バックナンバー

  ミシマ社メルマガ http://www.mishimasha.com

□ 最新号

  ミシマ社メルマガ第322号 福...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  ミシマ社メルマガ第322号 ...
ミシマ社メルマガ第321号 ...
ミシマ社メルマガ第320号 ...
ミシマ社メルマガ第319号 ...
ミシマ社メルマガ第 318号...
ミシマ社メルマガ第317号 ...
ミシマ社メルマガ第 316号...
ミシマ社メルマガ第315号 ...
ミシマ社メルマガ第314号 ...
ミシマ社メルマガ第313号 ...
ミシマ社メルマガ第 312号...
ミシマ社メルマガ第311号 ...
ミシマ社メルマガ第 310号...
ミシマ社メルマガ第 309号...
ミシマ社メルマガ第308号 ...
ミシマ社メルマガ第307号 ...
ミシマ社メルマガ第306号 ...
ミシマ社メルマガ第305号 ...
ミシマ社メルマガ第304号 ...
ミシマ社メルマガ第304号 ...
ミシマ社メルマガ第302号 ...
ミシマ社メルマガ第301号 ...
ミシマ社メルマガ第300号 ...
ミシマ社メルマガ第299号 ...
ミシマ社メルマガ第298号 ...
ミシマ社メルマガ第297号 ...
ミシマ社メルマガ第296号 ...
ミシマ社メルマガ第295号 ...
ミシマ社メルマガ第294号 ...
ミシマ社メルマガ第293号 ...
ミシマ社メルマガ第292号 ...
ミシマ社メルマガ第291号 ...

他のバックナンバー

ミシマ社メルマガ第306号 『すごい論語』発刊お知らせ号

  発行日:2019年05月25日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
--------------------------------------------◇2019年5月25日発行
ミシマ社メルマガ第306号 『すごい論語』発刊お知らせ号
自由が丘と京都の出版社 http://www.mishimasha.com
ミシマ社のウェブ雑誌「みんなのミシマガジン」http://www.mishimaga.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。自由が丘オフィスの岡田森です。
皆様、今月のNHK「100分de名著」、ご覧になっていますか?
平家物語を安田登先生の解説&朗読で読んでいくのですが、これが滅法面白い。
「平家物語、こんなに面白かったのか!」と驚きの連続です。
さて、そんな安田先生の新刊、『すごい論語』が本日発売です。
論語、すごい! と叫びたくなる1冊です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
★『すごい論語』★(5月25日発刊)
安田登(著) 1,800円+税
装丁:尾原史和(BOOTLEG)
http://mishimasha.com/books/sugoirongo.html

いとうせいこう(音楽)、釈徹宗(宗教)、ドミニク・チェン(テクノロジー)、
各分野で活躍する「すごい」人に『論語』を投げかけると――
2500年前を凌ぐ「すごい論語」が現れた!

「すごい論語」に問いを投げかけると――
・『論語』は「樂」を重視する
  ――人の命や国の命運を左右するほどの力が「樂」にはある。
・古典芸能には「片足」が多出する
  ――欠落をもつ者だけが君子になれる。
・人間関係に熟達するには?
  ――先祖(死者)とのコミュニケーションを活用すべし。
・日常的なイライラをおさめるには?
  ――「わからないもの」に自分を合わせる力を養うべし。
・「仁」とは?
  ――まったく新しい人間、ヒューマン2.0である。…etc.
大変化の時代を生きる知恵が次々と湧き上がる!


<著者プロフィール>
安田登(やすだ・のぼる)
1956年千葉県銚子市生まれ。能楽師のワキ方として活躍するかたわら、甲骨文字、シュメール語、論語、聖書、短歌、俳句等々、古今東西の「身体知」を駆使し、さまざまな活動を行う。著書に『あわいの力〜「心の時代」の次を生きる』、コーヒーと一冊『イナンナの冥界下り』(以上、ミシマ社)、『異界を旅する能〜ワキという存在』(ちくま文庫)、『能〜650年続いた仕掛けとは』(新潮新書)、『身体感覚で「論語」を読みなおす。〜古代中国の文字から』(新潮文庫)など多数。


------------------------------------------------
<編集担当からひとこと>
本書を編集する過程で、たびたび、安田登さんをはじめ、登場する皆さんの知量に圧倒されました。と同時に、皆さんの、まだまだ話し足りない、書き足りない、という情熱に触れて、知というのは、本来、すごく自由で楽しいものなんだと、痛感しました。『論語』をめぐる対話から、そんな自由と楽しさを感じて頂けたら嬉しいです。
(星野)


<ミシマガジン上でプロローグが読めます!>
『すごい論語』プロローグ(前半)
https://www.mishimaga.com/books/tokushu/001165.html

『すごい論語』プロローグ(後半)
https://www.mishimaga.com/books/tokushu/001166.html


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ウェブ雑誌「みんなのミシマガジン」は、
ご一緒に運営してくださるサポーターを募集しています!
http://www.mishimaga.com/supporter/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
イベント、新刊情報など更新中!
Facebook https://www.facebook.com/mishimasha
Twitter https://twitter.com/mishimasha
Instagram https://www.instagram.com/mishimasha_books/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今後とも末永くミシマ社をよろしくお願い申し上げます。

株式会社ミシマ社
〒152-0035 
目黒区自由が丘2-6-13(自由が丘オフィス)
〒602-0861
京都市上京区新烏丸頭町164-3(京都オフィス)