バックナンバー

  がんばれスポーツショップ。業績向上のツボ! http://

□ 最新号

  【がんばれスポーツショップ】選...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...

他のバックナンバー

【がんばれスポーツショップ】プレゼンを上手に行う3つのポイント

  発行日:2019年05月29日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
---------------------------------------------------------------------
このメールは、過去にワン・トゥー・ワンコンサルティング梅本泰則主催の
セミナー等に参加してくださった方、コンサルティングを受けられた方、
お問い合わせをいただいた方、名刺交換をさせていただいた方など
『大切な方』にお送りしています。
---------------------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!


     2019年5月29日発行         第640号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


●今日のテーマ:プレゼンを上手に行う3つのポイント


こんにちは。

ワン・トゥー・ワンコンサルティングの梅本泰則です。
http://www.121con.jp/

当メールマガジン、

「がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ」は、

スポーツショップの皆様の業績が、より向上することを願って

書かれたものです。

きっとこのメルマガの中には、あなたのお店がかかえている

問題を解決するヒントが隠されていると思います。

どうか気楽にお読みください。

----------------------------------------------------
 スポーツ店専門コンサルタントのページはこちら
   http://www.121con.jp/
----------------------------------------------------

行政機関の方が話をされるセミナーに

参加しました。

ところが、講師が何を言いたいのか

さっぱり伝わってきません。

これはよくあるパターンです。

伝わらないのには原因があります。

今回は、人に伝わるプレゼンの仕方についてです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   プレゼンを上手に行う3つのポイント   ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1.伝わりやすくするコツ



あなたは大勢の前でプレゼンを行うことはありませんか。

その時、

うまくしゃべれるだろうか、緊張せずに話せるだろうか、

と心配になることはないでしょうか。


講演やセミナーでしゃべり慣れている人がうらやましいと

思われるかもしれません。

では、そのしゃべり慣れている人の話は、

伝わりやすいのでしょうか。


必ずしもそうだとは言い切れません。

実は、伝わりやすく話をする人には、

ちょっとしたコツがあります。


私も仕事柄セミナーや講演をする機会が多いのですが、

決して話がうまい方ではありません。

しかし、うまく伝えるためのコツは学びました。

ですから、分かりやすいと言われることもよくあります。

そこで、私が学んだコツを、簡単にお伝えしましょう。


そのうまく伝えるコツは3つあります。

それは、

・話の構成

・スライドの作り方

・話し方

です。


順番に説明します。

まずは「話の構成」。

これは、どんな順序で話を組み立てたらいいか、

ということです。

その順序を守ると、伝わりやすくなります。


そして、その順序は、

1)本日の伝えたいこと

2)自己紹介

3)問題提起

4)解決方法

5)本日のまとめ

です。


一つずつ説明しましょう。



2.話の構成



「本日の伝えたいこと」とは、

一番伝えたいポイントということです。


つまり、話の結論を最初に短い言葉で伝えます。

今回の内容で言えば、

「分かりやすく伝えるコツは、

 話の構成、スライドの作り方、話し方の3つです」

ということです。


最初に結論を伝えることで、

聞き手はそれを意識して聞くことが出来ます。

だから、伝わりやすくなるのです。


次は「自己紹介」。

これも手を抜いてはいけません。


自己紹介では、よく自分の経歴や実績、資格などについて

だらだらと述べる方がいます。

これが伝わらない原因です。


自己紹介のポイントは、

今回この話をするにふさわしい人間であることを伝える

ことにあります。

このような経験や能力があるからこそ、この話が出来る

ということを示すのです。


例えば

「10年間のコンサルタント経験の中で、

 100回を超えるセミナー・講演を行ってきた」と

紹介すればどうでしょう。


3番目は「問題提起」です。

この問題提起の仕方がおかしいと、話がよく伝わりません。

今回は、

「うまく話したい、緊張しないでしゃべりたいとは思いませんか」

というのが問題提起です。

聞き手が「そうそう」と思うようななことを

問題提起としてあげましょう。


4番目が「解決方法」です。

参加者は、これを知りたくて話を聞きに来ています。

問題提起をした以上、解決してあげなくてはいけません。

そして、そのポイントは、

「簡単に実行ができる」解決方法を提示することです。


最後に「本日のまとめ」を話します。

1時間も2時間も話をしていると、

いろいろな話題が出てくるものです。

その散らかった話を最後に簡潔にまとめます。

聞き手は、そのことで話の理解が進むのです。


このように「話の構成」の順序を守ることで、

伝わりやすくなります。


次は3つのコツの内の「スライドの作り方」です。



3.スライドの作り方と話し方



スライドを見せながら話をする場合、

そのスライドの作り方を間違えている方をよく見かけます。


例えば、1枚のスライドの中に、

これでもかというくらいに情報を詰め込んであるスライドを

見たことはありませんか。

離れたところにいる参加者には、

文字も図表もよく見えません。


そればかりか、

話し手はその内容を全部説明しようとしますが、

いったいどの部分を説明しているのかよく分かりません。

せっかく苦労をして作ったスライドなのに、

そのために話が伝わりにくくなります。


1枚のスライドに表す文字は「10〜20文字」で良いです。

簡潔に内容を表現します。

それに基づいて説明をしていくのが話し手の役目です。

必要ならば、スライドの数を増やしても構いません。

聞き手に分かりやすいスライドを作ることで

伝わりやすくなります。


そして、

スライドには図表やグラフを示すことがあるでしょう。

これも、

いかに簡潔で分かりやすいものにするかがポイントです。

分かりやすい他者のプレゼンの図表やグラフを研究して

参考にしましょう。


さて、3つめのコツは「話し方」です。

伝わりやすくするには、

声の出し方や活舌をよくする練習も必要かもしれません、


それはともかくとして、

すぐにでも出来る伝わりやすい話し方のポイントがあります。

それは、

・「あのー」とか「えー」といった、つなぎ言葉をなくす。

・意識をして話に「間」を入れる。

・聞き手の目を見ながら話す。

ということです。

この3つのことを心がけるだけで、話が伝わりやすくなります。


いかがでしょうか、

「話の構成」「スライドの作り方」「話し方」のコツは

お分かりになったでしょうか。

ぜひ、実行してみてください。






■今日のツボ■


・話の構成順序を守ると、話が伝わりやすくなる。

・1枚のスライドは簡潔な内容で表現すると伝わりやすい。

・伝わりやすい話し方をするには、3つのことを心がける。




■編集後記■


いかがでしたか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



この3つのコツ以外に、大切なことがあります。

それは、事前の「リハーサル」です。

そのリハーサルの仕方にもポイントがありますが、

最低でも4〜5回は行いましょう。





令和になって1か月がたちました。

まだ、書類に「平成」としてしまうことがあります。

なかなか、手が馴染んでくれません。

平成と書かれた書類をもらうこともあります。

しばらくは注意が必要ですね。







意見、ご感想がありましたら、121con@mbr.nifty.comまで
ご連絡ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】 ワン・トゥー・ワンコンサルティング
【発行者】 梅本泰則
【URL】 http://www.121con.jp/
【ブログ】 「お客さんが集まる元気なスポーツショップの作り方」
      http://ameblo.jp/121con/
【Eメール】121con@mbr.nifty.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※バックナンバーをお読みになりたい方はこちら。

http://backnum.cbz.jp/?t=tn38&b=nm23&m=2c7m

※配信が不要な方はお手数ですが下記から解除願います。

https://regist.combzmail.jp/d/2c7m&m=E-Mail