バックナンバー

  Marketing Topics http://www.focusmarketing.co.jp/

□ 最新号

  フォーカスマーケティング メル...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  フォーカスマーケティング メ...
フォーカスマーケティング メ...
フォーカスマーケティング メ...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus  ...
Weekly focus マ...
Weekly focus  ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
第107号 健康ニーズとRI...
第106号 自分のニオイ他人...
第105号 オタク市場を概観...
第104号 スポーツやってい...
第103号 ロボットがヒトに...
第102号 今週より再開いた...
第101号 仕事は段取りと運...
第100号 2016年もよろ...
第99号 今年もお世話になり...
第98号 アマゾンプライム加...
第97号 吉野屋の集客プロモ...
第96号 若手ビジネスパーソ...
第95号 管理職を望む、働く...
第94号 パートナーには働い...
第93号  コインランドリー...
第92号 和民が介護事業を売...
第91号 マーケターの必要ス...
第90号 景気の良し悪しを判...
Weekly Focus 第...
第88号 ポータブルテレビが...
第87号 お盆はランドセルの...
第86号 スターバックスの成...
第85号 シニアのスマホ事情
第84号 シニアのスマホ事情
第83号 怪味って、どんな味...
第82号 日本版CCRCにつ...
第81号 男は自分の臭いに気...
第80号 爆買いの要因を探っ...
第79号 和民の再建計画に思...
第78号 客数と客単価は相関...
第77号 日本の酒消費は大酒...
第76号 「和民」大苦戦の要...
第75号 デフレ型ビジネスの...
第74号 まだまだ大きな需要...
第73号 ネット生命保険の危...
第72号 「大人の○○」の効...
第71号 ユニクロ脱価格戦略...
第70号 ABC-MARTの...
第69号 今年の新入社員のタ...
第68号 ネットで情報収集 ...
第67号 爆買!再びの予兆
第66号 爆買いの現状を分析...
第65号 20代30代の方が...
第64号 チェキのヒット要因...
第63号 若者たちの意識を統...
第62号 飲むときはガッツリ...
第61号 コスパを意識する若...
第60号 中古車を買わなくな...
第59号 先入観・固定観念か...
第58号 シニア世代の消費特...
第57号 若者に対する固定観...
第56号 シニア世代は肉食系...
第55号 家計調査を仮説設定...
第54号 ドンキホーテ好調の...
第53号 ドンキホーテ好調の...
第52号 妻の時間夫の時間 
第51号 セブンカフェに続け...
第50号 時代の流れに逆行し...
第49号 原田泳幸さんの言葉
第48号 ファストフードと肥...
第47号 フォルクスワーゲン...
第46号 男の共感を捉えた缶...
第45号 健康寿命の意味
第44号 女性は共感意識が高...
第43号 国際的に高齢者の就...
第42号  ロボット掃除機を...
第41号 家計の管理は結婚...
第40号 野菜摂取におけるニ...
第39号 データに基づくディ...
第38号 自動車業界は安泰?
第37号 クールビズの許容範...
第36号 20代のうちにして...
第35号 うなぎの価格推移
第34号 プチ贅沢!を考える
第33号 消費増税の影響を考...
第32号 50代の不思議な食...
第31号 マーケティングトッ...
第30号 ユニクロの価格戦略
第29号 amazonで中古...
第28号 4Kテレビは売れる...
第27号 朝食を考える
第26号 テーマパーク好調の...
第25号 エナジードリンクを...
第24号 ラグジャリー市場に...
第23号 レジャー観光を考え...
第22号 缶コーヒー飲用率低...
第21号 マクドナルドの復活...
第20号 ゴールデンウィーク...
第19号 既婚有職女性のニー...
第18号 今年の新入社員は自...
第17号 ファミリー消費が主...
第16号 50代男性の潜在ニ...
第15号 スマホ敬遠理由から...
第14号 掃除機市場を考える
第13号 マーケティングリサ...
第12号 コンビニコーヒーに...
第11号 差別化戦略を考える
第10号 外食好調と消費税に...
第9号 アベノミクスの成果?
第8号 バブル世代のライフス...
第7号 高齢化時代のマーケテ...
第6号 企業におけるデータ活...
第4号 ゾゾタウン新サービス...
第3号 プライベートブランド...
第2号 消費者の嗜好ビッグデ...
第1号 シニア世代の消費を考...

第23号 レジャー観光を考える

  発行日:2014年05月02日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1人レジャー時代のベネフィットを考える / Weekly Focus第23号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フォーカスマーケティングの蛭川速です。

ゴールデンウィークも早くも半ばに突入ということで
すでにゴールデンウィークを満喫している方も
多いのではないでしょうか。
通勤時間の電車の混雑の少なさが物語っています。

今回のWeekly Focusではレジャー、観光にフォーカス
してみました。

目次
***********************************************************************
1.2次データを読み込む 【1人レジャー時代のベネフィットを考える】
2.今週の統計 【訪日外国人に対するUSPは?】
***********************************************************************


1.2次データを読み込む
-----------------------------------------------------------------------------
「海水浴」離れから「1人レジャー時代」のベネフィットを考える
-----------------------------------------------------------------------------


ここ数日25度を超える日が続いています
夏を連想する日差しに海水浴をイメージしますが、
海水浴客数が減少していると日経新聞が報じています。

2014年4月28日付 日本経済新聞朝刊によると
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

日本生産性本部がまとめた「レジャー白書」によると
国内の海水浴客数は2012年に約990万人。
ピークだった1985年(約3790万人)と比べ、4分の1
に減った。
〜 中略 〜
レジャーの多様化の影響もある。
交流サイト(SNS)やカラオケ、ジョギングやマラソンを
始めた人も多い。

以上引用部分〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


レジャー白書を探索してみると
● 交流サイト(SNS) : 2510万人
● カラオケ : 3660万人
● ジョギングやマラソン : 2450万人
● ウォーキング : 3380万人
と記述されています。

どれも遠くへ出掛けることなく、1人でも楽しめる余暇の過ごし方
といえます。

特にジョギングやマラソン、ウォーキングなどは、
従来は健康のために必要に迫られて行っていたものと考えられますが
作今のデジタル機器の普及やアプリの進展によって、楽しいものに
変化しているのではないかと考えます。

デジタル音楽プレイヤーやスマホで音楽を聴きながら、ネットラジオ
やポッドキャストなどでお気に入りのタレントや番組を楽しむこと
ができます。

携帯音楽プレイヤーの普及率は21%、スマホは50%ですので
本来退屈なジョギングやウォーキングを楽しいものに代えている
人は多いかと推測します。

(平成24年末 総務省「平成24年通信利用動向調査」
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0jsd1u08nv4upigddQfh


健康管理アプリも多様で、リストバンド式のパソコンやスマホ
と連動したものもあり、日々の記録を楽につけられ、
データの推移や達成感が動機づけに繋がります。
楽しみながらジョギングやウォーキングができる環境ができてきた
ということも背景にあると思います。

海水浴のように車や電車で時間をかけて、友人や仲間と出掛け
時間を共有する楽しさから、1人で充実した時間を過ごすこと
が価値軸として同レベルになってきているのではないかと思います。
SNSを使えば、どこにいても孤立感を味わうことがなく、
バーチャルの世界で友人と繋がることができます。

これまでのように、特定の場所へ“行くことが目的”となるのではなく
“行動した結果得られる意識や感情”に焦点を当てて
ベネフィットを構築していく必要があると考えます。
例えば、達成感や満足感、昂揚感など。。。

ディズニーリゾートの来客数が好調との報道をよく耳にしますが
ディズニーの世界観に満足するということと、スマホゲームで
バーチャルに体感する昂揚感を、同じ軸上で考える必要がある
のではないかと思います。



2.今週の統計 
-----------------------------------------------------------------------------
訪日外国人に対するUSPは?
-----------------------------------------------------------------------------

日本を訪れる外国人観光客が増加しています。

日本政府観光局(JNTO)によると震災後の2012年に前年比34ポイント増
の836万人、2013年には前年比24ポイント増の1036万人を記録しています。
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0jse1u08nv4upigddEK2


ちなみに国別では2013年、日本を訪れた外国人観光客は

1位 : 韓国 246万人 (前年比20ポイント増)
2位 : 台湾 221万人 (前年比51ポイント増)
3位 : 中国 131万人 (前年比8ポイント減)
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0jsf1u08nv4upigddsHH

アベノミクス成長戦略観光事業の効果が表れている結果といえる
のではないでしょうか。


日経リサーチによると、日本の消費者は

Q.日本の観光資源は魅力的 との問いに対して
魅力的 : 93%

と回答しています。

Q.その理由としては
1位 : 歴史・文化遺産が多い 78%
2位 : 自然景観 
3位 : 食事がおいしい

という順になっています。
以上日経リサーチHPより
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0jsg1u08nv4upigddDAy



では外国人観光客は日本の魅力についてどのように感じているの
でしょうか
少し古いですがJNTOの実施した「JNTO訪日外客訪問地調査」
によると

Q.観光客が訪日前に期待した事(2010年全体)
1位 : 食事 63%
2位 : ショッピング 53%
3位 : 歴史的、伝統的な景観、旧跡 46%
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0jsh1u08nv4upigddlJT

ASEANに限定されていますが、観光庁の実施した
「訪日外国人消費動向調査」平成26年3月によると

訪日外国人にとって「日本食をたべること」
が大きな魅力として捉えられているようです。
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0jsi1u08nv4upigddSMo

ということで日本人が誇れる部分と外国人観光客では視点が
若干違うようです。

和食は世界に誇れるもので文化遺産として登録もされていますし
プロモーション展開も充分なされているかと思いますが
外国人観光客を迎える立場の日本人としての意識として
「和食」によりフォーカスを当てても良いのではないかと
考えます。




-----------------------------------------------------------------------------
仮説とアイデア発想は異なる
-----------------------------------------------------------------------------

マーケティング施策を立てる際に「仮説」は
重要な思考プロセスと言えるかと思います。
ですが「仮説」というと正解でなくても良いと
考えている方が多いようです。
確かに先(将来)のことは誰にもわかりません。
だからより尖った考えを仮説として設定して
斬新さを狙うという気持ちが分からなくはありません。

ただタイトルに示した通り、仮説≠アイデア発想
という認識を持つことが必要です。

アイデア発想であればだれも思いつかないような
奇抜なものを量産することは必要です。
それを突破口として連想が広がるからです。

仮説はそうではなく、アイデア発想の前提となる
「状況」と捉えるべきと考えています。

例えば画期的な新商品の事例として有名な
ウォークマンという概念はアイデアの賜物です。
仮説は、「思いラジカセを肩にかついで屋外でいる
若者が一定数存在し、屋外で音楽を楽しみたいと
考えている人が潜在的にいる」というものです。

だから仮説は事実に根差したものでなければ
意味がないと考えています。

書籍「マーケティングに役立つ統計の読み方」
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0jsj1u08nv4upigddiFj



最後までお読みいただきありがとうございます。
メルマガ記事に関してご意見ご要望をお待ちしています。
info@focusmarketing.co.jp
にて、よろしくお願いします。
***********************************************************************
2014年5月15日 (木)10時〜17時
データ根拠のあるマーケティング仮説の立て方
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0jsk1u08nv4upigdd7Tq
多変量解析など難解な統計手法を使わずに定量データを読み込むノウハウを
レクチャーいたします。
***********************************************************************

*このメールマガジンは、フォーカスマーケティングの蛭川速、
小出浩、桐畑慎司の3名が、これまでに名刺交換をさせて
いただいた方々、3名が講師を務めたセミナーにご参加
いただいた方々、ホームページで資料請求いただいた方々に、
お送りしています。

ご迷惑な方は、お手数ですが以下URLより解除お願い致します。
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0jsl1u08nv4upigddRyY



***********************************************************************
☆ 発行責任者:蛭川速
☆ 問い合わせ:info@focusmarketing.co.jp
☆ フォーカスマーケティング:http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0jsm1u08nv4upigddDjW
***********************************************************************


(バックナンバー更新 2014年05月02日13時48分)
(バックナンバー更新 2014年05月02日13時48分)