バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  ドラッカーのマーケテイングとは...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  ドラッカーのマーケテイングと...
江戸末期の農村振興に貢献した...
真摯さを説くドラッカーと徳を...
人の寿命は無常なり,先ず臨終...
要素分解ではなく因果関係で問...
東西融合の新しいマネジメント...
青年ドラッカーの志と学生時代...
URL修正再配信 男女のコラ...
男女のコラボで展開する参加型...
日蓮とドラッカー:ドラッカー...
再送 無料の公開講座(オリエ...
ドラッカー・コミュニテイ・カ...
過去や現状を基準にして未来を...
理論や理想論より成果を上げる...
ドラッカーの社会生態学的マネ...
実践があってはじめて精神、戦...
政治も企業のマネジメントも大...
人生は一方が解決すれば他方に...
頭を切り替えて限られた人生の...
コロナ後にも生き残るニッチな...
社会正義を振りかざしひとり一...
科学、宗教、哲学思想、そして...
専門家ではない方がデータを虚...
現場現実を重視する日本的イノ...
何を価値にする経済システムに...
書斎からではなく自然観察から...
人間50年、下天の内に比べれ...
長期トレンド、広い世界、多く...
ヒューマンアカデミー主催 「...
組織間の関係性の中でイノベー...
コロナ禍を教訓にして:危機を...
感染予防しながら経済社会活動...
武士道と云ふは死ぬ事と見つけ...
コロナを絶滅して社会が死ぬこ...
部分ではなく全体最適でマネジ...
教育のイン―ベーションとなる...
未曾有の災厄を乗り切るイノベ...
全ては免疫力を高める生活習慣...
冷静にデータ分析し免疫力を高...
二律背反の制約下で最適な選択...
見かけの枝葉より見えない毛根...
免疫力アップの花見と音楽と登...
天理人理のイノベーション
再送:悲観、絶望、萎縮ではな...
悲観、絶望、萎縮ではなく楽観...
イノベーションとは二律背反問...
対症療法ではなく生命力を維持...
生態系で生き残るための免疫シ...
好機は備えある心に宿る(セレ...
終の棲家への転居と生涯をかけ...
健康な人生100年を生きる方...
製販統合のオーナーシェフのサ...
年齢や資金などの制約があって...
個人のライフスタイルと企業の...
年頭にあたり:習慣は「断つ」...
ドラッカーの社会生態系の規律
1月7日セミナー:スマートフ...
生命力を高めるために自律神経...
多事をこなすことが身体、心、...
SCMセミナー:スマートファ...
SCMセミナー:スマートファ...
羅針盤である志を持つことが人...

他のバックナンバー

現場現実を重視する日本的イノベーションは理論に拘らない

発行部数: 2,696部  発行日:2020年07月15日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。


◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第623号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
ご面倒かけますが本メルマガ最後にある解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください
お願い;商号変更にともなう寄付金箱の
口座名義が変更になりました。
よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「現場現実を重視する日本的イノベーションは理論に拘らない」




目次
…………………………………………………
〇前書き  「理論で説明できない現象に出会うとき」
〇本文  「コレストロール悪者説は全体を見ない心臓専門医の意見」
〇編集後記「要素還元主義批判」
………………………………………………………

令和2年7月15日水曜日のメルマガ配信します。

〇前書き「理論で説明できない現象に出会うとき」


■梅雨前線が停滞し、熊本の洪水は九州から岐阜、長野と
日本列島に大きな被害を及ぼしています。

新型コロナ禍とともに心が痛む梅雨です。

今年は100年に一度あるかないかの災厄の年と
いわれています。

人類の長い歴史からみると
疫病も地震、火山噴火、洪水、戦争、飢饉に見舞われて来た。

■一神教の西洋では
災厄の自然を人知で制御する科学が発達したのに対して
日本人は自然現象として受け入れて共生する思想で生き延びてきました。

西洋医学は専門別に分かれ患部毎に治療するが
東洋、特に日本は身体全体、心や食事など環境も含めて
包括的に治療する特徴があります。


感染症専門家の新型コロナへの対処は
接触を避けることに主眼がありますが
免疫力を上げる食事や生活習慣への提言は表に出てきません。


■感染症の専門家と免疫学とは見解の違いを感じます。

集団免疫戦略を取った国や指導者は患者数が増えていることで
批判されていますが、

ロックダウンなど隔離政策取った国より
収束する時間が短くなるという知見も一理あります。

免疫力を司るのは抗体を作るB細胞だけではなく
T細胞やNK細胞もあり、

それらの免疫力は
腸内細菌の働きに影響し、腸内細菌の働きは
食事や心の持ち方に影響する。

治療薬やワクチンが期待されていますが
完璧な手段にならないいう。

薬という手段だけに頼るのではなく
人間が持っている自然の生命力を活かすことが
真の解決になると思います。

■医学も工学も経営科学も理論化において
詳細(非線形要素)を切り捨て単純化(線形化)する。

理論化においては
「要素還元主義という分割した要素が最適化されれば全体が最適される
という考え方が現代では批判されています。


全体の複雑なもの複雑のまま、そのまま見て
理論で説明できない現象に向き合うことが
必要である。

ドラッカーの社会生態学思想や
ピータ―・センゲなどの組織学習の思想は
要素還元主義への批判であり、

西洋近代科学への批判でもあります。

現場現実を重視する日本的イノベーションは
理論に拘らない。




〇本文
■さて、本日のテーマ
==============================
「コレストロール悪者説は全体を見ない心臓専門医の意見」
(「免疫力アップが全て「健康常識はウソだらけ」
奥村康WAC BUNKO)より
==============================

■コレストロールが高いと動脈硬化など
血管障害が起こりやすいという健康常識も
奥村先生によると、ウソなんだということです。

コレストロールは人間の細胞には
不可欠な材料である。

昔ロシアに病理学者が
ウサギに大量のコレストロールを投与して
動脈硬化が起こったという論文がきっかけでした。

そもそも草食動物のウサギは
肉類や魚を食べないので
コレストロールを調整するメカニズムを持ちあわせていない。

しかし人間には恒常性というバランサーがあり
コレストロールを一定に保つことができます。



■コレストロールは細胞膜を作る材料であり
コレストロールが低いと血管の細胞が壊れやすくなり
脳卒中のリスクが高くなる。

又コレストロールは性ホルモンの原料である。

コレストロールが不足すると免疫力が落ちて
病気に対する抵抗力はなくなる。

ガンになり易くなり、
コレストロールが低い人ほどガンの死亡率は高くなる。


■コレストロールを問題にするのは
心筋梗塞の危険を重視する心臓専門医の意見が
強く反映されているからである。


最近では多方面の専門家がいろんな実証検査をしている。

ガンだけではなく脳卒中やうつ病もコレストロールが
低下していることが分かってきた。

駅から飛び降り自殺する原因を調査したら
ほぼ全員がコレストロール降下剤を飲んでいたという
恐ろしい報告があります。


■新型コロナウイルス禍に対する政府や専門家会議の
対応も狭い範囲の専門家の意見が
強く反映されている傾向があります。

感染リスクのみ排除する「人と人の接触を無くす」政策のみでは
社会経済の死、運動不足や過剰な恐怖心により免疫力低下
などいろいろな社会的病気が指摘されます。

心臓専門医の知見だけではなく免疫学の知見が
身体全体の健康に役立つように

感染学専門家、総合的生命科学、社会生態学など
理論より現実データに向き合う社会制御を
実践して頂きたいものです。







〇編集後記(要素還元主義批判)
===========================
デカルトは「客観的世界では現象は個々の要素に還元でき
、要素相互間に確固とした因果関係が存立していると」考えた。
そして皆が同じ客観的な結論に達するとした。
そこには複雑な現象でも単純な要素に還元し、そこから元の
現象を復元できれば、その現象が理解されたと考えます。
これが近代科学の根底にある思想です。
しかしこうした発想が適用できるのは一部の領域だけであり
人間をして全体を理解する能力を失わせ人類に様々な
災厄をもたらしているという批判が起こっています。
===========================





■ホームページご案内

SCM(サプライチェーンマネジメント)とは
供給連鎖において在庫削減と欠品防止のジレンマを解消して
利益体質を改善する手法です。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0r6phr07xbjjk06u0p81


■以下の動画は回転摩擦抵抗の多いミニ四駆で走行速度が
10%程度向上しました。




今岡テクノロジー『制振装置R2O』ミニ四駆実験
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0r6qhr07xbjjk06u0NQX


2つのイノベーション
「在庫削減と欠品防止の両立」
「負荷運転でもアイドリングに近い軸振動抑制」


そしてこれらの研究開発を鼓舞した2つのマネジメント思想も
体系化しました。


ホームページご覧ください。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0r6rhr07xbjjk06u0wcM


●ご質問ご意見は気軽に
本メールの返信でよろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 アイエスデイアイ


■ホームページ
ISDI今岡システムダイナミックス研究所
運営 株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0r6shr07xbjjk06u0wTB



■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0r6thr07xbjjk06u0AOm

バックナンバー
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0r6uhr07xbjjk06u0B0h


株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0r6vhr07xbjjk06u06zn


----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。