バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...
天から授かった最長でも120...
日本人の自然観とは見える現象...
日本の神道は宗教ではなくエコ...
太陽エネルギーを生命力とする...

他のバックナンバー

ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げた挑戦 革新を生む!

  発行日:2018年12月05日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第543号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
ご面倒かけますが本メルマガ最後にある解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください
お願い;商号変更にともなう寄付金箱の
口座名義が変更になりました。
よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

…目次………
・前書き
・本文
・編集後記
………………

・前書き

「ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げた挑戦 革新を生む!」


平成30年12月5日水曜日のメルマガ配信します。

もう今年は終わり、平成最後の年は残り少なくなりました。

時間は無常に過ぎていき残された時間をどう生きるか。

■3日の日経朝刊にノーベル賞の本庶先生の
インタビュー記事が掲載されていました。


「馬鹿げた挑戦 革新を生む!」の見出し。

当初製薬会社に共同開発による製品化を提案したが
乗ってこなかった。

以前、本庶先生は
「教科書を信じるな!」とも言った。

教科書にないような馬鹿げた理論が産業界の専門家に
受け入れて貰えなかった憤りのようなものを感じました。


■僕の場合、まだ革新を生んでいないが
古稀過ぎて「馬鹿げた挑戦」で特許取得しました。

口の悪い友は老後を犠牲にした「馬鹿げた挑戦」だと批判的です。

僕の回転軸振動抑制理論も教科書になく
振動専門家から受け入れて貰えないし、
大手企業に人を介して提案していますが乗ってくれません。

僕の思いはメルマガ末尾の「編集後記」
で書きます。


■専門家の回転体の振動論は
回転機械の破壊や故障防止が目的となっており、
回転抵抗摩擦による回転体振動のエネルギー損失を減らすことは
「教科書にない馬鹿げた」理論ということのようです。


これを世に問うため「馬鹿げた挑戦」でデジタルマーケティング始めました。
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0xk9bu0ytpw25uiqc2N5


シミュレーションするために振動力学モデルをつくり
実証するスキルを磨き、これを使った
20年来のコンサルテイングテーマ「サプライチェーンマネジメント」
に応用しました。

コンサルテイングでExcelで行っていた在庫分析や収益性分析を
「在庫削減と欠品の両立」が可能な需要と生産のシンクロナイゼーションのレベルが
シミュレーションできるモデルを開発して学会で発表しました。

これも又経営科学の世界で「馬鹿げた理論」のようです。

数年かけて行った回転体振動技術開発が
20年来の本業に活かされたと思っています。


■ホームページも、ものづくりの永遠の課題である
「在庫と欠品のジレンマ」「動力源の回転軸ブレ」という
極めて重要なイノベーションに焦点を当てました。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0xkabu0ytpw25uiqcLJ1

エッジの効いた2つのテーマのセミナー体系化しました。
1.「セミナー:SCMスマートファクトリーものづくり利益体質改善」
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0xkbbu0ytpw25uiqcgCg


2.「セミナー回転軸運動の力学と動力費削減技術(特許)」
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0xkcbu0ytpw25uiqcb8b

そしてこれらの研究開発を鼓舞した2つのマネジメント思想も
体系化しました。

3.「セミナー:もの創り製品開発イノベーション」
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0xkdbu0ytpw25uiqcGnN

4.「セミナー:主体性あるひとづくり(ドラッカー)
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0xkebu0ytpw25uiqcSMv


・本文

■さて、
本日のテーマ
===========================
「在庫(ストック)の本質」
「トヨタ生産方式のIE的考察」(新郷重夫、日刊工業新聞社、1980年)」より
===========================

■リーン生産の元祖トヨタ生産方式の最大の特徴は
「無在庫(ノンストック)を目指す経営である。

しかし
製品在庫を無くせば欠品となり売上機会の損失となり、
在庫を増やせば必要な資金が増え、
コストが増加する。

どちらも収益を悪化させる。|

在庫削減と機会損失防止は両立しないのか?



新郷氏はこの相互に矛盾する問題に対して
従来の考え方「在庫は必要悪」に疑問を呈して
「発生する在庫」と「必要な在庫」に区分して考察する。


「発生する在庫」とは需要予測の誤差やロット生産によって
必要以上に作る在庫である。

「必要な在庫」とは生産時間が長いので見込み生産する場合や
需要の変動を平準化する場合や機械の故障に備えるために
作る在庫である。

どちらにしても単に在庫を削減すればいいわけでないし、
在庫を増やすことで問題が解決するわけではない。

■発生する在庫が発生しないようにしたり
必要な在庫を必要でなくなるようにすることが
在庫削減と機会損失を両立させるか鍵となる。

それはすなわちシステムの改善であり
イノベーションである。

需要予測に頼らない生産、機械の故障を減らす生産、
ロットを減らし多頻度少量の平準化であり
それらの改善が容易になるシステムである。


■20世紀の大量販売大量生産時代の
マネジメントサイエンスのパラダイムは
需要予測に頼り確率統計論から欠品になる許容確率から
安全在庫を求める方式であり現在のERPのベースである
MRP(所要量計画)であった。


在庫は生産速度と出荷速度の差の時間積分であり
システムの状態を表す変数であり減らす増やすの
制御可能な変数ではない。

在庫が無ければ出荷できないで売上機会損失になり
在庫があればコストが増えるので
売上にもコストにも影響する。

生産と出荷と在庫が需要特性によって
収益にどう影響するかシミュレーションできる
モデルを開発しました。

■それがシステムダイナミックスであり
確率統計論に代わる現代制御理論で使われる
時間軸での微積分です。


ロケットや宇宙船の機械システムの制御モデルである
現代制御理論では
3つの切り口からシステム問題を定義して最適解を得る。

・システムの動特性
・システムの制約
・システムの目的関数

現代制御理論のフレームワークで
スマートファクトリーを設計するときキーとなる技術は
センサーでリアルタイムで動特性を把握することであろう。

異常の発見のみならず生産速度と出荷速度
その差分積分である在庫を測定しながら
生産速度と稼働時間を観る。

処置の自動化はサイバー空間で
最適化することになります。


編集後記
=======================
8合目まで登った。

頂上は見えるがどう世の中に認めてもらえるか
道は見えない。

下を向いて道を探しながら1歩づつ進みます。

人生残りの時間が続く限り!
=======================



●ご質問ご意見は気軽に
本メールの返信でよろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎




■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 アイエスデイアイ


■ホームページ
ISDI今岡システムダイナミックス研究所
運営 株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0xkfbu0ytpw25uiqcScS

■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0xkgbu0ytpw25uiqc9Qc

バックナンバー
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0xkhbu0ytpw25uiqc5Cv


----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。