バックナンバー

  Marketing Topics http://www.focusmarketing.co.jp/

□ 最新号

  Marketing Topic...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
フォーカスマーケティング メ...
フォーカスマーケティング メ...
フォーカスマーケティング メ...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus  ...
Weekly focus マ...
Weekly focus  ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
第107号 健康ニーズとRI...
第106号 自分のニオイ他人...
第105号 オタク市場を概観...
第104号 スポーツやってい...
第103号 ロボットがヒトに...
第102号 今週より再開いた...
第101号 仕事は段取りと運...
第100号 2016年もよろ...
第99号 今年もお世話になり...
第98号 アマゾンプライム加...
第97号 吉野屋の集客プロモ...
第96号 若手ビジネスパーソ...
第95号 管理職を望む、働く...
第94号 パートナーには働い...
第93号  コインランドリー...
第92号 和民が介護事業を売...
第91号 マーケターの必要ス...
第90号 景気の良し悪しを判...
Weekly Focus 第...
第88号 ポータブルテレビが...
第87号 お盆はランドセルの...
第86号 スターバックスの成...
第85号 シニアのスマホ事情
第84号 シニアのスマホ事情
第83号 怪味って、どんな味...
第82号 日本版CCRCにつ...
第81号 男は自分の臭いに気...
第80号 爆買いの要因を探っ...
第79号 和民の再建計画に思...
第78号 客数と客単価は相関...
第77号 日本の酒消費は大酒...
第76号 「和民」大苦戦の要...
第75号 デフレ型ビジネスの...
第74号 まだまだ大きな需要...
第73号 ネット生命保険の危...
第72号 「大人の○○」の効...
第71号 ユニクロ脱価格戦略...
第70号 ABC-MARTの...
第69号 今年の新入社員のタ...
第68号 ネットで情報収集 ...
第67号 爆買!再びの予兆
第66号 爆買いの現状を分析...
第65号 20代30代の方が...
第64号 チェキのヒット要因...
第63号 若者たちの意識を統...
第62号 飲むときはガッツリ...
第61号 コスパを意識する若...
第60号 中古車を買わなくな...
第59号 先入観・固定観念か...
第58号 シニア世代の消費特...
第57号 若者に対する固定観...
第56号 シニア世代は肉食系...
第55号 家計調査を仮説設定...
第54号 ドンキホーテ好調の...
第53号 ドンキホーテ好調の...
第52号 妻の時間夫の時間 
第51号 セブンカフェに続け...
第50号 時代の流れに逆行し...
第49号 原田泳幸さんの言葉
第48号 ファストフードと肥...
第47号 フォルクスワーゲン...
第46号 男の共感を捉えた缶...
第45号 健康寿命の意味
第44号 女性は共感意識が高...
第43号 国際的に高齢者の就...
第42号  ロボット掃除機を...
第41号 家計の管理は結婚...
第40号 野菜摂取におけるニ...
第39号 データに基づくディ...
第38号 自動車業界は安泰?
第37号 クールビズの許容範...
第36号 20代のうちにして...
第35号 うなぎの価格推移
第34号 プチ贅沢!を考える
第33号 消費増税の影響を考...
第32号 50代の不思議な食...
第31号 マーケティングトッ...
第30号 ユニクロの価格戦略
第29号 amazonで中古...
第28号 4Kテレビは売れる...
第27号 朝食を考える
第26号 テーマパーク好調の...
第25号 エナジードリンクを...
第24号 ラグジャリー市場に...
第23号 レジャー観光を考え...
第22号 缶コーヒー飲用率低...
第21号 マクドナルドの復活...
第20号 ゴールデンウィーク...
第19号 既婚有職女性のニー...
第18号 今年の新入社員は自...
第17号 ファミリー消費が主...
第16号 50代男性の潜在ニ...
第15号 スマホ敬遠理由から...
第14号 掃除機市場を考える
第13号 マーケティングリサ...
第12号 コンビニコーヒーに...
第11号 差別化戦略を考える
第10号 外食好調と消費税に...
第9号 アベノミクスの成果?
第8号 バブル世代のライフス...
第7号 高齢化時代のマーケテ...
第6号 企業におけるデータ活...
第4号 ゾゾタウン新サービス...
第3号 プライベートブランド...
第2号 消費者の嗜好ビッグデ...
第1号 シニア世代の消費を考...

第11号 差別化戦略を考える

  発行日:2014年02月07日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 差別化戦略を考える / Weekly Focus 第11号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フォーカスマーケティングの蛭川速です。

2月に入りトヨタや日立、JTなど製造業各社が最高益を出したという
ニュースが聞かれます。日経新聞によると、製造業全体約900社の
14年3月期通期の見通しとして、売上高は前期比11%増、
経常利益は44%増で、135社が経常利益で今期に最高益を見込む。
とのことです。これまでの経営合理化施策が実を結んだことと円安
効果にあるとしています。
環境変化に的確に対応することのできる日本企業の地力の強さを
感じます。このままの好調を続けてほしいものです。


***********************************************************************
目次
1.マーケティング戦略研究 【Bodiesの差別化戦略】
2.注目の統計データ 【2014年、今年こそ見直したいもの調査】
***********************************************************************



1.マーケティング戦略研究
-----------------------------------------------------------------------------
Bodiesの差別化戦略
-----------------------------------------------------------------------------

皆さんは Bodiesという会社をご存知ですか。
私も昨日の朝(2月6日)、事務所のポスティングチラシで
はじめて知ったのですが、
女性専用のフィットネスクラブ「カーブス」と同様のサーキット
トレーニングを提供する会社です。
HPを見ると、親会社がABC Cooking Studio の会社で
全国に25店舗展開しており、2005年に設立されています。


何の気なしにチラシを眺めてみると、サーキットトレーニングの他に
ゲルマニウム温浴やヨガレッスン、ランニングクラブなどがありました。
先発のカーブスとの差別化を図っているようです。


ちなみにカーブスは2005年10月から日本で展開しはじめ、
2012年には、全国で1,200店舗以上、51万人以上の会員登録が
ある企業です。サーキットトレーニング1本に絞ったシンプルで分かり
易いサービス構成となっています。


元々女性専用とすることで、着替えや男性の視線を気にしなくても
良いなどのフィットネスクラブの面倒なことを極力取り除き成長して
きたサービスです。


中高年女性からの圧倒的な支持を受けて企業成長を伸ばし続けて
きています。
会員の年齢構成比は50代60代がともに30%ずつで、50代以上
合計で70%を占めています。

http://www.curves.co.jp/consistency/everyone/


このBodiesからみたら巨大な競合企業に対して優位性を得るには、
どのような方策が考えられるでしょうか。


BodiesのHPを見るとモデルには若い女性(20代30代)が使われ
ています。
恐らくABCスタジオ会員の年齢構成も20代30代女性と推察できます。
グループ会社間での顧客価値の相互活用と考えられます。


対するカーブスはHPのトップページから明らかに中高年シニア層、
実際の会員の方と思われる方のライブ感ある写真が目に飛び込ん
できます。


設立は両社ともに2005年ですのでターゲット設定と提供価値の違い
によって大きく差が出てしまったと言えます。
(カーブスはフランチャイズ展開ですので純粋な事業比較はできませんが)


子供や家族の世話から解放されて生活時間にゆとりのあるシニア層
の「健康でありたいニーズ」を上手く取り込んだカーブスと比較すると
Bodiesの業績は少し物足りません。


国民健康栄養調査によると、運動習慣のある人の比率は、
女性20代14%、30代14%と比較すると、50代25%、
60代40%とシニア層の運動習慣比率が圧倒的に高い結果が出ています。

http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000032813.pdf


BodiesのロゴにはSPORTS & RELAX と謳っています。
このコンセプトに則り、20代30代の女性の生活スタイルや、ニーズ
に合致した特徴を打ち出すことが求められます。
カーブスと同様のサービス構成ではなく、20代30代女性に関心の
高い美容に着目したサービス展開をするべきと考えます。


この層のニーズは健康よりも美容が高く、シニア女性がやっている
サーキットトレーニングと同じことをやるのに納得感が得られない
のかもしれません。
(私がやることではない。サーキットトレーニングは母の年代がやること・・・)


美容のためのダイエットは健康のためのダイエットとは違うという
メッセージを中核として20代30代のニーズを掴んでいく方向性が
良いのではないでしょうか。


ティップネスやメガロスなどの大手フィットネスクラブによる
24時間営業の小型フィットネスへの期待が高まっている事も需要の
大きさを物語っていると思われます。
小型フィットネスとは従来の10分の1の広さで、料金は3割ほど安く
会社帰りに短時間で運動できるため30代の男女を中心に
利用が広がっています。


こうした20代30代のスポーツに対するニーズと女性専用というターゲット
設定を存分に生かした施策展開が有効と考えます。




2.注目の統計データ
-----------------------------------------------------------------------------
2014年、今年こそ見直したいものに関する調査
-----------------------------------------------------------------------------

ライフネット生命が20〜59歳の男女を対象に、「2014年、今年こそ
見直したいものに関する調査」をモバイルリサーチで実施、1,000名
の有効回答を集計しました。


消費税が8%になる今年、月にどれくらい節約したいか

9,999円以下が全体の45%
10,000円〜19,999円が37%
平均10,076円と集計されました。


世帯当たり可処分所得(平成24年家計調査)は383,851 円ですので、
3%相当分は11,515円となり、感覚的に近しい数字となっています。


次に見直しの対象として
消費税増税までに見直して節約できると思うもの

「外食・飲み会費」が69%でもっとも高く、続いて「旅行などの娯楽費」
が47%、「家庭の食費」46%という結果でした。

まずは日常生活のなかで、生活をする上で必須でない、特別な支出
から節約しようということのようです。
外食産業が好調な中で、消費税増税をどう乗り切っていくか注目すべき
ポイントです。


もし毎月のお小遣いを見直せるなら今よりいくら欲しいか

「現状維持でいい」は36%、対して、「今よりも増やしたい」は61%
となりました。金額は、「1万円以下でも増えれば嬉しい」が31%で最多
となっています。

http://www.lifenet-seimei.co.jp/newsrelease/2014/5233.html


増税による節約の中で 消費 と考えると、厳しい現実が垣間見れます。

新生銀行の実施する「2013 年サラリーマンのお小遣い調査」によると
2013年の平均お小遣いは月額38,457円(前年比1,299 円減少)
でバブル崩壊後ワースト更新。調査開始以来、過去2番目に低い金額
だそうです。

一回の飲み代は前年比614円上昇の3,474 円だが、回数が減少
しており、1ヵ月の飲み代7,689円は1999年の調査開始以来、
昨年に続き過去2番目に低い金額 だそうです。

http://www.shinseibank.com/cfsg/questionnaire/archive/pdf/2013/2013_report.pdf

新聞やTVではデフレを解消したと報道されていることも、耳にする
ようになりましたが
こういった調査結果を読むと、低価格商品に対するニーズが根強く
あることが推察できます。

スパイラルに巻き込まれないように需要創造が求められると考えます。

***********************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございます。


-------------------------------------------------------------------------------
マーケティングリサーチを最大限活用するために
-------------------------------------------------------------------------------
マーケターにとってリサーチは必須のツールです。

リサーチ専門の方だけでなく、マーケターにとっても、リサーチ
の結果が何を意味しているのかが分からなければ、その効果は
半減してしまいます。

またコストをかけてリサーチする前に市場の状況を整理して
仮説を設定することをしなければ、リサーチ結果から得られるもの
は多くありません。

リサーチする前には仮説を立てる、そして仮説を検証すること
で多くの知見を得ることができる、と考えています。

仮説は定量的な事実をベースにしていることがポイントである
と考えています。

その辺りについて、書籍「マーケティングに役立つ統計の読み方」
で解説しています。
ご興味ある方は是非ご購入を!

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AB%E5%BD%B9%E7%AB%8B%E3%81%A4%E7%B5%B1%E8%A8%88%E3%81%AE%E8%AA%AD%E3%81%BF%E6%96%B9-%E8%9B%AD%E5%B7%9D-%E9%80%9F/dp/4820748505/ref=wl_it_dp_o_pC_nS_nC?ie=UTF8&colid=25FPJ2WEWHYBA&coliid=I3TIG5X6OXPAGC


*このメールマガジンは、フォーカスマーケティングの蛭川速、
小出浩、桐畑慎司の3名が、これまでに名刺交換をさせて
いただいた方々、3名が講師を務めたセミナーにご参加
いただいた方々、ホームページで資料請求いただいた方々に、
お送りしています。

ご迷惑な方は、お手数ですが以下URLより解除お願い致します。
http://www.focusmarketing.co.jp/mmag.html



***********************************************************************
ご意見、お問い合わせお待ちしています。
info@focusmarketing.co.jp
フェイスブックでも、ご意見お受けいたします。
https://www.facebook.com/focusmaeketing

***********************************************************************
☆ 発行責任者:蛭川速
☆ 問い合わせ:info@focusmarketing.co.jp
☆ フォーカスマーケティング:http://www.focusmarketing.co.jp/


(バックナンバー更新 2014年02月07日11時52分)
(バックナンバー更新 2014年02月07日11時53分)