バックナンバー

  Marketing Topics http://www.focusmarketing.co.jp/

□ 最新号

  フォーカスマーケティング メル...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  フォーカスマーケティング メ...
フォーカスマーケティング メ...
フォーカスマーケティング メ...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus  ...
Weekly focus マ...
Weekly focus  ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
第107号 健康ニーズとRI...
第106号 自分のニオイ他人...
第105号 オタク市場を概観...
第104号 スポーツやってい...
第103号 ロボットがヒトに...
第102号 今週より再開いた...
第101号 仕事は段取りと運...
第100号 2016年もよろ...
第99号 今年もお世話になり...
第98号 アマゾンプライム加...
第97号 吉野屋の集客プロモ...
第96号 若手ビジネスパーソ...
第95号 管理職を望む、働く...
第94号 パートナーには働い...
第93号  コインランドリー...
第92号 和民が介護事業を売...
第91号 マーケターの必要ス...
第90号 景気の良し悪しを判...
Weekly Focus 第...
第88号 ポータブルテレビが...
第87号 お盆はランドセルの...
第86号 スターバックスの成...
第85号 シニアのスマホ事情
第84号 シニアのスマホ事情
第83号 怪味って、どんな味...
第82号 日本版CCRCにつ...
第81号 男は自分の臭いに気...
第80号 爆買いの要因を探っ...
第79号 和民の再建計画に思...
第78号 客数と客単価は相関...
第77号 日本の酒消費は大酒...
第76号 「和民」大苦戦の要...
第75号 デフレ型ビジネスの...
第74号 まだまだ大きな需要...
第73号 ネット生命保険の危...
第72号 「大人の○○」の効...
第71号 ユニクロ脱価格戦略...
第70号 ABC-MARTの...
第69号 今年の新入社員のタ...
第68号 ネットで情報収集 ...
第67号 爆買!再びの予兆
第66号 爆買いの現状を分析...
第65号 20代30代の方が...
第64号 チェキのヒット要因...
第63号 若者たちの意識を統...
第62号 飲むときはガッツリ...
第61号 コスパを意識する若...
第60号 中古車を買わなくな...
第59号 先入観・固定観念か...
第58号 シニア世代の消費特...
第57号 若者に対する固定観...
第56号 シニア世代は肉食系...
第55号 家計調査を仮説設定...
第54号 ドンキホーテ好調の...
第53号 ドンキホーテ好調の...
第52号 妻の時間夫の時間 
第51号 セブンカフェに続け...
第50号 時代の流れに逆行し...
第49号 原田泳幸さんの言葉
第48号 ファストフードと肥...
第47号 フォルクスワーゲン...
第46号 男の共感を捉えた缶...
第45号 健康寿命の意味
第44号 女性は共感意識が高...
第43号 国際的に高齢者の就...
第42号  ロボット掃除機を...
第41号 家計の管理は結婚...
第40号 野菜摂取におけるニ...
第39号 データに基づくディ...
第38号 自動車業界は安泰?
第37号 クールビズの許容範...
第36号 20代のうちにして...
第35号 うなぎの価格推移
第34号 プチ贅沢!を考える
第33号 消費増税の影響を考...
第32号 50代の不思議な食...
第31号 マーケティングトッ...
第30号 ユニクロの価格戦略
第29号 amazonで中古...
第28号 4Kテレビは売れる...
第27号 朝食を考える
第26号 テーマパーク好調の...
第25号 エナジードリンクを...
第24号 ラグジャリー市場に...
第23号 レジャー観光を考え...
第22号 缶コーヒー飲用率低...
第21号 マクドナルドの復活...
第20号 ゴールデンウィーク...
第19号 既婚有職女性のニー...
第18号 今年の新入社員は自...
第17号 ファミリー消費が主...
第16号 50代男性の潜在ニ...
第15号 スマホ敬遠理由から...
第14号 掃除機市場を考える
第13号 マーケティングリサ...
第12号 コンビニコーヒーに...
第11号 差別化戦略を考える
第10号 外食好調と消費税に...
第9号 アベノミクスの成果?
第8号 バブル世代のライフス...
第7号 高齢化時代のマーケテ...
第6号 企業におけるデータ活...
第4号 ゾゾタウン新サービス...
第3号 プライベートブランド...
第2号 消費者の嗜好ビッグデ...
第1号 シニア世代の消費を考...

第8号 バブル世代のライフスタイル

  発行日:2014年01月17日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■バブル世代のライフスタイル/Weekly Focus 第8号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フォーカスマーケティングの蛭川速です。
先週Weekly発行を目指すとお話ししました。
何とか2014年2回目の発行をすることができました。
習慣化するまで頑張ろうと思います。

*このメールマガジンは、フォーカスマーケティングの蛭川速、
小出浩、桐畑慎司の3名が、これまでに名刺交換をさせて
いただいた方々、3名が講師を務めたセミナーにご参加
いただいた方々、ホームページで資料請求いただいた方々に、
1週間に1回程度お送りしています。

Weekly Focusでは、1週間の中での、マーケティングトピックスや
注目の統計データ、マーケティングコラムについて
フォーカスマーケティング独自の切り口で取り上げています。

ご迷惑な方は、お手数ですが以下URLより解除お願い致します。
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d050xos06nv46c7xo5UPy

***********************************************************************
目次
1.マーケティングトピックス【プレミアムビール市場を考える】
2.注目の統計データ【バブル世代のライフスタイル】
***********************************************************************

1.マーケティングトピックス
-----------------------------------------------------------------------------
プレミアムビール市場を考える
-----------------------------------------------------------------------------

キリンビールは2014年1月10日、6月に主力の「一番搾り」ブランドで
高級版を投入し、高級ビール市場に本格参入すると発表した。
ビール離れが進む中で、高級ビールは価格が高くとも味にこだわる
消費者の「プチぜいたく」志向を取り込み伸びている。
アサヒビールも「スーパードライ」の高級版「スーパードライドライ
プレミアム」を通年販売する計画。
業界推計では、13年の高級ビールの出荷量は前年比7%増の2900万
ケースで、14年はさらに伸びる見通し。背景にあるのは「プチぜい
たく」と「メリハリ消費」だ。
日本の1人当たりビール消費量は12年に年間43.5リットルで、07年
と比べ1割減った。
一方でハレの日や自宅でゆっくり楽しむ場合は量より質を求める傾向
が強まり、高価格の輸入ビールも人気が高まる。

(2014年1月11日日経新聞朝刊を編集)

-----------------------------------------------------------------------------
高級ビールという言い回しに若干の違和感がありますが、ヱビス
ビールやプレミアムモルツなどのプレミアムビールですね。

確かに私も普段は第三のビールや普通のビールを飲むことが多い
ですが、子供の誕生日や少し良いことがあった時などにかこつけて
プレミアムビールを飲むことがあります。
私などはあまり特定ブランドにこだわりがない顧客ですので、プレ
モルとヱビス以外に選択肢が広がり喜ばしいことだと感じますが、

業界全体としては、どのような効果があるのでしょうか。

-----------------------------------------------------------------------------
新商品が増えるので、市場が縮小することはないとして、以下2つの
展開が考えられます。

 1.プレミアム市場が拡大し、ビール消費量が増加する
 2.ビールや第三のビール、発泡酒からのシフトが起きるが、
   ビール消費量全体は変わらない

-----------------------------------------------------------------------------
1はどうでしょうか?ビール消費量が増加するには、

(1)ビールを飲む人が増える、
(2)飲んでいる人の頻度が高まる、

   のどちらかであると思います。

プレミアムビールの商品特性として、コクのある飲みごたえが共通
するところであるとすると、これまでビールを飲んでいなかった人
が、プレミアムビールのラインナップが増えたことによって、
ビールを飲みだすとは考えづらいと思います。

(2)も好景気で飲酒頻度は高まるかもしれませんが、プレミアム
が飲みたいがために飲酒量が増えるとは考えにくいと思います。

ただこれまで酎ハイやハイボールを飲んでいた人達のビール回帰の
効果はあるかもしれません。ただ飲む立場としては、ビールと
ハイボールは別物であり、プレミアムビールの種類が増えても、
その比率は変わらないような気がします。

-----------------------------------------------------------------------------
となると1の仮説の確率は低いように思います。


2はあり得る話です。これまでビールや発泡酒、第三ビールを
飲んでいた人が、お気に入りのブランドでエクステンションされた
プレミアムが出れば、買ってみようかと思いそうです。いつもは
「スーパードライ」ハレの日は「ヱビスビール」という人は
「スーパードライ ドライプレミアム」に移行する確率は高いと
思われます。

そう考えるとヱビスビールとプレミアムモルツに独占されていた
プレミアムに参入する意味合いが見えてくる気がします。

他社に流出するのを食い止めるために、同一ブランドの上位商品
でプレミアム市場に参入し、客単価上昇を目論むということでは
ないでしょうか。


***********************************************************************

2.注目の統計データ

-----------------------------------------------------------------------------
バブル世代のライフスタイル
-----------------------------------------------------------------------------

JTB総合研究所は2014年1月10日、「バブル世代のライフ
スタイルと旅行消費に関する調査」を発表しました。
-----------------------------------------------------------------------------
1959年〜1970年生まれの男女1651人にインターネットアンケート
調査を実施しました。実施期間は2013年11月13日〜18日です。
この中から気になった調査結果について記述してみます。


-----------------------------------------------------------------------------
買い物の情報源は、紙媒体とインターネットを使い分け
-----------------------------------------------------------------------------

男女とも「新聞の折込チラシ」が最も高く、男性45%、女性50%。

男性は次に「インターネット」が34%、「家族や友人のクチコミ」が
30%となっています。

女性は2位に「家族や友人のクチコミ」が50%、3位に「通販会社の
カタログ」35%がきて、4位でようやく「インターネット」32%
となります。

性差によるところもあるかと思いますが、男性は買い物の話やカタログ
などを見るよりも能動的にネットで検索するという購買行動があると
考えられます。
女性は買い物自体を楽しむことがあるため、カタログやクチコミと
いった情報源があるのだと思います。
折込チラシは受動的で、日頃の習慣として定着しているものと考えられ
ます。
かく言うバブル世代の私も休日前夜はユニクロや家電量販店、自動車
ディーラーなどのチラシを見て楽しんでいます。

こういった効果のある、アナログ的な媒体が上位に入っているのに
どこか安心してしまうのは私だけでしょうか。
ただ感覚的な話ですが、こうした情報収集をとる世代は、この世代
が最後のように思います。

世代の特徴を捉えた興味深いデータであると思います。

-----------------------------------------------------------------------------
今後5年ぐらいの間にお金をかけたいことは、旅行47%
-----------------------------------------------------------------------------

旅行に次いで多いのが「貯金」37%、「子供や孫の教育」37%、
「健康維持」28%と続きます。旅行は別として、自分のための
投資が意外と少ないと感じました。例えば「語学」は9%、
「仕事上のスキルアップ」は3%に過ぎません。
もう新たなスキルは不要である。と感じているのであると少し
寂しい感じがします。

更に「家具や電化製品」は17%、「新築リフォーム」は15%、
「服飾、ファッション」は13%しかありません。既にモノが
充実していることなのかもしれません。旅行以外の消費欲が
意外と低いと感じました。

残念ながら他の世代との比較はされていないので、世代の特徴
かどうか、今後探索していきたいと思います。

http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d050yos06nv46c7xo5u0q

***********************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございます。


-------------------------------------------------------------------------------
「マーケティングに役立つ統計の読み方」書籍のご案内
-------------------------------------------------------------------------------

ビッグデータ時代の到来によって誰でも簡単にマーケティング
データにアクセスすることが可能になりました。これまでの
リサーチデータと違いサンプル数が膨大で、信頼性の高いものです。
ただデータの捉え方を間違えるとせっかくの貴重なデータも
宝の持ち腐れとなりかねません。
本書では統計に馴染が浅い方でもマーケティングデータを活用
できるように平易に解説しています。
特に定量データを活用してマーケティング仮説を構築するプロセス
について5つのステップを提示しています。
ご興味ある方は是非ご購入を!
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d050zos06nv46c7xo5mTh

***********************************************************************
ご意見、お問い合わせお待ちしています。
info@focusmarketing.co.jp
フェイスブックでも、ご意見お受けいたします。
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0500os06nv46c7xp5STa

***********************************************************************
☆ 発行責任者:蛭川速
☆ 問い合わせ:info@focusmarketing.co.jp
☆ フォーカスマーケティング:http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0501os06nv46c7xp5ERf
☆ BtoBマーケティングonlineセミナー
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0502os06nv46c7xp5Zfq


(バックナンバー更新 2014年01月17日09時28分)