バックナンバー

  Marketing Topics http://www.focusmarketing.co.jp/

□ 最新号

  Marketing Topic...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
フォーカスマーケティング メ...
フォーカスマーケティング メ...
フォーカスマーケティング メ...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus  ...
Weekly focus マ...
Weekly focus  ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
第107号 健康ニーズとRI...
第106号 自分のニオイ他人...
第105号 オタク市場を概観...
第104号 スポーツやってい...
第103号 ロボットがヒトに...
第102号 今週より再開いた...
第101号 仕事は段取りと運...
第100号 2016年もよろ...
第99号 今年もお世話になり...
第98号 アマゾンプライム加...
第97号 吉野屋の集客プロモ...
第96号 若手ビジネスパーソ...
第95号 管理職を望む、働く...
第94号 パートナーには働い...
第93号  コインランドリー...
第92号 和民が介護事業を売...
第91号 マーケターの必要ス...
第90号 景気の良し悪しを判...
Weekly Focus 第...
第88号 ポータブルテレビが...
第87号 お盆はランドセルの...
第86号 スターバックスの成...
第85号 シニアのスマホ事情
第84号 シニアのスマホ事情
第83号 怪味って、どんな味...
第82号 日本版CCRCにつ...
第81号 男は自分の臭いに気...
第80号 爆買いの要因を探っ...
第79号 和民の再建計画に思...
第78号 客数と客単価は相関...
第77号 日本の酒消費は大酒...
第76号 「和民」大苦戦の要...
第75号 デフレ型ビジネスの...
第74号 まだまだ大きな需要...
第73号 ネット生命保険の危...
第72号 「大人の○○」の効...
第71号 ユニクロ脱価格戦略...
第70号 ABC-MARTの...
第69号 今年の新入社員のタ...
第68号 ネットで情報収集 ...
第67号 爆買!再びの予兆
第66号 爆買いの現状を分析...
第65号 20代30代の方が...
第64号 チェキのヒット要因...
第63号 若者たちの意識を統...
第62号 飲むときはガッツリ...
第61号 コスパを意識する若...
第60号 中古車を買わなくな...
第59号 先入観・固定観念か...
第58号 シニア世代の消費特...
第57号 若者に対する固定観...
第56号 シニア世代は肉食系...
第55号 家計調査を仮説設定...
第54号 ドンキホーテ好調の...
第53号 ドンキホーテ好調の...
第52号 妻の時間夫の時間 
第51号 セブンカフェに続け...
第50号 時代の流れに逆行し...
第49号 原田泳幸さんの言葉
第48号 ファストフードと肥...
第47号 フォルクスワーゲン...
第46号 男の共感を捉えた缶...
第45号 健康寿命の意味
第44号 女性は共感意識が高...
第43号 国際的に高齢者の就...
第42号  ロボット掃除機を...
第41号 家計の管理は結婚...
第40号 野菜摂取におけるニ...
第39号 データに基づくディ...
第38号 自動車業界は安泰?
第37号 クールビズの許容範...
第36号 20代のうちにして...
第35号 うなぎの価格推移
第34号 プチ贅沢!を考える
第33号 消費増税の影響を考...
第32号 50代の不思議な食...
第31号 マーケティングトッ...
第30号 ユニクロの価格戦略
第29号 amazonで中古...
第28号 4Kテレビは売れる...
第27号 朝食を考える
第26号 テーマパーク好調の...
第25号 エナジードリンクを...
第24号 ラグジャリー市場に...
第23号 レジャー観光を考え...
第22号 缶コーヒー飲用率低...
第21号 マクドナルドの復活...
第20号 ゴールデンウィーク...
第19号 既婚有職女性のニー...
第18号 今年の新入社員は自...
第17号 ファミリー消費が主...
第16号 50代男性の潜在ニ...
第15号 スマホ敬遠理由から...
第14号 掃除機市場を考える
第13号 マーケティングリサ...
第12号 コンビニコーヒーに...
第11号 差別化戦略を考える
第10号 外食好調と消費税に...
第9号 アベノミクスの成果?
第8号 バブル世代のライフス...
第7号 高齢化時代のマーケテ...
第6号 企業におけるデータ活...
第4号 ゾゾタウン新サービス...
第3号 プライベートブランド...
第2号 消費者の嗜好ビッグデ...
第1号 シニア世代の消費を考...

第14号 掃除機市場を考える

  発行日:2014年02月28日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 掃除機市場を考える /Weekly Focus第14号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フォーカスマーケティングの蛭川速です。

気分の良い天気ですね。ここ2−3日、暖かい日が続き
コート要らずです。
着実に春の気配を感じます。
腰痛もちの私には嬉しい限りです。

いつもご愛読ありがとうございます。
今回は掃除機市場にフォーカスしていきます。

-----------------------------------------------------------------------------
【掃除機市場】 フォーカスマーケティングの考え方
-----------------------------------------------------------------------------

弊社の社名そのままですが、本日は商品の用途を絞り込んで、特定
の使用シーンに焦点を当てて成功している掃除機市場について考え
てみたいと思います。

少し長いですが、日経MJの記事をお読みください。

***********************************************************************

掃除機の国内市場が拡大している。日本電機工業会によると2013年
の掃除機出荷台数は前年比2.6%増の538万台。
ロボットタイプとスティック型がけん引している。
Gfkジャパンの調べではロボットタイプの昨年の販売台数は
前年比13%増。
スティック型も同73%伸びた。
成熟市場と言われた掃除機だが、新しい需要を開拓したのは海外勢。
米アイロボットの「ルンバ」、スティック型ではスウェーデンの
「エレクトロラックス」、布団専用は韓国「レイコップ」が売れ筋。
国内メーカーは従来型の性能と機能の向上で買い替えを促してきたが、
新しい需要を生み出せないでいる。
国内メーカー製品が高機能化して複雑になる一方、機能を絞り込んだ
海外製品がユーザーの心をつかむ。
性能を重要視する発想にとらわれ、消費者ニーズに寄り添わずにいる
とテレビやパソコンだけでなく生活家電でも苦境に陥る可能性がある。

(「掃除機の国内市場拡大」2014.2.26日経MJより)
***********************************************************************

製品は市場導入期においては少機能ですが、競合企業が出現し、
成長期、成熟期へ入るに従って、多機能化や高品質化、低価格化が
進展していきます。

携帯電話も当初は電話だけの機能でしたが、メールすることができる
ようになり、カメラが付き、電子マネー、インターネットへと機能が
増えていきました。


ところが一定時点を超えると多機能、高品質だけでは需要を増加させ
ることがなくなり、逆に用途限定、専門商品に対するニーズが高まって
きます。

スマホも通話のしづらさや電池の持ち時間などから、
フィーチャー・フォン(ガラケー)に回帰する傾向がみられます。


ロボット型掃除機は家にいる時間が短く掃除時間を捻出することが
難しい一人暮らしの若者や
体力的に掃除がきつくなってくるシニア層の絞り込まれたニーズに
フォーカスしていると言えます。

株式会社マーシュが2012年5月に行った
「ロボット掃除機に関するアンケート」

http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0d392t06nc1pwvq6fPqD
によると

「掃除が好きという人のロボット掃除機の購入検討者層が多い(51%)」
という結果が出ています。
(掃除が普通な人31%、嫌いな人31%)

掃除好きというかキレイ好きな人で、時間的体力的に従来の掃除機
を使用することが困難な人のニーズを的確にとらえていると言えるでしょう。



残念なのはキレイ好きというイメージ(私の勝手な認識ですが)の日本
から布団専用掃除機の発想が出てこなかったことです。

「レイコップ」は、ふとんを紫外線で照射し除菌すること、ふとんを叩いて
ダニやハウスダストを叩き出すこと、ダニやホコリを吸い込み本体内の
フィルターに通すことで、1台でふとんをキレイにすることを狙っている
商品です。

2007年に韓国のBukang Sems(ブカンセムズ)社より発売され、現在
世界24カ国で累計250万台販売しています。
日本では2009年から発売されており累計販売台数は50万台です。
花粉症やアレルギー体質の方ばかりか、その効果の大きさ
(吸われたハウスダストの多さを見て)から購入した人も多いのでは
ないでしょうか。

布団専用と銘打っているように完全に機能限定商品です。
昨年10月に日本で発売された『レイコップRS』 は
定価2万9800 円です。
通常の機能の掃除機が1万前後で購入できるのと比較する
とフォーカスしたことによる価値を訴求したコンセプトの勝利
と言えるでしょう。


ではMJの言うように国内メーカーは上記のような潜在ニーズ
を掴めていないでしょうか。

そうは思いません。
私の愛用する「ポケットドルツ」は家庭外での歯磨き習慣に着目
した素晴らしいコンセプトの商品だと思います。
前述の会話専用ガラケーもヒット商品となる可能性が高いものだと
思います。

ネットを検索してみると生活者の掃除に対する潜在ニーズを収集
することができます。

マーケティング情報を扱うリサリサ
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0d3a2t06nc1pwvq6fHt6
で「掃除」と検索をすると、掃除に関するリサーチデータがいくつか
出てきます。

その中で日本リサーチセンターの実施した
「家の掃除についての調査(2013年実施)」
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0d3b2t06nc1pwvq6fdJ8

によると、「汚れが気になる」と「掃除が面倒だと思う」両方の比率
が高いものとして

「窓ガラス・サッシ(39%/35%)」
「キッチンの換気扇(42%/52%)」
「冷蔵庫の中(35%/24%)」

が挙げられます。


水回り系や油処理など技術的、機能的な工夫が必要ですが
フォーカスする余地はありそうです。



またリビングくらしHOW研究所の「家電に関するアンケート(2014年1月)
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0d3c2t06nc1pwvq6fKjH
によると

「4月までに、買う買わないは別にして、気になっている家電」として

1位 ノンフライヤ―(26%)
2位 冷蔵庫(20%)
3位 掃除機(19%)
4位 パソコン(17%)
5位 電子レンジ(16%)
が記載されています。

年代別の内訳で特徴があるのは、
1位のノンフライヤー、4位パソコンで
40代の意向比率が高いことです。(ノンフライヤー28%/パソコン21%)

40代の生活実態(食生活・仕事環境)や、家電の使用シーンを研究
することで、機能限定専用商品の可能性はあると思います。

生活者の潜在ニーズに響くコンセプトに期待したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。


-------------------------------------------------------------------------------
データを読み込む力を養う
-------------------------------------------------------------------------------
マーケターにとってデータは必須のツールです。

調査担当の方だけでなく、マーケターにとってマーケティングデータ
の結果が何を意味しているのか考察することは重要です。

マーケターが企画する施策の確度(成功確率)を上げるには
数字の裏付けをとることを最優先するべきです。

きちんとFactデータを捉えた盤石な仮説を設定することが望まれます。

データ根拠あるマーケティング仮説の立て方について
書籍「マーケティングに役立つ統計の読み方」で解説しています。

http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0d3d2t06nc1pwvq6fiBh

***********************************************************************

*このメールマガジンは、フォーカスマーケティングの蛭川速、
小出浩、桐畑慎司の3名が、これまでに名刺交換をさせて
いただいた方々、3名が講師を務めたセミナーにご参加
いただいた方々、ホームページで資料請求いただいた方々に、
お送りしています。

ご迷惑な方は、お手数ですが以下URLより解除お願い致します。
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0d3e2t06nc1pwvq6fpHu



***********************************************************************
ご意見、お問い合わせお待ちしています。
info@focusmarketing.co.jp
フェイスブックでも、ご意見お受けいたします。
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0d3f2t06nc1pwvq6f94s

***********************************************************************
☆ 発行責任者:蛭川速
☆ 問い合わせ:info@focusmarketing.co.jp
☆ フォーカスマーケティング:http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0d3g2t06nc1pwvq6fbV9


(バックナンバー更新 2014年02月28日17時56分)
(バックナンバー更新 2014年02月28日17時57分)
(バックナンバー更新 2014年02月28日17時57分)