バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第511号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま「配信不要」と返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください
お願い;商号変更にともなう寄付金箱の
口座名義が変更になりました。
よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「欠落部分を補い全体を結合する能力」



平成30年4月25日水曜日のメルマガ配信します。

もうすぐ連休に入りますね。

■21日土曜日ある研究会で
ドラッカーのポスト資本主義社会について
講演しました。

タイトルにはない、隠されたメッセージは
日本人への呼びかけと捉えることができます。

■一言で言えば
世界は日本的な日本を必要としている
『日本 成功の代償』ダイヤモンド社、1981)


僕の講演の結論は

・ポスト資本主義のモデルに日本があることに日本人は
自虐史観ではなく自信と確信を持つべきである

・日本人は西洋を含む世界から知識を取り入れ
「結合」するコアコンピタンスがあるとの自覚をもって
さらに強化すべである

・グローバル化は欧米化ではなく
伝統的「こめづくり・ものづくり・くにづくり・システムづくり」の
日本的な風土のマネジメントを体系化すべきである

・体系化することで日本人には
グローバルな社会の健康(安全・安心・安定)に貢献する責任がある

近代以降科学的専門的な知識は欧米で生産されたが
イノベーションには欠落部分を補い全体を結合する
能力が必要である。

さて、
本日のテーマ
====================
「イノベーションに必要な欠落部分の分析」
「イノベーションと企業家精神」(P.F.ドラッカー、ダイヤモンド社)」より
==================

■知識によるイノベーションを成功させるために
知識そのものに加えて
俯瞰的に欠落している要因を分析しなければならない。


ライト兄弟が飛行機を発明した時に分析したことは
自分が数学的理論の専門家でもなかったが
数学的理論以外にいかなる知識が必要であるか
徹底的に分析した。

当時飛行機開発の最先端を走っていた
科学者のサムエルソン・ラングレーはアメリカ最高の科学研究機関だった
スミソニアン研究所の所長だった。

しかし彼力学の知識だけでは飛ぶことは出来ても実用にはならなかった。

ライト兄弟は実用化に向けて俯瞰的に分析した。

全体の軽量化や姿勢制御の補助翼や主翼の形状について考察した。


ライト兄弟は情報を集め理論的に考察し
実験して発明のために不足している知識は何か考えた。


■日本の明治から大正時代に近代銀行を設立した渋沢栄一は
産業を振興させる銀行を作るには
どんな知識が必要か不足している知識は何か
徹底的に分析した。


イギリスでペニシリンを発見した科学者は
物質を発見し利用方法を開発したが
製造能力が決定的に重要であることを理解しなかった。

アメリカの小さな医薬品メーカーのファイザーが
培養技術を開発し
世界一のペニシリンメーカーになって
イノベーションを実現した。

ジェット旅客機を構想し設計製造したイギリス人デハビランドは
飛行機を実現するためには収益に影響する
飛行距離と積算量についての知識と
融資の方法についての知識を見落とした。

これらの不足した知識を分析した
ボーイングとダグラスが実用化に成功した。

■ドラッカーも又
マネジメントの分野で必要な分析をして
イノベーションを行った。

すでに組織論や人や仕事に関して
テイラーやメイヨーの知識は得ていたが
既存のマネジメント論の中で何が不足しているか
分析した。

そこで重要な欠落は
事業の目的、トップマネジメント、仕事の構造、
目標管理などの知識だと認識した。

分析を行わなければ
欠落している知識は何かわからない。

欠落しているものを分析するものは
専門家ではなくても素人でも可能である。

専門家は自分の知識に固執するので欠落部分を見落とす。

GEは財務畑の人物によって大型蒸気タービンの
電力会社への供給者として世界のリーダーになった。


■IBMをコンピュータのトップ企業に作り上げたのも
トマス・ワトソン・シニアとその息子
トマス・ワトソン・ジュニアの
2人の「素人」だった。


ナイロンという知識のイノベーションを実現したのは
技術を開発した化学者ではなく
「経営委員会」という必要な欠落部分を分析した素人だった。

科学や技術の素人かどうかが問題ではなく
意思と自己規律(志と分析の視点)の問題である。

エジソンのように両方の役割ができたイノベーターもいる。

イノベーションには俯瞰的に複数の成功要因を分析し
現状の欠落要因を発見しなければ成功しない。



●ご質問ご意見は気軽に
本メールの返信でよろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 21世紀ものづくり日本


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0yfljr0utatx67c7tBFx

バックナンバー
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0yfmjr0utatx67c7tOC1


株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0yfnjr0utatx67c7tBad

----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。