バックナンバー

  がんばれスポーツショップ。業績向上のツボ! http://

□ 最新号

  【がんばれスポーツショップ】コ...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...

他のバックナンバー

【がんばれスポーツショップ】ピンチとチャンス

  発行日:2020年03月11日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
--------------------------------------------------------------------
このメールは、過去にワン・トゥー・ワンコンサルティング梅本泰則主催の
セミナー等に参加してくださった方、コンサルティングを受けられた方、
お問い合わせをいただいた方、名刺交換をさせていただいた方など
『大切な方』にお送りしています。
---------------------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!


     2020年3月11日発行         第681号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


●今日のテーマ:ピンチとチャンス


こんにちは。

ワン・トゥー・ワンコンサルティングの梅本泰則です。
http://www.121con.jp/

当メールマガジン、

「がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ」は、

スポーツショップの皆様の業績が、より向上することを願って

書かれたものです。

きっとこのメルマガの中には、あなたのお店がかかえている

問題を解決するヒントが隠されていると思います。

どうか気楽にお読みください。

----------------------------------------------------
 スポーツ店専門コンサルタントのページはこちら
   http://www.121con.jp/
----------------------------------------------------

3月はスポーツショップにとって

1年で一番忙しい時期です。

そんな時期に新型コロナ。

お店は大変でしょう。

これは、ピンチといっても良いですが

逆にチャンスと捉えることもできます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■       ピンチとチャンス         ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1.ピンチはチャンス



新型コロナウイルスの猛威は衰えることを知りません。

その影響で、学校が休校になってしまいました。

町のスポーツショップにとっては痛いですね。

少なからず影響が出ることは、免れません。


しかし、こんな風に言われます。

「ピンチはチャンス」

これはスポーツの世界でもよく言われることです。

なぜかピンチの後にはチャンスがやってくるケースが

多いからでしょう。


また、

「チャンスはピンチの顔をしてやってくる」

という言葉もあります。

これは私の好きな言葉でもあります。

ピンチとチャンスは同じ時期に現れるということでしょう。

実際に私はそんな経験を何度もしています。

人生のピンチや仕事のピンチのあとに、

チャンスがやってくることがよくあるのです。


そして、こんな言葉もあります。

「チャンスの神様には前髪しかない」

チャンスは通り過ぎる前に気が付いて捕まえろ

ということでしょう。

前の二つの言葉から考えると、

ピンチが来た時にこそチャンスが隠れているので

見逃してはいけないということです。


これらの言葉が言わんとしていることは、

要は、モノの見方、とらえかたの問題だということでしょう。

実は、

このことは、以前にお話をしました「SWOT分析」にも

同じようなことが言えます。


「SWOT分析」の「O」と「T」は、

「機会」と「脅威」です。

市場で起こっていることを、

「機会」ととらえるか「脅威」ととらえるか、

見方によってはどちらともとらえられます。



2.機会と脅威



例えば「少子化」の問題です。

「少子化」は、スポーツショップにとって、

「脅威」とも言えますが「機会」とも言えます。

どういうことかと言いますと、

少子化によって今までの客層が少なくなっていくので

客数が減ってしまうということが「脅威」です。


一方、見方を変えれば、

減っていくと考えられる客層に対して

今まで以上に客単価を上げたり、

リピート購買を増やしたりする方法を考えられる

「機会」だとも言えます。


また例えば

「流通政策の変化」ということも、市場の流れです。

メーカーさんの力が強くなって、

問屋さんの影響力が弱くなっていることが

流通政策の変化をもたらしています。


このことにより、

メーカーさんや問屋さんからのサポートを

今までのように受けられなくなると考えれば

これはスポーツショップにとって「脅威」です。


一方、全国横並びのスポーツショップから脱皮する

「機会」がきたと考えることもできます。

今こそ本当の経営力を身につけたり、

自らの手で商品開発をしたり、

新業態のお店を展開したりする絶好機でもあるのです。


このように、起こっていることは、

一方では「脅威」とも考えられますし

逆に「機会」だとも考えられます。


「ピンチ」と「チャンス」も同じなのです。

ですから、

今回の新型コロナから受ける影響についても、

そのように捉えることが出来るのではないでしょうか。



3.新型コロナのチャンス



あなたが、この問題をピンチと考えれば、

来店客が減ってしまって大変だとか、

売上が減れば運転資金も乏しくなるので、

銀行へ融資のお願いに行かなければならないとか、

いろいろ思ってしまいます。


もちろん、その心配もよく分かりますし、

そのための手を打つことも必要です。

しかし、その一方で

そのピンチをチャンスに変える方法も

考えられてはいかがでしょう。


例えば

得意先の学校や部活の先生に、

休校で何か不便なことやお困りごとはないか

聞いて回ります。

この機会に、今まで以上学校や先生と親しくなれれば、

それがチャンスです。

今まで取引の無かった学校にだって、

お店の紹介がてら顔を出すこともできるのではないでしょうか。


また、来店客が減るのであれば、

ネットを使ったお客様へのアプローチが

精一杯出来るチャンスです。

うまく行けば、お店のファンを増やすことが出来ます。


いずれにしても、この機会をとらえて、

従業員の皆さんで有効な手を考えてみましょう。


さらに言えば、お店の運営にとっても

「チャンス」とすることが出来るはずです。

例えば、

この機会に今年の事業計画を見直すことが出来ます。

休校によって落ち込むであろう売上を、

どの時期にどうやって巻き返してカバーをするかを

考える機会です。


また、この機会に

業務内容をじっくりを見直してみてはいかがでしょう。

仕事の配分や時間の使い方など、

皆さんで意見を出し合って改善するチャンスです。


そして、

このコロナウイルスがもたらすピンチを、

社員全員が結束するチャンスにされてはいかがでしょう。

ピンチはチャンスを連れてくるのですから、

そのチャンスを見逃してはいけません。




■今日のツボ■


・ものの見方によって、ピンチをチャンスと考えることが出来る。

・SWOT分析の「機会」と「脅威」も同じことが言える。

・今回のピンチは事業計画や業務内容を見直すチャンスである。





■編集後記■


いかがでしたか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



そうは言っても、という声も聞こえてきます。

それでも、今起きている大変な事態に対して前向きに、

知恵を出して頑張りましょう。

心から応援しています。






無観客試合のプロ野球をテレビで見ました。

バッターの打球音やキャッチャーの捕球音が

球場に響きます。

観客の応援が無いと、あんな音がするのですね。

これこそ野球の音だと、感動しました。

ベンチからの声もよく聞こえます。

観客が戻っても、野球の音を楽しみたいものです。

日本の応援の仕方ではそれは無理かも。



ーーーーーーーーーーーーー
  お知らせ
ーーーーーーーーーーーーー


日本経営士会中部支部がメールマガジンの発行を始めました。

経営コンサルタントの活動や経営理論、その他関連情報が載っています。

決して難しくはなく、気楽に読める内容です。

登録すれば、どなたでも読めます。

配信を希望される方は、下記ページから登録をお願いします。

https://keieishikai-c.jp/mailmagazine-registration/




意見、ご感想がありましたら、121con@mbr.nifty.comまで
ご連絡ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】 ワン・トゥー・ワンコンサルティング
【発行者】 梅本泰則
【URL】 http://www.121con.jp/
【ブログ】 「お客さんが集まる元気なスポーツショップの作り方」
      http://ameblo.jp/121con/
【Eメール】121con@mbr.nifty.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※バックナンバーをお読みになりたい方はこちら。

http://backnum.cbz.jp/?t=tn38&b=nm23&m=2c7m

※配信が不要な方はお手数ですが下記から解除願います。

https://regist.combzmail.jp/d/2c7m&m=E-Mail