バックナンバー

  Marketing Topics http://www.focusmarketing.co.jp/

□ 最新号

  フォーカスマーケティング メル...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  フォーカスマーケティング メ...
フォーカスマーケティング メ...
フォーカスマーケティング メ...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus  ...
Weekly focus マ...
Weekly focus  ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
第107号 健康ニーズとRI...
第106号 自分のニオイ他人...
第105号 オタク市場を概観...
第104号 スポーツやってい...
第103号 ロボットがヒトに...
第102号 今週より再開いた...
第101号 仕事は段取りと運...
第100号 2016年もよろ...
第99号 今年もお世話になり...
第98号 アマゾンプライム加...
第97号 吉野屋の集客プロモ...
第96号 若手ビジネスパーソ...
第95号 管理職を望む、働く...
第94号 パートナーには働い...
第93号  コインランドリー...
第92号 和民が介護事業を売...
第91号 マーケターの必要ス...
第90号 景気の良し悪しを判...
Weekly Focus 第...
第88号 ポータブルテレビが...
第87号 お盆はランドセルの...
第86号 スターバックスの成...
第85号 シニアのスマホ事情
第84号 シニアのスマホ事情
第83号 怪味って、どんな味...
第82号 日本版CCRCにつ...
第81号 男は自分の臭いに気...
第80号 爆買いの要因を探っ...
第79号 和民の再建計画に思...
第78号 客数と客単価は相関...
第77号 日本の酒消費は大酒...
第76号 「和民」大苦戦の要...
第75号 デフレ型ビジネスの...
第74号 まだまだ大きな需要...
第73号 ネット生命保険の危...
第72号 「大人の○○」の効...
第71号 ユニクロ脱価格戦略...
第70号 ABC-MARTの...
第69号 今年の新入社員のタ...
第68号 ネットで情報収集 ...
第67号 爆買!再びの予兆
第66号 爆買いの現状を分析...
第65号 20代30代の方が...
第64号 チェキのヒット要因...
第63号 若者たちの意識を統...
第62号 飲むときはガッツリ...
第61号 コスパを意識する若...
第60号 中古車を買わなくな...
第59号 先入観・固定観念か...
第58号 シニア世代の消費特...
第57号 若者に対する固定観...
第56号 シニア世代は肉食系...
第55号 家計調査を仮説設定...
第54号 ドンキホーテ好調の...
第53号 ドンキホーテ好調の...
第52号 妻の時間夫の時間 
第51号 セブンカフェに続け...
第50号 時代の流れに逆行し...
第49号 原田泳幸さんの言葉
第48号 ファストフードと肥...
第47号 フォルクスワーゲン...
第46号 男の共感を捉えた缶...
第45号 健康寿命の意味
第44号 女性は共感意識が高...
第43号 国際的に高齢者の就...
第42号  ロボット掃除機を...
第41号 家計の管理は結婚...
第40号 野菜摂取におけるニ...
第39号 データに基づくディ...
第38号 自動車業界は安泰?
第37号 クールビズの許容範...
第36号 20代のうちにして...
第35号 うなぎの価格推移
第34号 プチ贅沢!を考える
第33号 消費増税の影響を考...
第32号 50代の不思議な食...
第31号 マーケティングトッ...
第30号 ユニクロの価格戦略
第29号 amazonで中古...
第28号 4Kテレビは売れる...
第27号 朝食を考える
第26号 テーマパーク好調の...
第25号 エナジードリンクを...
第24号 ラグジャリー市場に...
第23号 レジャー観光を考え...
第22号 缶コーヒー飲用率低...
第21号 マクドナルドの復活...
第20号 ゴールデンウィーク...
第19号 既婚有職女性のニー...
第18号 今年の新入社員は自...
第17号 ファミリー消費が主...
第16号 50代男性の潜在ニ...
第15号 スマホ敬遠理由から...
第14号 掃除機市場を考える
第13号 マーケティングリサ...
第12号 コンビニコーヒーに...
第11号 差別化戦略を考える
第10号 外食好調と消費税に...
第9号 アベノミクスの成果?
第8号 バブル世代のライフス...
第7号 高齢化時代のマーケテ...
第6号 企業におけるデータ活...
第4号 ゾゾタウン新サービス...
第3号 プライベートブランド...
第2号 消費者の嗜好ビッグデ...
第1号 シニア世代の消費を考...

第76号 「和民」大苦戦の要因を探る

  発行日:2015年05月22日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 Weekly Focus 第76号 創業3年迎えました!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


フォーカスマーケティングの蛭川速です。


弊社は3年間の2012年5月22日、スカイツリー開業と同時に創業しました。

早いもので3年、事業を継続することができました。

これもひとえに皆様の温かいご支援の賜物と存じています。

これからもデータ分析を基本として、企業のマーケティング支援に努めて参りたいと

考えております。今後ともよろしくお願いいたします。





Weekly Focus は1週間のマーケティングトピックスや注目商品や顧客層、

優良企業の動向などについて、独自の視点で考察を加えた情報を提供する

メールマガジンです。

フォーカスマーケティングの蛭川速、パートナーと名刺交換をさせていただいた方、

弊社ホームページで資料請求された方々にお送りしています。



----------------------------------------------------------------------------------

 マーケティングトピックス


  「和民」大苦戦の要因を探る!

----------------------------------------------------------------------------------


今週上場企業の業績回復が鮮明となったという報道がありました。

リーマンショック前の最高益だった2008年3月期を上回り、

2015年3月期の連結経常利益は前期より6%増えたとのことです。

円安を追い風にした海外需要を取り込んだことが要因のようです。

自動車や電機メーカーが大きく利益を伸ばしました。



ただ苦戦している業態や企業もあるようです。

居酒屋の「和民」は2015年3月期連結最終損益が126億円の赤字に

なったと発表しました。



私も外飲みが好きなので、「和民」には何度も行っていますが、

残念な業績に少しがっかりしています。


今週も友人と2人で「和民」へ行きました。料理も旨く、酒もすすみ

非常に満足しましたが、お客さんの入りが少ないのが気になっていたところです。

19時から20時という時間帯で空席が目立つほどでしたので、実態としても

深刻な状況なのかもしれません。週の半ば火曜日ということもあったのかも

しれませんが。。。



ネットやテレビなどでは、過度な労働を強いるブラックな企業との

イメージが禍し、客数が減少している。

などと言われていますが、問題は更に根深いところにありそうです。


居酒屋「和民」を経営するワタミ株式会社のHPから業績をピックアップすると


国内外食売上は

 2015年度60,272百万円(前期比△14ポイント)

 2012年度76,842百万円(前期比△4ポイント)

 2009年度91,618百万円(前期比△2ポイント)


リーマンショック、震災からの需要減少に歯止めがかからない状況です。



この状況は和民だけでなく、外食全体の業績推移においても

居酒屋の苦戦ぶりが見られます。



2014年業績比較

【売上高(対前年比)】

全体:99.8%

ファストフード:97.9%

ファミリーレストラン:103.2%

居酒屋:93.7%


【客数(対前年比)】

全体:97.1%

ファストフード:95.8%

ファミリーレストラン:100.3%

居酒屋:94.6%


【客単価(対前年比)】

全体:102.7%

ファストフード:102.2%

ファミリーレストラン:102.9%

居酒屋:99.1%


(社)日本フードサービス協会より
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/e0zzpkt0wo39rc6360yjk


ファミリーレストランが好調なのに対して居酒屋は苦戦を強いられて

います。

客数、客単価ともに減少しているのが厳しい状況を物語っています。

景気が上向き基調にある中で、消費者のライフスタイルの変化や若年世代

の嗜好の変化など構造的な問題がありそうです。



居酒屋業界全体として厳しい状況ですが

「和民」は更に厳しいようです。


2015年3月

売上:92.7%(日本フードサービス協会パブレストラン/居酒屋:93.3%)

客数:94.9%(同94.3%)

客単価:97.7%(同99.0%)



2014年春に消費増税時に客層の拡大を狙って高めの料理を増やしましたが、

主要顧客の若者の離反を招いたことが主因と考えられます。


そして今年の4月、客を呼び戻すためメニューを見直し値下げします。

ビールやハイボールを1〜3割安くし、

税別300円未満の料理の割合を2割から4割に倍増する。

という政策展開を図るようです。


果たして市場環境の変化に適応できるのでしょうか?


次回から「和民の再建戦略」と題して特集していきたいと思います。




---------------------------------------------------------------------------------------------

  弊社コラム 最新ランキング(2015年4月〜5月)

---------------------------------------------------------------------------------------------


1位:ABC-MARTのポジショニング戦略

http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/e0zzqkt0wo39rc6360OOT


2位:インバウンド消費の恩恵

http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/e0zzrkt0wo39rc6360tvS


3位:ネット生命保険の危機?!

http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/e0zzskt0wo39rc6360kBc






最後までお読みいただきありがとうございます。

メールマガジンの送信をご迷惑に感じる方は、
お手数ですが以下URLより解除お願い致します。

http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/e0zztkt0wo39rc6360BLM




**************************************************************************************
☆ 発行責任者:蛭川速
☆ 問い合わせ:info@focusmarketing.co.jp


(バックナンバー更新 2015年06月05日12時40分)
(バックナンバー更新 2015年06月05日12時40分)