バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第249回   
     ★ドラッカーから学ぶ一流の仕事術★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

寄付金制度&配信解除手続きは最後をご覧ください
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

『仕事の段取り』 
   
●東急東横線と東京メトロ副都心線の相互直通運転が
16日始まりました。

相互直通にともない代官山駅−渋谷駅間一・四キロの線路も
地下化され、切り替え工事が
16日午前1ごろから、わずか約4時間で行われたという。

運休すること無しで、1200人をかけて4時間で
切替工事できたことは極めて日本的な
スケジュール管理だったと思います。
 
●世界で有名なトヨタ生産方式の革新が
段取り替え時間短縮が鍵でした。

日本を訪問する外国人が一番驚くのは
日本の電車の時間が正確であることだそうです。

細事にこだわる日本人の職人技と言えましょう・

人と人の連携プレイが無いとできない。

時間短縮と連携統合が仕事の実践力です。

●第5期コミュニテイカフェ「ドラッカーマネジメント塾」
4月開講します。

週末コース4月6日(土曜日)
平日コース4月11日(木曜日)

開講テーマ
・ドラッカーのマネジメントとは何か:
東洋哲学、脳科学との関連
・ドラッカーの人間観

初回は見学だけでの結構です
から奮ってご参加ください。

Facebook イベントに登録しました。
週末コース4月6日(土)
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0301xt0jl3yhuw3ky9LZ

平日コース4月11日(木)
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0302xt0jl3yhuw3kyIBc

ドラッカーを呼び水にして
明治以前の人間学や脳科学を取り入れます。


フェースブックで「ドラッカーマネジメント塾」の
グループ作りました。
是非ご参加ください。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0303xt0jl3yhuw3kyYRP

お気軽に
本メール返信でお名前のみ明記してお申込下さい。
お待ちしています。

さて、
本日のテーマ
===================
1.いま・ここ・自己
2.多数派は正しいか
3.組織の横串を通すシステム(SCM)
===================
 
1.いま・ここ・自己

■「いつやるか?」「今でしょう!」

テレビコマーシャルで有名になりましたが、
その原点らしき思想が仏教の高僧の短歌にありました。

ときはいま(時は今)
ところあしもと(場所は自分が立っているところで)
そのことに(いま直面していることに)
うちこむいのち(集中している命こそ)
とわのいのち(永遠の生命である)

■自殺、殺人、孤独死、失業、難病、絶望・・・
にどう対処するか。

一度どん底に落ち込んでから
立ち上がる。

現時点を抜きにして人生はない。

今いる場所以外に行動する場はない。

今取り組んでいることに命をかける。

■現実から離れて空想と理論の世界に逃げる
ことはできない。

自分で行動しないで政治や社会を批判しても
変わらない。

他人のせいにしても好転しない。

先のことを心配ても過去を悔いても
ムダである。

ここから逃げたいときもあろう。

だけど
問題が一層複雑化する。

■法然の教えでは、

永遠の生命とは「未来」にあるのではない。

別のところにあるのでもない。

誰かに教えてもらうのでもない。

「今・ここ・自己」にあると。

厳しいが
現実を直視し受け入れることから
始まります。


2.多数派は正しいか

■町内会でもマンションの管理組合、難病家族会でも
過半数で何事か決定することが普通です。

この場合数が多いことは
少ないことより
完全であるという前提があります。

■多数派が正しいを決めると
それが絶対の正義であるとされます。

たとえ付和雷同だとしても。

少数派になると
抵抗してもムダであり異論は許されない。

■多数派支配は権力者によって演出できる。

多数派が
現実の政治、現実のマネジメントの世界において
その社会や成員が満足すべき決定となるかどうか
歴史を見れば疑問です。

51%の者の望むことが決定されると
残り49%は不満を残す。

民主的決定は対立を生む。

■日本人的解決法は先延ばしか、
白黒つけない玉虫色の案をつくることです。

一つの決定に反対派の見方を反映させる。

少数派の視点や権利や義務を尊重する
心配りができるかどうか。

多数派が正しいとは限らない。
    

3.組織の横串を通すシステム(SCM)

■ゴーン革命の日産にPD(プログラム・ダイレクタ―)
という制度があるそうです。

ゴーン以前は
新車開発から生産、販売まで
需要予測の見込み違いで大量の在庫を抱えていた。

一方でヒット車の品切れも多発していた。

これらのサプライチェーンマネジメント(SCM)
の問題を解決するシステムが
PDと言えそうです。

■SCMの解決策は
時間短縮で流れをつくることです。

新車開発から市場投入までのリードタイム。

受注から納品までのリードタイム

部品納入から完成出荷までの生産リードタイム

これらの時間を短縮することで
生産と販売出荷、部品納入などがタイミングがあう。
 
タイミングがあうことを同期化という。

逆に同期化すると時間短縮する。

そして滞留しないで流れが出来る。

■新製品企画、開発、販売、マーケティング、
製造のそれぞれの組織が自分の部署の責任だけを
考えて仕事をする。

モノとカネと情報が機能組織のつなぎの
部分で滞留する。

組織が細分化されるほど
滞留現象が大きくなる。

■これらのSCM問題解決に
日産のPD(プログラム・ダイレクタ―)という
横串を入れるSCMのシステム(組織)が導入されました。

PDは一つの製品(車種)に対して
企画から開発、生産、購買、販売、在庫、利益、キャッシュまで
すべてにおいて責任を持つ。

ドラッカーのいう、
連邦組織における最高責任者がPDです。

企業のトップマネジメントのように、
サプライチェーンを通して
収支とキャッシュに責任を持って全体を
マネジメントすることが求められます。

●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎
■■■■■PDF電子書籍販売のお知らせ■■■■■

1.教材書籍「ドラッカーマネジメント塾」2012年春期 
第1限〜第16限(各限20枚〜30枚)
2.メルマガ編集書籍
社会生態学マネジメント
「介護体験で学ぶドラッカー」

社会生態学マネジメント
「エッセー生き方に役立つドラッカー」

3.書籍ノンフィクション小説「壊れる思い出のエレジー」

注文は下記のチラシから

チラシ「電子書籍}

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0304xt0jl3yhuw3kyh90


■■■■■寄付金のお願い■■■■

メルマガ初刊から4年半経過しました。

経費ご負担の寄付金制度導入して2年になります。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

又これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0305xt0jl3yhuw3ky5jD

最近のバックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0306xt0jl3yhuw3kyNZ1

2012年11月以前のバックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0307xt0jl3yhuw3kysJs

 
株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0308xt0jl3yhuw3ky0PH
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0309xt0jl3yhuw3kyhaq
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。