バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第298回   
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

「泣き笑いと快不快」

 
お早うございます。

今日もルマガお読み頂きありがとうございます。

新年度に入り学校や役所、会社も入れ替え再編が
行われたと思います。


●昨年の年末に女の子を出産した娘が
晴れた28日金曜日に初めて孫と一緒に
一人暮らしの僕のマンションに来ました。

男料理の煮ものとおにぎりで昼食を楽しんでいる間
赤ん坊は僕のベッドで転がりながら
澄んだ目で爺である僕の姿を追う。

アルバムを探し娘の同じ赤ん坊の頃の写真と
比べて同じ顔をしていることに
父娘とも驚嘆し笑いあいました。

いのちの繋がりを実感しました。

●泣くだけではなく笑顔を見せて
快不快を表現し母親を求める。

泣き笑いと快不快は
自律神経である交感神経と副交感神経の働きである。


ホメオスタ―シスという正逆の制御系のメカニズム
によっていのちが維持されている。

アドレナリンという活動ホルモンと
エンドルフィンという安静快適ホルモンが
いのちの免疫系に影響を与えるという
(「蘇活力」南和友、アチーブメント出版)

●後述する 
森信三のいのちの定義「陰陽動的二元論」
はいのちの発展を説明する「易」やヘーゲル弁証法が
元になっているという。

子供の成長も組織の進化も社会の歴史的発展も
陰陽二元論、正反合で説明できるという。

インフレとデフレ、アクセルとブレーキ
ともに陰陽動的二元論でシステムは維持できます。

ホメオスタ―シスという正逆の制御系のメカニズム
を巧く使うことが重要なマネジメント原理だと
分かります。

企業の増産と減産による欠品・過剰在庫防止の
サプライチェーンマネジメントも
陰陽動的二元論で説明できる。


■■■平日コース4月10日19:00
コミュニテイカフェ「ドラッカーマネジメント塾」
第7期2014年春期開講します■■■

初回テーマは
「ドラッカーの社会生態学マネジメント」
です。

社会生態系(エコシステム)のモデルで
社会と組織を人間を観察します。


僕の多摩大学大学院の公開講座に聴講に来て
概念に共通点があるとロルフィングを教えてくれた
現在多摩大学大学院生である、
米国認定ロルファー 川口舞子さんが
「身体の統合と調律」というテーマでゲスト講師として
お話します。

ダウンロードチラシ

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0t6lot07nwz1vx0rijiH


なお川口さんは
六本木にある酸素カプセルなどボデイケアサロン
のマネージャーです。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0t6mot07nwz1vx0rivWr

顧客の健康に役立つ仕事とともにボデイケアサロンの
マネジメントも研究テーマとして取り組もうとしています。

組織の生命力(QOL:Quality Of Life)を
目的にする点で同じです。


■なお週末コース開講日は4月12日土曜日
ゲスト講師は
「食品開発と地域再生」を話して頂く
食品コンサルタント 門田直明さんです。

これも日本農業とも関連があるエコシステムです。


日程、料金、申し込み方法、場所等
詳しくは以下チラシをご覧ください。

ダウンロードチラシ

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0t6not07nwz1vx0riQbr

お待ちしています。

視点を変えてお話しますので過去に
参加された方も大歓迎です。

過去3年フルコース参加者でご希望の方に
修了書お渡ししていましたが
今期からフルコース修了者全員に修了書お渡しします。

又スポット参加歓迎します。

又初回スポット参加でフルコース切替の方は
スポット料金を控除した参加費を後ほどお支払い下さい。

本メール返信でお申込下さい。


さて、
本日のテーマ
===================
1.陰陽動的二元論(森信三全集)
2.社会生態系の組織
(ドラッカー「ポスト資本主義」)
3.事例研究:
ハーマンミラー社「ベストを尽くせる組織か」
'Leadership Is an Art'
(邦訳 響き合うリーダーシップ、海と月社)

===================

 
1.陰陽動的二元論(森信三全集)

■有機系、複雑系、生態系どれも現代西洋の
漢字訳です。

漢字もそもそも外国語であり、
外国語から外国語に翻訳された概念であり
日本人にとって分かりにくい。

森信三は「いのち」という和語を使っています。

理論的哲学的な先人の知を東西の賢人から
二つの解説をしてくれます。

一つ目は
数学者であるライプニッツと仏教の華厳経に
重々無尽世界構造という共通性を見つける。

複雑系の多重に重なり合う無限フラクタル構造
との共通性を僕は観ます。


■二つ目は易の陰陽二元論であり、
夜と昼、寒と暑、男と女、生と死などがいのちの原理であり
動的に循環するという思想です。

易の世界観は四季、昼夜の循環の元である
天体の運行の循環、宇宙の動きが
いのちの動きと同じであるとする。


■易に相当する西洋の知はヘーゲルの弁証法であるという。

ヘーゲルは青春時代にギリシャ史を研究し
現実の歴史が動く法則を観察した。

「正」「反」という正反対の異質なものが「合」って
発展し次の段階において「正」となる。

これが無限に繰り返されて多様な世界が作られる。

易の陰陽の組み合わせが何段階も組み合わされて
多様な世界を説明する。

筮竹で人や社会を占うことも行う。

■易と弁証法にみる世界観は
一人ひとりのいのちも、組織のいのちも、国家社会のいのちも
、そして人間社会のみならず、
植物も動物も、自然も説明することができる。

陰陽動的二元論はいのちを説明するモデルとして優れている。

自律神経の交感神経と副交感神経、
アドレナリンとエンドルフィンという
ホルモンによる陰陽の免疫系も
ホメオスタ―テスという「いのち」の維持メカニズム
に使われています。


2.社会生態系の組織


■産業も、大学も、あらゆる分野で専門化が進み
専門別に目的を持った組織が増殖して来たのが
現代社会の特徴です。

車を作る会社も、コンビニチェーンを展開する企業も
特定の病気を治す専門病院も
専門分野別に限定したことで知識と熟練度が深まり
成果を上げています。


■ドラッカーによると
近代の歴史においてこれらの多様に増殖していく組織に対して
社会学や経済学は「社会の毒」とみていた。

政治学者や社会学者は組織を異常なもの
あるいは危険で病的なものとして見なしていた。

現代日本でも
知的エリートと言われる評論家は大企業の存在に
常に批判的である。

■アメリカの哲学者、トーマス・クイーンが初めて
企業など現代組織を新時代の
「パラダイムシフト」と言って肯定した
(「科学革命の構造」1962)

欧米のエリート達にとって
企業という組織の出現を新しい現実として
受け入れるのに30年から50年の期間
ほぼ2世代必要だったという。

学者の世界でのさらに長い年月が必要だと。

■企業など組織が知識人や学会で受け入れられなかった理由は
企業、病院、政府機関、軍隊、大学、労働組合など
それぞれ別個のものとして扱われていたからだ。

これらの組織を社会の中で有効に活かすマネジメントの原理は
相違点より共通点がはるかに多い。

一部の人々にマネジメントの原理がどんな組織にも
共通だと認識されたのはつい最近のことだそうです。

現代日本でも多くの人はマネジメントは
企業のものだと認識されています。

社会生態系という観察手法は人間の知を中心に据える
知的エリートの認識を超える。

ドラッカーは社会生態学者として
組織の発生・増殖・進化を観察してマネジメントを発明しました。




3.事例研究:
ハーマンミラー社「ベストを尽くせる組織か」
'Leadership Is an Art'
(邦訳 響き合うリーダーシップ、海と月社)

■どんな組織でもメンバーがそれぞれ
「ここはベストを尽くせる組織か」という問いに
「イエス」と答えられなければ
人は仕事に情熱を注げない。

ハーマンミラーの
マックスデプリ―はリーダーとして
社員がいくつかの権利を持つことは当然だとした。


■それぞれの社員が

・自分が組織の目標に主体的に関わる権利

・組織から関与を求められる権利

・心と心の関係を作る権利

・使命を理解する権利

・責任を持って仕事をする権利

・抗議する権利

を持つことである。


■ピーター・F・ドラッカーは

人は他人から指揮を受けて行動するのではなく
自分を動かすのは本人だけであると
言いました。

自律性と自由が人が仕事をする条件である。

一人ひとりが組織の目標と信条の元に行動する組織が
成果を上げることができると。


■真摯に情熱を持って仕事に打ち込めように
リーダーは従業員に権利を与えることを
恐れてはいけない。

多くの組織ではリーダーが仕事の邪魔をする。

リーダーに邪魔されていると感じる組織では
だれしも熱意を注ぐことができない。

思慮の足りないリーダーはいずれ
早かれ遅かれ組織を崩壊に導く。

皆が「ベストを尽くせる組織か」の問いに
「イエス」と答えられる組織にしなければならない。



●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0t6oot07nwz1vx0riV7U

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0t6pot07nwz1vx0risG5


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0t6qot07nwz1vx0riYTr
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0t6rot07nwz1vx0rixru
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。