バックナンバー

  ミシマ社メルマガ http://www.mishimasha.com

□ 最新号

  ミシマ社メルマガ第322号 福...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  ミシマ社メルマガ第322号 ...
ミシマ社メルマガ第321号 ...
ミシマ社メルマガ第320号 ...
ミシマ社メルマガ第319号 ...
ミシマ社メルマガ第 318号...
ミシマ社メルマガ第317号 ...
ミシマ社メルマガ第 316号...
ミシマ社メルマガ第315号 ...
ミシマ社メルマガ第314号 ...
ミシマ社メルマガ第313号 ...
ミシマ社メルマガ第 312号...
ミシマ社メルマガ第311号 ...
ミシマ社メルマガ第 310号...
ミシマ社メルマガ第 309号...
ミシマ社メルマガ第308号 ...
ミシマ社メルマガ第307号 ...
ミシマ社メルマガ第306号 ...
ミシマ社メルマガ第305号 ...
ミシマ社メルマガ第304号 ...
ミシマ社メルマガ第304号 ...
ミシマ社メルマガ第302号 ...
ミシマ社メルマガ第301号 ...
ミシマ社メルマガ第300号 ...
ミシマ社メルマガ第299号 ...
ミシマ社メルマガ第298号 ...
ミシマ社メルマガ第297号 ...
ミシマ社メルマガ第296号 ...
ミシマ社メルマガ第295号 ...
ミシマ社メルマガ第294号 ...
ミシマ社メルマガ第293号 ...
ミシマ社メルマガ第292号 ...
ミシマ社メルマガ第291号 ...

他のバックナンバー

ミシマ社メルマガ第311号 東京の展示3つお知らせ号

  発行日:2019年08月16日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
ミシマ社メルマガ第 311号 東京の展示3つお知らせ号
自由が丘と京都の出版社 http://www.mishimasha.com
ミシマ社のウェブ雑誌「みんなのミシマガジン」http://www.mishimaga.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。京都オフィスの新居です。8月に東京で開催する展示のおしらせです。いずれも想いを込めてつくりました。夏の終わりにぜひ足をお運びください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】<本としあわせしりとり展>
益田ミリ×山陽堂

2019年8月20日(火)ー9月6日(金)*最終日は17時まで
場所:山陽堂書店
平日11時ー19時(土曜11時ー17時、日曜定休)

エッセイ集『しあわせしりとり』の刊行を記念して、著者の益田ミリさんと山陽堂書店さんによるコラボ展示を開催します。
益田ミリさんの言葉や、山陽堂書店セレクトの本、いろいろなものがしりとりで繋がっていくここだけの特別展です。

詳細ページはこちら→
https://mishimasha.com/mishinews/shiawase-shiritori/001629.html

*ミシマ社より刊行の益田ミリさん書籍をお買い上げのみなさまには、展示会場限定の特典も!

●アクセス
山陽堂書店
東京港区北青山3-5-22 
→東京メトロ表参道駅(銀座線、千代田線、半蔵門線)A3出口から徒歩30秒

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【2】<ちいさいミシマ社展>

2019年8月21日(水)ー10月14日(月・祝)
場所:スーベニアフロムトーキョー(国立新美術館 地下1階 ミュージアムショップ)
開館時間:10時ー18時(金・土曜日は20時まで)
定休:火曜日(祝日または休日に当たる場合は開館し、翌日休館)
※ミュージアムショップへの入場は無料

小さな総合出版社・ミシマ社の「一冊入魂」の本づくりの世界!
一冊一冊の本がどのようにして生み出されたのか、制作資料や編集メモとともにご紹介します。色校正や装丁ラフ、編集者による手書きメモなど、普段は表に出ることのない資料も展示。一冊の本ができるまでを体感ください。

●アクセス
国立新美術館
東京都港区六本木7-22-2
→東京メトロ千代田線乃木坂駅 青山霊園方面改札6 出口(美術館直結)


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
二つの展示の準備をしている仕掛け屋・ハセガワからひとこと

「本としあわせしりとり」展では、益田ミリさんの本の中の文章やキャラクターたちのセリフで、しりとりをつないでゆくコーナーがあります。展示用のパネルを作りながら、様々な作品を読み返して改めて、そのことばの美しさやあたたかさにじーんとしました。ミリさんワールドを楽しんでいただくのはもちろん、本っていいな、ことばの力ってすごいな、そういうこともお客さんに伝わったらいいなと思います。

ミシマ社の本作りの一端をご紹介する「ちいさいミシマ社展」の準備は、まずは色校(本のカバーや表紙の色味をチェックするための試作)などの制作資料を押入れから引っ張り出すところからはじまりました。 代表・ミシマに話を聞きながら資料をまとめている中で、同じ会社で働いている私でさえもはじめて知る、編集やデザインの細かなこだわりや工夫、試行錯誤がたくさんあり、純粋に本作りのおもしろさを感じました。お客さんにもぜひ、このわくわくを体感してもらえたらうれしいです。

ふたつの会場は、電車移動でだいたい15分くらいの距離。ぜひはしごして、遊びに来てください!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【3】<『ランベルマイユコーヒー店』原画展>

開催中 ー9月8日(日)まで
場所:ナディッフ・モダン(渋谷・Bunkamura B1 ミュージアムショップ)
営業時間:日ー木は10時ー20時(金・土は10時ー21時)
コーヒーとともに日々を刻む、すべての人たちへ。京都の老舗喫茶店「六曜社」のマスター、オクノ修さんの名曲に触発され、画家のnakabanさんが10年以上温め続けた絵本『ランベルマイユコーヒー店』がついに誕生。その刊行を記念して、nakabanさんによる本作の原画を展示いたします。
 
*最終日にはトークイベントも開催!(※要予約)*
<nakabanさん×甲斐みのりさん×横須賀拓さん ギャラリートーク>

画家のnakabanさん、装丁担当の横須賀拓さん、ゲストに文筆家の甲斐みのりさんを迎えてのギャラリートーク。本書の原点でもある、京都の六曜社さんやマスターのオクノさんともそれぞれゆかりのあるお三方に、本作のこと、コーヒーや喫茶店の思い出など、自由に語り合っていただきます。
 
【日時】9月8日(日)19:00ー20:30
【場所】Bunkamura地下1階 ドゥ マゴ パリ テラス
 
イベント詳細・お申込みはこちらから
http://www.nadiff.com/?p=14845

●アクセス
ナディッフ・モダン〈Bunkamura ブックショップ〉
東京都渋谷区道玄坂2-24-1 BunkamuraB1
JR山手線「渋谷駅」ハチ公口より、徒歩7分

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

◎ウェブ雑誌「みんなのミシマガジン」は、
ご一緒に運営してくださるサポーターを募集しています!
http://www.mishimaga.com/supporter/

◎ミシマ社の本が直接ご購入いただけるウェブショップが使いやすくなりました
https://mishimasha-books.shop

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

◎イベント、新刊情報など更新中!

Facebook https://www.facebook.com/mishimasha
Twitter https://twitter.com/mishimasha
Instagram https://www.instagram.com/mishimasha_books/

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

今後とも末永くミシマ社をよろしくお願い申し上げます。

株式会社ミシマ社
〒152-0035 
目黒区自由が丘2-6-13(自由が丘オフィス)
〒602-0861
京都市上京区新烏丸頭町164-3(京都オフィス)