バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  社会正義を振りかざしひとり一人...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  社会正義を振りかざしひとり一...
科学、宗教、哲学思想、そして...
専門家ではない方がデータを虚...
現場現実を重視する日本的イノ...
何を価値にする経済システムに...
書斎からではなく自然観察から...
人間50年、下天の内に比べれ...
長期トレンド、広い世界、多く...
ヒューマンアカデミー主催 「...
組織間の関係性の中でイノベー...
コロナ禍を教訓にして:危機を...
感染予防しながら経済社会活動...
武士道と云ふは死ぬ事と見つけ...
コロナを絶滅して社会が死ぬこ...
部分ではなく全体最適でマネジ...
教育のイン―ベーションとなる...
未曾有の災厄を乗り切るイノベ...
全ては免疫力を高める生活習慣...
冷静にデータ分析し免疫力を高...
二律背反の制約下で最適な選択...
見かけの枝葉より見えない毛根...
免疫力アップの花見と音楽と登...
天理人理のイノベーション
再送:悲観、絶望、萎縮ではな...
悲観、絶望、萎縮ではなく楽観...
イノベーションとは二律背反問...
対症療法ではなく生命力を維持...
生態系で生き残るための免疫シ...
好機は備えある心に宿る(セレ...
終の棲家への転居と生涯をかけ...
健康な人生100年を生きる方...
製販統合のオーナーシェフのサ...
年齢や資金などの制約があって...
個人のライフスタイルと企業の...
年頭にあたり:習慣は「断つ」...
ドラッカーの社会生態系の規律
1月7日セミナー:スマートフ...
生命力を高めるために自律神経...
多事をこなすことが身体、心、...
SCMセミナー:スマートファ...
SCMセミナー:スマートファ...
羅針盤である志を持つことが人...
多様な生態系の中で生きる
介護と看取りまでにいろんな出...
20年にわたるアルツハイマー...
訃報 妻が逝きました
謙虚にして信念をもって仕事に...
今岡善次郎マネジメントメルマ...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第534号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
ご面倒かけますが本メルマガ最後にある解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください
お願い;商号変更にともなう寄付金箱の
口座名義が変更になりました。
よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「ノーベル賞の秘訣「教科書を信じるな」「自分の目で見ること」」


平成30年10月3日水曜日のメルマガ配信します。

嬉しいニュース、
日本人のノーベル医学・生理学賞の受賞が決まりました。


■京都大特別教授の本庶佑(ほんじょ・たすく)先生は
がん免疫治療薬「オプジーボ」開発のきっかけとなった
「PD−1分子」を発見した。

患者に投与され、救われる命もあることについて
「自分の研究に意味があるのを非常に実感するとき」と
インタビューで語りました。


本庶さんの粘り強い研究の成果でその秘訣について
「教科書を信じるな」「自分の目で見ること」
というのが印象に残りました。

又IOTやAIなどで重厚長大な産業を復興する技術が流行しているが
将来の人類がにとっては生命科学に
もっと人材や資金が投入されるべきである
とも言いました。


■教科書というのは
一般的に学会や専門家の間で常識とされている学説であり、
専門家の常識も覆す現象が現実にあるということを言っています。

現代はドラッカーが言うように
専門分化された知識労働者からなる知識社会ですが
教科書と言える専門書知識はあまり進化していない。

ビジネススクール(MBA)も機械工学の振動論も
半世紀前と変わらない。

常識とは違うことを提案しても
認識されない。


■ドラッカーも学会やMBAでは評価されていません。

しかし「教科書を信じるな」「自分の目で見ること」という
常識の学説ではなく自分の目で見て観察したことで
マネジメントを体系化させました。


僭越ながら人生100年時代の第3コーナーを回る年代において
エンジニアリングとマネジメントを融合した独自の手法を
体系化しました。

「その分野の教科書にないこと」「自分の体験」を通して
かってのドラッカ塾をISDIスクールとして再開します。

下記は仮ドメインで作ったホームページです。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0eq5lt0xtqdnjn83krTk

ID:123
パスワード123
で開けますので読者の皆さまのご意見を頂ければ幸いです。



■さて、
本日のテーマ
====================
「シングル段取りの思想とひとづくり」
「トヨタ生産方式のIE的考察」(新郷重夫、日刊工業新聞社、1980年)」より
==================

■段取り時間を一桁代の分に短縮するシングル段取りは
テクニックではなく思想である。

混然一体となっている段取り替え時間を
外段取りと内段取りに区分するというのは
人間の習性に反する。

作業を開始してからでないと問題が発見できないことがある。

事前に工具の修理したり型を探したりすることは
修練が必要である。


■料理を始めると必要な調味料を切らしていて
買いに行くとか
外科医が心臓手術している途中で
必要な器具が見つからないとか。

大事な報告書をまとめていると
レポートに入れる写真が足らないと気付き報告書作成が
遅れるとか。

段取り時間短縮とは
主要資源の時間のロスをどう削減するかという
問題に帰着します。


■内段取りを外段取りにするとは一般的な定義をすれば
主資源(設備)の時間ロスを減らすために
副資源(作業者)の時間で補うということになります。

機械を止める時間を無くすために
人が必要な準備作業をする。


主資源が作業者の場合は
人の時間ロスを減らすために機械を使う。

日報などで人がデータ入力する時間を減らすために
センサーで自動的にデータを測定しコンピュータにアップロードする。

人の時間を分析改善に役立てる。


■スマートファクトリーというコンセプトが
IOT、AI,ビッグデータなど流行語となっていますが、
ものづくりの思想が大きく役立ちます。

シングル段取りにする思想「外段取りを内段取りにする」は
人間とコンピュータの役割分担の設計思想になる。

今のところセンサーとネットワークの技術先行ですが
ものづくりもシステムづくりも
技術だけではないひとづくりが欠かせません。

ドラッカー思想が
脳神経の轍(わだち)を作ってくれるのです。



●ご質問ご意見は気軽に
本メールの返信でよろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎




■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 21世紀ものづくり日本


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0eq6lt0xtqdnjn83kT5U

バックナンバー
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0eq7lt0xtqdnjn83kXZV


----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。