バックナンバー

  Marketing Topics http://www.focusmarketing.co.jp/

□ 最新号

  Marketing Topic...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

      My Yahoo!に追加

□ これまでの発行号

  Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus  ...
Weekly focus マ...
Weekly focus  ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
第107号 健康ニーズとRI...
第106号 自分のニオイ他人...
第105号 オタク市場を概観...
第104号 スポーツやってい...
第103号 ロボットがヒトに...
第102号 今週より再開いた...
第101号 仕事は段取りと運...
第100号 2016年もよろ...
第99号 今年もお世話になり...
第98号 アマゾンプライム加...
第97号 吉野屋の集客プロモ...
第96号 若手ビジネスパーソ...
第95号 管理職を望む、働く...
第94号 パートナーには働い...
第93号  コインランドリー...
第92号 和民が介護事業を売...
第91号 マーケターの必要ス...
第90号 景気の良し悪しを判...
Weekly Focus 第...
第88号 ポータブルテレビが...
第87号 お盆はランドセルの...
第86号 スターバックスの成...
第85号 シニアのスマホ事情
第84号 シニアのスマホ事情
第83号 怪味って、どんな味...
第82号 日本版CCRCにつ...
第81号 男は自分の臭いに気...
第80号 爆買いの要因を探っ...
第79号 和民の再建計画に思...
第78号 客数と客単価は相関...
第77号 日本の酒消費は大酒...
第76号 「和民」大苦戦の要...
第75号 デフレ型ビジネスの...
第74号 まだまだ大きな需要...
第73号 ネット生命保険の危...
第72号 「大人の○○」の効...
第71号 ユニクロ脱価格戦略...
第70号 ABC-MARTの...
第69号 今年の新入社員のタ...
第68号 ネットで情報収集 ...
第67号 爆買!再びの予兆
第66号 爆買いの現状を分析...
第65号 20代30代の方が...
第64号 チェキのヒット要因...
第63号 若者たちの意識を統...
第62号 飲むときはガッツリ...
第61号 コスパを意識する若...
第60号 中古車を買わなくな...
第59号 先入観・固定観念か...
第58号 シニア世代の消費特...
第57号 若者に対する固定観...
第56号 シニア世代は肉食系...
第55号 家計調査を仮説設定...
第54号 ドンキホーテ好調の...
第53号 ドンキホーテ好調の...
第52号 妻の時間夫の時間 
第51号 セブンカフェに続け...
第50号 時代の流れに逆行し...
第49号 原田泳幸さんの言葉
第48号 ファストフードと肥...
第47号 フォルクスワーゲン...
第46号 男の共感を捉えた缶...
第45号 健康寿命の意味
第44号 女性は共感意識が高...
第43号 国際的に高齢者の就...
第42号  ロボット掃除機を...
第41号 家計の管理は結婚...
第40号 野菜摂取におけるニ...
第39号 データに基づくディ...
第38号 自動車業界は安泰?
第37号 クールビズの許容範...
第36号 20代のうちにして...
第35号 うなぎの価格推移
第34号 プチ贅沢!を考える
第33号 消費増税の影響を考...
第32号 50代の不思議な食...
第31号 マーケティングトッ...
第30号 ユニクロの価格戦略
第29号 amazonで中古...
第28号 4Kテレビは売れる...
第27号 朝食を考える
第26号 テーマパーク好調の...
第25号 エナジードリンクを...
第24号 ラグジャリー市場に...
第23号 レジャー観光を考え...
第22号 缶コーヒー飲用率低...
第21号 マクドナルドの復活...
第20号 ゴールデンウィーク...
第19号 既婚有職女性のニー...
第18号 今年の新入社員は自...
第17号 ファミリー消費が主...
第16号 50代男性の潜在ニ...
第15号 スマホ敬遠理由から...
第14号 掃除機市場を考える
第13号 マーケティングリサ...
第12号 コンビニコーヒーに...
第11号 差別化戦略を考える
第10号 外食好調と消費税に...
第9号 アベノミクスの成果?
第8号 バブル世代のライフス...
第7号 高齢化時代のマーケテ...
第6号 企業におけるデータ活...
第4号 ゾゾタウン新サービス...
第3号 プライベートブランド...
第2号 消費者の嗜好ビッグデ...
第1号 シニア世代の消費を考...

Marketing Topics マーケティングに関する情報を発信中!

  発行日:2017年04月28日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 Marketing Topics 第4号 ゴールデンウィークの旅行者は増えるか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こんにちは、フォーカスマーケティングの蛭川です。

新入社員の入社など新たな職場環境となった4月も、
本日含めあと1日となりました。

プレミアムフライデーもなかなか定着しそうにありませんが、
明日からは待望のゴールデンウィークです。

皆さまはお出かけの予定ありますか?
時間の自由が効く私は、時差休みを取ろうともくろんでおります。

少し間隔があいてしまいましたが、マーケティングトピックス第4号
お送りしたいと思います。


----------------------------------------------------------------------------

 ゴールデンウィークの旅行者数は増えるか?

----------------------------------------------------------------------------

航空各社が、ゴールデンウィークの予約状況を発表しました。
国際線の予約者数は前年同期比7.1%増の約60万8千人でした。
カレンダーの良さから長距離線の好調ぶりが目立つようです。
国内線は11.1%増の269万9千人でLCCの割安な航空券が
需要を押し上げているようです。

JTBが毎年実施しているゴールデンウィークの旅行動向
によると昨年GWに旅行した人は2400万人と右肩上がりです。

*以下サイトでグラフを掲載していますのでご確認ください。
https://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/g0qk54s06srjxnomv3qPv

旅行者数はいろいろな要素によって変動しますが、
一つにはカレンダーの並びの良さが挙げられます。
過去20年のGWの旅行者数データの中で
前年増加率が高い3年と
前年減少率が高い3年を比較すると
カレンダーの並びの良さが影響していることが分かります。

【前年より増加】
2013年前半3日、後半4連休
2012年前半3日、後半4連休
2004年前半1日、後半5連休

【前年より減少】
2011年飛び石、3日、後半3日
2008年飛び石、後半4日
2003年飛び石、後半3日

今年2017年は前年より増加しているカレンダーに近く、
旅行に行きやすい傾向であると言えます。

また消費者意識にも大きく影響を受けます。
内閣府の実施する消費者態度指数では前年増加率が高い3年は
40ポイント台であり、
前年減少率が高い3年は40ポイント台となっています。

2016年11月41.1
2016年12月43.0
2017年 1月43.1
2017年 2月43.2
2017年 3月43.9

昨年の12月からは上昇傾向が続いており、消費者意識の面からも
今年のゴールデンウィークは旅行へ出かける人が増えるのではないかと
考えられます。


----------------------------------------------------------------------------

 ロボットによる業務変革

----------------------------------------------------------------------------

ペッパーやハウステンボスのホテルの受付に代表されるように、
最近働くロボットに注目が集まっています。
国際ロボット連盟(IFR)によると世界で稼働する
産業用ロボットの総台数は、2019年末には約260万台に
膨らむと予想しています。

じきに自分の仕事がロボットに代替されてしまうと
心配してしまいますが、
ロボットは人の雇用を奪う半面、
導入した企業の生産性を高める効果が期待できると
言われています。

マッキンゼー・アンド・カンパニーは、ロボットの活用が
進めば世界全体の労働生産性を年間0.8%から1.4%高める
ことが可能になると分析しています。

日経新聞のサイトに業種職業別のシミュレーション
できるサイトがあります。

これによると

● 広告・宣伝部長, 営業部長, 広報部長の
業務のうち、ロボットで代替できるものは全体の17.9%としています。

● 営業担当者(卸売・製造業)の技術営業, 工業製品セールスは34.2%

● 小売販売員のレジ係, 小売店販売員は48.4%

● 医療診断・治療実践者の医師, 看護師, 薬剤師は29.2%

● 弁護士、判事、関連従事者は21.7%

と予測しています。

知識集約型だから特別に低いという訳ではなく、
どの職業もかなりの比率で
ロボットで代替できる業務があることが分かります。

大事なのは人の業務としてどのように付加価値を
高めていくかを考えていくことだと思います。

ご興味ある方はサイトでシミュレーションしてみてください。
https://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/g0qk64s06srjxnomv3x4a




----------------------------------------------------------------------------

 共働き市場について考える

----------------------------------------------------------------------------

2017/4/22付日本経済新聞 朝刊に、共働き世帯の新たな市場についての
記述がありました。
時間節約消費や、まとめ買いなどに関連する市場が60兆円を超えるとのことです。

記事には、夫婦ともにフルタイムで働くパワーカップルの新たな市場として、
家事代行サービスやコインランドリー、外食や調理食品、
大型の冷蔵庫や洗濯機などがあるとしています。職業意識が変わり、
生活意識が変化することによる新たなビジネスチャンスが広がると感じています。

私の自宅にも家事代行の折込チラシがポスティングされていました。
既婚女性の就業率が高まることによって、いろいろなサービスが創出されると思いました。



★ セミナー情報
---------------------------------------------------------------------------

 『データ根拠のあるマーケティング仮説の立て方』
     マーケティング研究協会 主催

---------------------------------------------------------------------------

6月6日(火) 10:30〜17:30

あなたは「エビデンス」と「アクション」が見える仮説を持てていますか?

データが増えても仮説の質が高まらないのはなぜか?「思いつき」と何が違うのか?

個人差が出やすいこの分野で、明解で実践的な思考のプロセスを伝授します!


講師:蛭川速

詳細はHPをご覧ください。
https://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/g0qk74s06srjxnomv3wbX



----------------------------------------------------------------------------

 『データ分析力養成講座』 宣伝会議 主催

----------------------------------------------------------------------------

東京教室  :  7月21日(金) 10:00〜17:20

統計的な知識がなくてもできるデータの読み方と

分析を通して「戦略の糸口を掴む力」を身に付けることができます。



講師:蛭川速

詳細はHPをご覧ください。
https://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/g0qk84s06srjxnomv3IHu

-----------------------------------------------------------------------------


Marketing Topics  はマーケティングに関わる環境変化要因を中心として

注目商品や顧客層、優良企業の動向などについて、独自の視点で考察を

加えた情報を提供するメールマガジンです。


フォーカスマーケティングの蛭川速、パートナーと名刺交換をいただいた方、

弊社ホームページで資料請求された方々にお送りしています。



メールマガジンの送信をご迷惑に感じる方は、
お手数ですが以下URLより解除お願い致します。
https://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/g0qk94s06srjxnomv3Hp9



**************************************************************************************
☆ 発行責任者:蛭川速
☆ 問い合わせ:info@focusmarketing.co.jp