バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...
天から授かった最長でも120...
日本人の自然観とは見える現象...
日本の神道は宗教ではなくエコ...
太陽エネルギーを生命力とする...

他のバックナンバー

文系にもわかる数学を通してつながる物理と経営

  発行日:2018年10月25日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

◆━━━今岡善次郎のISDIメルマガ━━━━━◆
                   #002

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしております。不要な方は本メルマガ
最後にある解除手続きお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「文系にもわかる数学を通してつながる物理と経営」


今岡善次郎のISDIメルマガ#002配信します。

ISDIスクールで振動問題とサプライチェーンマネジメントと
全く違う専門分野を扱う今岡善次郎とは
「怪しい奴(笑)」と思っておられる方は
多いのではないでしょうか?

怪しくないことを説明しましょう。


■中学から高校にかけて理系文系が分離する前に
全員が物理(理科)と数学は学んでいますね。


苦手な人が多いことは知っています。

しかし
日常生活で時速と移動距離の関係は誰もが知っています。

時速6キロで歩くと10分で移動距離は?
6キロ×(10分/60分)=1キロが答えですね。

速度×時間=距離

速度Vは時間と共に変動するので速度Vが変わらない
僅かな時間Δtの間に移動する距離ΔSは

ΔS=V×Δt

と数学式で表せますね。


■自動車工場の組立ラインで1時間あたり6台出来上がると
10分では何台できますか?

はい、ご名答!
1台です。

6台×(10分/60分)=1台

生産速度×生産時間=生産台数(完成品在庫増分)

生産速度Vは時間と共に変動するので速度Vが変わらない
僅かな時間Δtの間に完成品在庫増分ΔSは

ΔS=V×Δt

と数学式で表せます。

速度と移動距離の関係式と同じですね。

実際は生産速度から出荷速度を引くことで
在庫増分になりますが、ここでは省略します。



■速度と移動距離の関係は物理学の運動方程式の一部です。

運動方程式には速度と移動距離の他、
加速度や加速度を生む力が加わります。

機械の振動問題で力は衝突力、弾性力、慣性力、粘性力など
いろんな力が運動方程式に加わります。

振動が起こるのは弾性力という引張りと圧縮という
+−の力の方向が逆転するためです。

機械のような物体の運動を数学で表現するのを
力学と言います。


■力学で表現すると時間軸で変化する現象は同じです。

短い時間当たりの少量の変化を表現するモデルを
数学では微分方程式と言います。

数学では振動のような物理現象も生産出荷のような経営現象も
同じような方程式になります。

理系は専門分野が細かく分かれており
物理と経営を同じにすることに違和感持つ人が多い。

文系は専門にこだわらないので感性で理解する人が多い。

サプライチェーンマネジメントも振動問題も
同じ力学であることに共感いただけたでしょうか?

力学という手法を使うとものづくり、ひとづくり、システムづくり
などマネジメント全体の手法が開発できます。

■理念を図解しました。
ここをクリックしてご覧ください。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0ts9ot0xtmz3rrxuh73F



■もっと詳しく知りたい方に無料解説資料進呈します。

ここをクリックして再度ニュースリリースをクリックすると
セミナー解説資料がダウンロードできます。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0tsaot0xtmz3rrxuh652




ご質問ご意見は気軽に
本メールの返信でよろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎



■ホームページ
ISDI今岡システムダイナミックス研究所
運営 株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0tsbot0xtmz3rrxuhl0G

■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0tscot0xtmz3rrxuh5p7

バックナンバー
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0tsdot0xtmz3rrxuht0c