外のことに関心を持...
ホメオスタシスという健康維持...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
人と人 組織のつながり 功をなす 情物金の 流れが命
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第239回   
     ★顧客の顧客まで誠をつくす仕事の連鎖★    
       P・F・ドラッカーの
社会生態学的 俯瞰的 マネジメントモデルが開く 
  人生・企業・社会の共通のマネジメント原理   
本メルマガはボランティアの寄付金で運営しています。
寄付金制度&配信解除手続きは最後をご覧ください
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

『家族の絆』 
  
明けましておめでとうございます。

今年
最初のメルマガ配信します。

本年も引き続きよろしくお願いします。

●妻が入院して5年目の正月は
僕が独り暮らしを始めて5年目の正月でもあります。

5年前の大晦日に以下の短歌を詠みました。

大晦日 妻は病院 子はデ―ト
独り蕎麦(そば)食う 還暦の年

●そして5年経ちました。

今年の正月3日
デートしていた3人の子は
みな結婚してそれぞれの連れ合い
そして2人の孫を入れて8人が僕のマンションに集まり
焼肉ランチパーティをしました。

和牛、レバー、ホタテ、イカ
キャベツ、ネギ、エリンギ、エノキ
朝から買い出し準備し
みんな喜んでくれました。

年末か元旦にかけて
長男家族は嫁の実家、北海道に
長女と次女夫婦はそれぞれ東北に旅行にでかけ
会話が盛り上がりました。

「お父さん」と呼ばれて振り向くと
長男が「ハイ」と返事する。

そうか俺はチチではなくジジなのだ。

●食べ終わり、
皆で病院へ行き家族で妻と面会しました。

5年前は未だ会話ができ、
病棟から連れ出して散歩が出来ましたが、
今は車椅子とベッドで殆ど目を閉じている。

不安でイライラすることもなく、
病気を悲観して泣くこともなく
平穏な表情で、
娘達が「お母さん」と何回も呼ぶと
微かな笑顔と声が返ることもあります。

家族の絆を感じるお正月でした。

今年もカフェ塾スタートします。

■■■2012年秋期
コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」第7回■■■

●今週下記の通り開催します。

平日コース1月10日木曜日18:30から
週末コース1月12日土曜日15:00から
です。

●テーマは以下の二つです。

★テーマ1 
「仕事の滞留を無くすロジスティクス実践『統合』」

能率よく仕事をこなすには幾つかの仕事を
まとめた方が良い。

連鎖する業務でバラバラに仕事を進めると
繋ぎの部分で仕事は滞留します。

業務が分割されるほど滞留点が増える。

イノベーションは時間の短縮だった。


★テーマ2
「ロジスティクスのニュートン力学TOC(制約理論)」

エリヤフ・ゴールドラット博士の
制約理論(TOC:Theory Of Constraint)
の本質は何か?

イスラエル人 物理学者 であり、
「巨人の肩に乗って」と大野耐一の業績の上に 
3人の尊敬する人として
大野耐一・ニュートン・ガンジーを上げています。

トヨタ式経営との関係は?

TOCをどう使うかについて理解を深めます。

お申込はメール返信でお願いします。
チラシ

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0svx7t0iljt1rmvg0r7n

さて、
本日のテーマ
===================
1.空と海の統一
2.産業組織と政治組織
3.優先課題を一つに絞り込め
===================
 
1.空と海の統一

■空海の修業は自然の中に溶け込むものでした。

山中の危険な断崖を踏み越え、
室戸岬で大怒濤(だいどとう)を凝視し
無限の大自然の中で
自分の存在を無にする。

人間の思い上がりである、
自然を征服するとか自然と対峙するとか
人間を自然に対して優位に立てる思想とは
違いますね。

■西洋の知性への奢りや
自然征服という人間の自然に対する
制御思想とは違う日本的な思想を感じます。

自然対人間という二律背反ではなく
自然と人間の統一、あるいは共生の思想です。

■東洋思想には二律背反の統一の中に
活路を見出す知恵が昔からありました。

雲と山(水墨画)
呉と越(呉越同舟)
水と油
善と悪
空と海

空海は空と海が水平線で統一されるところ
真実があると考えて
自分を空海と自称しました。

■二律背反するものの統一
それは妥協ではなく
相反したままで統一するところに
イノベーションがある。

意見や見解が違う人間同士で
チームを組む。

西洋では弁証法という哲学の中に
似た概念があります。

二律背反した場合
一方を切り捨てるという「戦い」が
分裂を生みシステムの崩壊に到るのです。

統合するところに
新しい命が芽生えるのです。

2. 産業組織と政治組織

■ドラッカーは社会生態学的関心から
ナチスの党と軍隊という政治組織と
モノの生産販売を行う産業組織を
対比させて観察しました。

政治組織が常に産業組織の上位にあった。

かってのソ連共産党でも
現在の中国共産党も同じです。

■中央政府の産業政策のもとであらゆる産業の
生産販売物流計画が立てられ実行される。

企業の経営者や専門家は自律的決定できない。

自民党や民主党、経産省や厚労省、
都道府県の行政組織が地域の産業政策を決めて
民間企業が補助金に依存する
経営を実行するようなものです。

■そこにあるのは
自由の抹殺、新しい試みへの封殺でしかありえません。

ヒトラーのナチズムの中央政府が正当な権力という
異常な社会だった。

トップのみが権限を持つと言う社会は
自由が無い。

そして組織社会が停滞します。

■健全な社会は自由と自律性が重んじられ
産業組織の社会的役割が中央政府より
上位にあることが大事なのです。

健全な企業は社員の自由と自律性が重んじられ
生産販売の現場組織が本社部門より
上位にあることが大事なのです。

トップの為ではなく
内外の顧客のために社会組織の機関としての
組織こそが社会を機能させると
ドラッカーは考えたのです。
    
3.優先課題を一つに絞り込め

■日本的経営の欠点は
あれもこれも残して複雑にしてしまうことにあります。

複雑なものを複雑なままで解決しようとするから
前に進まない。

一方、欧米人は重要なモノを大胆に絞り込み
それ以外をノイズとして切り捨てる。

■日産のゴ―ンは言いました。

危機において重要なことは
優先順位をつけて一つか二つの問題に絞り込んで
徹底することだと。

なんでもすべてやろうとすると
何もできない。

■大野耐一のトヨタ式生産方式に対して
ゴールドラットのTOC(制約理論)にもそれが
当てはまります。

大野氏は日本的風土や人間同士の助け合い「和」など
様々な要素を生産思想の中に取り入れています。

ゴールドラットは
制約工程というボトルネックに焦点を当てる
生産革命を行った。

■西洋発の産業革命に必要な
エンジニアリングの世界でも
重要ではない雑多な要素をノイズ(外乱)として
切り捨てることで進化しました。

日産は危機に際して
速やかに流血(赤字)を止めることだった。

救急医療が必要だった。

日本人は骨折した足が病原菌に侵されても
足を切ることができないですべてを残そうとして
命を落とす民族と言えます。

欧米人は優先順位を延命に置くので
壊れた足を切り落とす大胆さがあります。

状況によって解決策は違います。

中庸に正解があうような気がします。

●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎
■■■2012年秋期
コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」第7回■■■

●今週今年初めてのカフェ塾は下記の通り開催します。

平日コース1月10日木曜日18:30から
週末コース1月12日土曜日15:00から
です。

●テーマは以下の二つです。

テーマ1 仕事の滞留を無くすロジスティクス実践「統合」


テーマ2 ロジスティクスのニュートン力学「TOC(制約理論)」


お申込はメール返信でお願いします。
チラシ

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0svy7t0iljt1rmvg01xh


■新宿から丸ノ内線6分 新中野駅徒歩3分の
自宅事務所です。

●コミュニテイカフェ「ドラッカーマネジメント塾」は
経営の神様ピーター・F・ドラッカーを
「精神・戦略・実践」の「形」(かた・フレームワーク)
で理解し、 東西の知を関連付けてマネジメント思考を 
身につけることを目的とします 。

それによって、 
禅に通じると言われる武道や茶道などと同じく、
「道」とも言うべきマインドセットを形成して
行動に好循環が生まれるように支援します 

マインドセット形成は
MITのピーター・センゲの「学習する組織」で
述べている
自己マスタリ―( personnel mastery) であり、
日本語では「修業」に相当します。

飛び入りスポット参加大歓迎です。

90分1限*2限=180分講義と
手作り麻婆豆腐他にビールに焼酎
コミュニテイカフェ
セットで4000円です。

居酒屋に行く感覚で
こちらへ参加しませんか?

お申込はメール返信でお願いします。
チラシ

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0svz7t0iljt1rmvg0cAI


■■■■■PDF電子書籍販売のお知らせ■■■■■

1.教材書籍「ドラッカーマネジメント塾」2012年春期 
第1限〜第16限(各限20枚〜30枚)
2.メルマガ編集書籍
社会生態学マネジメント
「介護体験で学ぶドラッカー」

社会生態学マネジメント
「エッセー生き方に役立つドラッカー」

3.書籍ノンフィクション小説「壊れる思い出のエレジー」

注文は下記のチラシから

チラシ「電子書籍}

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0sv07t0iljt1rmvh0TlF


■■■■■寄付金のお願い■■■■

メルマガ初刊から4年半経過しました。

経費ご負担の寄付金制度導入して2年になります。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

又これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0sv17t0iljt1rmvh0kCS

最近のバックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0sv27t0iljt1rmvh073B

2012年11月以前のバックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0sv37t0iljt1rmvh0sW0

 
株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0sv47t0iljt1rmvh0OLi
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0sv57t0iljt1rmvh0g0p
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。