バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第522号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま「配信不要」と返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください
お願い;商号変更にともなう寄付金箱の
口座名義が変更になりました。
よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「日本人の自然観とは見える現象から隠された原因を洞察することにある」



平成30年7月11日水曜日のメルマガ配信します。

梅雨明け宣言が出るころは大雨災害が多いですね。

広島、岡山、愛媛を中心に100人を超える死者を出した
災害に対してお悔みを申し上げます。

水害だけではなく地震も日本各地で頻発している。

■偶然テレビを見ていたら
京都の三十三間堂は建立から
800年近い歳月を耐えてきたという。

見事な直線で設計されており、その長さは128メートルもあります。

そして、この直線は現代でもほとんど狂っていないといいます。

台風や地震など多くの異変に、どうして、
このような高度な技術が可能だったのでしょうか。

ここに、日本人の独特な自然観があります。

それは「自然には逆らわない」という考え方のようです。

■地盤を固くする剛性が現代の西洋建築の常識だが
地盤は砂の層で出来ているので地震で動くけど慣性力が働かない。

又一定間隔に柱があり柱と柱の間に板壁が柱の溝との間に
隙間を入れて板が動くようになっているという。

テレビでは隙で力を逃がしているという説明でしたが
振動を研究している僕の解釈は
柱にかかる地震力を隙間の中にある板と衝突して
その反力で地震力を相殺しているのではないか。


回転軸ブレ防止で特許を取得しましたが
耐震構造でもその原理を使って
特許を申請したいと思っています。


日本人の自然観とは見える現象から
隠された原因を洞察することにあるのではないか。



さて、
本日のテーマ
====================
「ロット待ち時間が生産時間の影に隠れる」
「トヨタ生産方式のIE的考察」(新郷重夫、日刊工業新聞社、1980年)」より
==================

■受注してから納入するまでの日数を
10日と要求されているとき
生産着手して完成する生産日数が20日という制約があるとき
どうしたらいいか?

通常の解決策は生産工程の途中まで
あらかじめ作っておき、受注時に残りの完成品までの工程を
開始するのが一般的である。

例えば前半の10日分の作業は受注がなくても見込みでつくる。

注文があると後半の10日で完成させ納品すると
注文時に生産開始して納品に間に合うし
完成品在庫は0になる。


■しかし見込みが外れると
途中までの仕掛在庫は無駄になるか
注文に応じることができなくて機会損失になるか
というリスクが発生する。

そもそも生産期間20日には正味の加工時間は
5日で、15日間は待ち時間というケースが多い。

ロットが大きいと1日で生産できにもかかわらず
19日間が待ちの滞留時間というケースも多い。

1ロットの加工時間が5時間の工程が3工程あれば
生産時間は15時間と思い込んでいる。

工程待ちとロット待ちという仕掛在庫の時間が
生産時間の大半を占めている状況を改善すれば
生産時間は10分の1程度に短縮できる改善事例はが圧倒的に多い。


■トヨタ生産方式のメカニズムは
部分効率のコスト削減ではなく時間短縮を目的にする。

ロットが大きい方がロット生産工程のコストは小さい。

近代的科学的経営の手法は経営システムの評価関数は
コスト最小化にあるが、
トヨタ式生産システムでは滞留を無くし流れを最大化する。

流れとは出荷スピードであり売上であり
滞留除去である。


■コストしか見ない経営は生産時間に注目をしない。

生産時間に隠されたロット待ち時間に焦点を当てない。


小ロット化では時間短縮になるが
稼働率が下がりコストアップすると思い込む。

この矛盾、トレードオフを解決するのが
段取り(切り替え)時間の短縮とレイアウト改善である。

トヨタ生産方式の貢献者、大野耐一氏は
「アメリカの生産方式を日本に持ってくると結局高くつく」
「多品種少量生産も中量、大量生産もいろんなものを如何に経済的に作るか
日本人が考えないと誰も考えてくれない」
と言った。

ロット待ち時間が生産時間の影に隠れる現象を洞察し
小口多頻度生産方式を考え出したのは
日本的イノベーションである。


●ご質問ご意見は気軽に
本メールの返信でよろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎



●ご質問ご意見は気軽に
本メールの返信でよろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 21世紀ものづくり日本


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0dz1ks0vtva85wn0ay4X

バックナンバー
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0dz2ks0vtva85wn0aGyd


株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0dz3ks0vtva85wn0anb0

----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。