バックナンバー

  Marketing Topics http://www.focusmarketing.co.jp/

□ 最新号

  Marketing Topic...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
フォーカスマーケティング メ...
フォーカスマーケティング メ...
フォーカスマーケティング メ...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus  ...
Weekly focus マ...
Weekly focus  ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
第107号 健康ニーズとRI...
第106号 自分のニオイ他人...
第105号 オタク市場を概観...
第104号 スポーツやってい...
第103号 ロボットがヒトに...
第102号 今週より再開いた...
第101号 仕事は段取りと運...
第100号 2016年もよろ...
第99号 今年もお世話になり...
第98号 アマゾンプライム加...
第97号 吉野屋の集客プロモ...
第96号 若手ビジネスパーソ...
第95号 管理職を望む、働く...
第94号 パートナーには働い...
第93号  コインランドリー...
第92号 和民が介護事業を売...
第91号 マーケターの必要ス...
第90号 景気の良し悪しを判...
Weekly Focus 第...
第88号 ポータブルテレビが...
第87号 お盆はランドセルの...
第86号 スターバックスの成...
第85号 シニアのスマホ事情
第84号 シニアのスマホ事情
第83号 怪味って、どんな味...
第82号 日本版CCRCにつ...
第81号 男は自分の臭いに気...
第80号 爆買いの要因を探っ...
第79号 和民の再建計画に思...
第78号 客数と客単価は相関...
第77号 日本の酒消費は大酒...
第76号 「和民」大苦戦の要...
第75号 デフレ型ビジネスの...
第74号 まだまだ大きな需要...
第73号 ネット生命保険の危...
第72号 「大人の○○」の効...
第71号 ユニクロ脱価格戦略...
第70号 ABC-MARTの...
第69号 今年の新入社員のタ...
第68号 ネットで情報収集 ...
第67号 爆買!再びの予兆
第66号 爆買いの現状を分析...
第65号 20代30代の方が...
第64号 チェキのヒット要因...
第63号 若者たちの意識を統...
第62号 飲むときはガッツリ...
第61号 コスパを意識する若...
第60号 中古車を買わなくな...
第59号 先入観・固定観念か...
第58号 シニア世代の消費特...
第57号 若者に対する固定観...
第56号 シニア世代は肉食系...
第55号 家計調査を仮説設定...
第54号 ドンキホーテ好調の...
第53号 ドンキホーテ好調の...
第52号 妻の時間夫の時間 
第51号 セブンカフェに続け...
第50号 時代の流れに逆行し...
第49号 原田泳幸さんの言葉
第48号 ファストフードと肥...
第47号 フォルクスワーゲン...
第46号 男の共感を捉えた缶...
第45号 健康寿命の意味
第44号 女性は共感意識が高...
第43号 国際的に高齢者の就...
第42号  ロボット掃除機を...
第41号 家計の管理は結婚...
第40号 野菜摂取におけるニ...
第39号 データに基づくディ...
第38号 自動車業界は安泰?
第37号 クールビズの許容範...
第36号 20代のうちにして...
第35号 うなぎの価格推移
第34号 プチ贅沢!を考える
第33号 消費増税の影響を考...
第32号 50代の不思議な食...
第31号 マーケティングトッ...
第30号 ユニクロの価格戦略
第29号 amazonで中古...
第28号 4Kテレビは売れる...
第27号 朝食を考える
第26号 テーマパーク好調の...
第25号 エナジードリンクを...
第24号 ラグジャリー市場に...
第23号 レジャー観光を考え...
第22号 缶コーヒー飲用率低...
第21号 マクドナルドの復活...
第20号 ゴールデンウィーク...
第19号 既婚有職女性のニー...
第18号 今年の新入社員は自...
第17号 ファミリー消費が主...
第16号 50代男性の潜在ニ...
第15号 スマホ敬遠理由から...
第14号 掃除機市場を考える
第13号 マーケティングリサ...
第12号 コンビニコーヒーに...
第11号 差別化戦略を考える
第10号 外食好調と消費税に...
第9号 アベノミクスの成果?
第8号 バブル世代のライフス...
第7号 高齢化時代のマーケテ...
第6号 企業におけるデータ活...
第4号 ゾゾタウン新サービス...
第3号 プライベートブランド...
第2号 消費者の嗜好ビッグデ...
第1号 シニア世代の消費を考...

第50号 時代の流れに逆行したヒット商品!?

  発行日:2014年11月06日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 時代の流れに逆行したヒット商品!? / Weekly Focus第50号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


フォーカスマーケティング蛭川です。

昨年10月からスタートした本メルマガも、50回を数えることになりました。

今年に入り週1回の発行を目標にしてきましたが、皆様の激励のお言葉を励みに

50号まで継続することができました。ありがとうございます。

今後も週1ペースを維持していきたいと思います。



-----------------------------------------------------------------------------

 デジカメ需要低迷の中でヒットしているフィルムカメラ

-----------------------------------------------------------------------------


先週、富士フイルムの業績発表が日経新聞に掲載されました。


以下2014年10月31日、日経新聞朝刊より引用

*********************************

富士フイルムホールディングスが30日発表した2014年4〜9月期の連結

決算(米国会計基準)は、純利益が前年同期比29%増の405億円だった。

インスタントカメラ「チェキ」の販売が好調だったほか、高級機種への集中

が効果を上げ、デジタルカメラの採算が改善した。

*********************************


デジカメは、スマホによるカメラ需要代替の大きな環境変化の中で、

2013年(1〜12 月累計)の総出荷実績は、CIPA(一般社団法人カメラ

映像機器工業会)によると、前年比64%の6 千 280 万台となっています。 
コンパクトデジカメが低調な中で、レンズ交換式デジカメ

(一眼レフデジカメ)は国内市場を中心に好調です。

ここまでは、スマホでは実現しない高画質を求めるユーザーを捉えた結果

として納得がいきます。

ところが富士フイルムの業績好調の一因としてインスタントカメラ「チェキ」

の販売好調も挙げられています。

レンズ交換式デジカメ程の高品質のアウトプットもなく、

スマホのような手軽さや使い勝手の良さもないアナログなインスタント

カメラが何故ヒットしているのでしょうか?

2012年12月の東洋経済ONLINEに開発責任者のインタビュー記事が

掲載されています。

http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0m956w0cnhmsy3wv3kXm

「チェキ」のメインユーザーは10代20代の若い女性ということですが、

インスタントフイルムカメラは今までにない新たなカテゴリーと認識され

ているようです。


以下引用部分
*********************************

ターゲットの若い女性は平成生まれで、フィルムカメラを知らない世代です。

そのため、まずは撮ってすぐその場で写真がプリントされる、チェキという

インスタントフイルムカメラがあると認知してもらうことを重視していま

す。雑誌やイベントなどを通じてプロモーションをしているのですが、

ターゲット層の若い女性はなかなかこれまでの家電量販店やカメラ専門店

には行くことが少ない。彼女たちが普段行くヴィレッジヴァンガードなどの

雑貨店やロフト、パルコといった店舗での販売にも力を入れています。


〜中略〜


撮った写真が液晶画面に映るのではなくて、モノとしてプリントされて出て

くることに驚きを感じているみたいです。当社のイギリス現地法人の社長が

息子にチェキを渡したら、「パパ、撮った写真が出てくるなんてすごいデジ

カメだね」と言っていたとか。

デジタルカメラとかフィルムカメラとかの違いというよりは、まったく新し

いカメラととらえられているようです。

チェキはプリントされた写真を友だちに渡したりしてコミュニケーション

が広がります。

このようなデジカメはほとんどないですから、これはチェキのオンリーワン

の存在価値だと思っています。

*********************************


銀塩カメラ、レンズ付きフイルム(写るんです)そしてデジカメと時代の

変遷を知っている、おじさん世代にとっては、時代に逆行していると感じて

しまいますが、10代20代のデジタルネイティブな世代にとっては

「新たなコミュニケーションツール」という位置づけのようです。

私などは最近デジカメで撮影した画像をプリントするのは専ら仕事用資料か

年に一度の年賀状くらいで、後はスマホやSNSに掲載して楽しむという使い方

です。


楽天リサーチの2013年4月に実施した調査「デジタルカメラ実態調査」に

よると、デジタルカメラで撮影した写真の利用方法として、

44%の人が「プリントして人に見せる/プレゼントする」と回答しています。


性年代別では

男性20代:34% 女性20代:50%

男性30代:32% 女性30代:54%

男性40代:40% 女性40代:40%

男性50代:48% 女性50代:52%

男性60代:52% 女性60代:42%


この結果から「チェキ」が若い女性に受容される土壌がある事が確認できます。

日常のコミュニケーションの中でプリントニーズが存在しており、

プリンタを介してプリントするという手間・プロセス

を削減するという価値が「チェキ」にはあるということです。

スマホやデジカメに保存されたデータとしての画像ではなく、プリントされ

たモノがコミュニケーション上のツールとして成り立っています。

リアルからバーチャルへ、モノからコトへといった大きな時代の変化が

ある中で、逆を行く商品価値ということです。



-----------------------------------------------------------------------------

データを活かした法人営業活動コラム 企業分析の進め方

-----------------------------------------------------------------------------

企業分析の出発点は、顧客企業の実績分析から始めます。

販売実績などについてトレンド分析を行い、顧客企業の実績の増減に

影響を与える要因を探索していきます。

そして実績をもたらした戦略の有効性を分析します。

戦略が有効に働いているのかをアニュアルレポートなどの2次データ

から見出していきます。


そうした分析を通して、戦略遂行におけるボトルネック(問題点)を

探索していきます。

ボトルネックから業務課題(やるべきこと)を考察していくのです。


続きは

http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0m966w0cnhmsy3wv3002

よりお読みください。



***********************************************************************************************
■ 仮説思考と脳科学による潜在ニーズの抽出と活用セミナー

R&D支援センター主催
2014年11月20日(木曜日) 12:30〜16:30
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0m976w0cnhmsy3wv3Hiw

女性脳、シニア脳など消費者の根源的な特性を仮説思考と脳科学の両面から
アプローチしていきます。
***********************************************************************************************
■ 仮説提案営業セミナー

株式会社ディレンマ(リサリサ運営会社)
2014年12月2日(火曜日) 13:00〜17:00
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0m986w0cnhmsy3wv3U4Q

仮説思考を活かした提案営業力強化を目的とした法人営業に携わる方
対象のセミナーです。
***********************************************************************************************
■ 仮説提案営業の勧め! YouTubeアップしました。

http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0m996w0cnhmsy3wv3LEv
営業活動における仮説思考の重要性について語っています。
***********************************************************************************************


最後までお読みいただきありがとうございます。

メルマガ記事に関してご意見ご要望をお待ちしています。

info@focusmarketing.co.jp

にて、よろしくお願いします。


*このメールマガジンは、これまでに名刺交換をさせて

いただいた方々、弊社ホームページで資料請求された方々に、

お送りしています。


ご迷惑な方は、お手数ですが以下URLより解除お願い致します。
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0m9a6w0cnhmsy3wv3p4E



**************************************************************************************
☆ 発行責任者:蛭川速
☆ 問い合わせ:info@focusmarketing.co.jp
☆ フォーカスマーケティング:http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0m9b6w0cnhmsy3wv30cI
**************************************************************************************


(バックナンバー更新 2014年11月07日20時13分)