バックナンバー

  Marketing Topics http://www.focusmarketing.co.jp/

□ 最新号

  Focus Marketing...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...
Focus Marketin...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マーケティングリサーチを再考する /Weekly Focus第13号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フォーカスマーケティングの蛭川速です。

気分の良い天気ですね。寒い日が続きますが来週には暖かくなるようです。
Weekly Focusも年始より毎週続け、第13号発行することができました。
いつもご愛読ありがとうございます。
今回はマーケティングリサーチについて考えてみました。

-----------------------------------------------------------------------------
マーケティングリサーチを再考する
-----------------------------------------------------------------------------

貴社はマーケティングリサーチに依存し過ぎていないでしょうか?
確かにマーケティングリサーチ、特に最近全盛のインターネット
リサーチは、低価格、短期間に多くの調査サンプルを集めることが
できる優れた手法だと思います。
ただリサーチは検証することには使えても、探索することには向いて
いない手法と言えます。

自社で発案した画期的な商品がどの程度受けいれられるのか?
受容性を検証する場合には、最終意思決定を顧客からの評価で行う
のに有効です。

ただ顧客から欲しいものは何ですか?と探索するのにはあまり有効
な手段とは言えません。
リサーチから本質的なニーズや価値あるニーズを探索することは困難
なのです。

本田宗一郎さんも言っております。
以下「やりたいことをやれ」より引用

***********************************************************************
市場調査は、ある意味で有効だと思う。たとえば、既成の製品の評判
を探ろうという場合である。
だからといってそれを基礎に改良品を出して売れるかといえば、
それは判らない。
ましてや独創的な新製品をつくるヒントを得ようとしたら、
市場調査の効力はゼロとなる。
大衆の知恵は、決して創意などは持っていないのである。
大衆は作家ではなく批評家なのである。作家である企業家が、
自らのアイデアを考えずに、大衆にそれを求めたら、
もう作家ではなくなるのである。
***********************************************************************

そもそも顧客が画期的なアイデアを有しているのであれば、
その顧客はヒット商品メーカーとなり得てしまいます。
そうならないということは、「顧客に聞いても分からない」
となるわけです。

古くはウォークマン、最近ではiPhoneも顧客が欲しいと
いった商品を企画してヒットしたものではありません。

2013年にヒットした資生堂FWBも同様です。
「化粧落としが面倒」という多くの女性の本質的なニーズ
を解消するための化粧下地で、夜帰宅して化粧を落とすのに
洗顔するだけでOKという商品です。
水にはなじまずお湯だけに反応する素材を開発し実現した
ものです。
これなども顧客に聞いて発想される商品ではありません。

要するに

潜在ニーズをいかに掴むか!

ということが重要なことで、それはネットリサーチからは
得ることが困難であるということです。

何故ならば潜在しているニーズは顧客自身でも気づいて
いないことで、当たり前の事として認識しており我慢して
いること

 か 

全く世の中にないもので、あったら便利と感じているもの
であるからです。

ではどのように潜在ニーズを探し出したら良いのでしょうか?

私の答えは、・・・
全文はこちらまで
http://www.focusmarketing.co.jp/column20140221.html



3社限定サービス
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
マーケティング部内の現状認識を共有する
マーケティングインテリジェンス構築
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ネット時代の今日、個人では処理できないくらいの膨大な
情報が流通しています。
企業活動においてマーケターが個人として情報を収集する
ことが容易になっています。
結果、個人の頭の中にある情報をもとにそれぞれの観点で
発想し、着眼点がばらばらなまま企画立案しているケース
が見受けられます。
組織力を発揮するには、それぞれの持つ知恵・知見
(intelligence)を集約し、共通認識を持つことが求めら
れます。
貴社内にバラバラになっている情報を集約整理し、戦略
立案、企画立案をする際のベースとなる知見・認識を体系
化することを目的としています。

マーケティング情報が体系化されることにより、社内の
共有認識を高め意思決定
スピードを速めることが可能となります。
個々人の発想力と組織力を融合させ創造的なマーケティング
展開が期待できます。

ご興味ある方はhttp://www.focusmarketing.co.jp/inquiry.html
までお問い合わせください。
お問い合わせ内容に
「マーケティングインテリジェンス構築パンフレット希望」
と記載してください。
パンフレットを送付させていただきます。


最後までお読みいただきありがとうございます。


-------------------------------------------------------------------------------
マーケティングリサーチを最大限活用するために
-------------------------------------------------------------------------------
マーケターにとってリサーチは必須のツールです。

リサーチ専門の方だけでなく、マーケターにとっても、リサーチ
の結果が何を意味しているのかが分からなければ、その効果は
半減してしまいます。

またコストをかけてリサーチする前に市場の状況を整理して
仮説を設定することをしなければ、リサーチ結果から得られるもの
は多くありません。

リサーチする前には仮説を立てる、そして仮説を検証すること
で多くの知見を得ることができる、と考えています。

仮説は定量的な事実をベースにしていることがポイントである
と考えています。

その辺りについて、書籍「マーケティングに役立つ統計の読み方」
で解説しています。
ご興味ある方は是非ご購入を!

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AB%E5%BD%B9%E7%AB%8B%E3%81%A4%E7%B5%B1%E8%A8%88%E3%81%AE%E8%AA%AD%E3%81%BF%E6%96%B9-%E8%9B%AD%E5%B7%9D-%E9%80%9F/dp/4820748505/ref=wl_it_dp_o_pC_nS_nC?ie=UTF8&colid=25FPJ2WEWHYBA&coliid=I3TIG5X6OXPAGC



*このメールマガジンは、フォーカスマーケティングの蛭川速、
小出浩、桐畑慎司の3名が、これまでに名刺交換をさせて
いただいた方々、3名が講師を務めたセミナーにご参加
いただいた方々、ホームページで資料請求いただいた方々に、
お送りしています。

ご迷惑な方は、お手数ですが以下URLより解除お願い致します。
http://www.focusmarketing.co.jp/mmag.html



***********************************************************************
ご意見、お問い合わせお待ちしています。
info@focusmarketing.co.jp
フェイスブックでも、ご意見お受けいたします。
https://www.facebook.com/focusmaeketing

***********************************************************************
☆ 発行責任者:蛭川速
☆ 問い合わせ:info@focusmarketing.co.jp
☆ フォーカスマーケティング:http://www.focusmarketing.co.jp/


(バックナンバー更新 2014年02月21日16時56分)