バックナンバー

  ミシマ社メルマガ http://www.mishimasha.com

□ 最新号

  森田真生さん京都ブックトーク ...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  森田真生さん京都ブックトーク...
第323号 『モヤモヤの正体...
ミシマ社メルマガ第322号 ...
ミシマ社メルマガ第321号 ...
ミシマ社メルマガ第320号 ...
ミシマ社メルマガ第319号 ...
ミシマ社メルマガ第 318号...
ミシマ社メルマガ第317号 ...
ミシマ社メルマガ第 316号...
ミシマ社メルマガ第315号 ...
ミシマ社メルマガ第314号 ...
ミシマ社メルマガ第313号 ...
ミシマ社メルマガ第 312号...
ミシマ社メルマガ第311号 ...
ミシマ社メルマガ第 310号...
ミシマ社メルマガ第 309号...
ミシマ社メルマガ第308号 ...
ミシマ社メルマガ第307号 ...
ミシマ社メルマガ第306号 ...
ミシマ社メルマガ第305号 ...
ミシマ社メルマガ第304号 ...
ミシマ社メルマガ第304号 ...
ミシマ社メルマガ第302号 ...
ミシマ社メルマガ第301号 ...
ミシマ社メルマガ第300号 ...
ミシマ社メルマガ第299号 ...
ミシマ社メルマガ第298号 ...
ミシマ社メルマガ第297号 ...

他のバックナンバー

ミシマ社メルマガ第307号 『ホホホ座の反省文』発刊お知らせ号

  発行日:2019年06月21日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
ミシマ社メルマガ第307号 『ホホホ座の反省文』発刊お知らせ号
自由が丘と京都の出版社 http://www.mishimasha.com
ミシマ社のウェブ雑誌「みんなのミシマガジン」http://www.mishimaga.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんばんは。京都オフィスの田渕です。
本日、5年がかりでできた『ホホホ座の反省文』が発刊しました!
作詞家の松本隆さんも紹介してくださった本書。
ああ、僕も(私も)大丈夫かも。なんだかやっていけるかも、と勇気をもらえる一冊です。
最後の部分に怒涛のクライマックスがあるので、ぜひそこも楽しんでいただけたら嬉しいです!

━━━━━━━━━━━━━━━━━
★『ホホホ座の反省文』★(6月20日発刊)
山下賢二、松本伸哉(著) 1,800円+税
装丁:中林信晃・安本須美枝(TONE Inc./ホホホ座金沢)
http://mishimasha.com/books/hohohozanohanseibun.html

「ていねいな暮らし」「セレクトショップ」「夢を持とう!」
そういうものに疲れてしまったすべての人へ。

2015年4月、京都・左京区に「ホホホ座」浄土寺店が開店。
その後、全国に10店の「ホホホ座」が誕生。
それらは支店でも、フランチャイズでも、のれん分けでもない。
店名を共有しているだけで、全く別の店…。
その関係性の不思議さと店が「続く」謎を、二人の半生を通して探った、反省の書。

<著者プロフィール>
山下賢二(やました・けんじ)
1972年、京都生まれ。2004年に「ガケ書房」を開店。2015年4月1日、「ガケ書房」を移転・改名し「ホホホ座」を開店。著書に『ガケ書房の頃』(夏葉社)、編著として『わたしがカフェをはじめた日。』(小学館)、絵本に『やましたくんはしゃべらない』(中田いくみ・絵、岩崎書店)などがある。

松本伸哉(まつもと・しんや)
1967年、京都生まれ。90年代後半よりレコード屋「MENSOUL RECORDS」を10年間経営。その後、映画のバイヤー、制作などをしつつ2011年、古本、雑貨の店「コトバヨネット」を開店、2015年よりホホホ座。ホホホ座2階、1階奥ギャラリー、浄土寺センターの店主。

------------------------------------------------
<編集担当からひとこと>
2015年4月に京都・左京区に「ホホホ座浄土寺店」が開店しました。その店主を勤めるのが、今回の本の著者、山下賢二さんと松本伸哉さんです。浄土寺店のオープンを皮切りに、ホホホ座はその後尾道に、大阪・交野市に、今治に、大阪・西田辺に、金沢に・・・ぽつりぽつりとひろがっていきました。そして2020年には宮古島に「ホホホ座」ができる予定です。
へ〜ホホホ座ってチェーン店だったの。
そんな声が聞こえてくるのが普通ですが、違います。この日本各地に点在する「ホホホ座」それぞれの店舗は、支店でも、フランチャイズでも、のれん分けでもありません。曰く、ただ店名を共有しているだけ。
この関係性の不思議さと、店が「続く」謎を、たっぷり語っていただきました。個人店やちいさい会社で働くすべての人に読んでほしい一冊です。なぜならこの本は、成功した人たちの語りからはこぼれおちてしまう「真実」や「リアルな思い」、そういうものが文章から滲み出ているのです。笑いながら読み進めていったら、「コレ意外に役立つな・・・」そんな本です。

本の内容をつらつらと書きましたが、本を作り終えてみると、不思議なことに私も「反省文」を書きたくなってきました。あ〜やっちまったな。あれってダメだったんじゃないかな、いやでもさー。あのときはあれがベストだったと思うけど、でも・・・。仕事で、家庭で、日々絶えることのない逡巡を400字詰めの原稿用紙に向かって吐露したくなってきました。

本を読みながらじわじわこみ上げてくるおかしみを味わい、読み終えたあとに自分自身の反省ごとに思いを馳せる・・・本を読むことの楽しさを実感できる一冊です。
(編集チーム・野崎敬乃)


<ミシマガジン上でも『ホホホ座の反省文』発刊記念特集を掲載しています!>
『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(1)
https://www.mishimaga.com/books/tokushu/001281.html

『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(2)
https://www.mishimaga.com/books/tokushu/001282.html

本日、『ホホホ座の反省文』発売日です!
https://www.mishimaga.com/books/tokushu/001303.html

松本隆さんも、本書を紹介!
https://twitter.com/takashi_mtmt/status/1141911581032210432


<『ホホホ座の反省文』発刊記念イベントもぞくぞく!>
https://mishimasha.com/mishinews/hohohozanohanseibun/001598.html


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ウェブ雑誌「みんなのミシマガジン」は、
ご一緒に運営してくださるサポーターを募集しています!
http://www.mishimaga.com/supporter/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
イベント、新刊情報など更新中!
Facebook https://www.facebook.com/mishimasha
Twitter https://twitter.com/mishimasha
Instagram https://www.instagram.com/mishimasha_books/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今後とも末永くミシマ社をよろしくお願い申し上げます。

株式会社ミシマ社
〒152-0035 
目黒区自由が丘2-6-13(自由が丘オフィス)
〒602-0861
京都市上京区新烏丸頭町164-3(京都オフィス)