バックナンバー

  がんばれスポーツショップ。業績向上のツボ! http://

□ 最新号

  【がんばれスポーツショップ】書...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...

他のバックナンバー

【がんばれスポーツショップ】立てた対策の実行法

  発行日:2019年05月15日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
---------------------------------------------------------------------
このメールは、過去にワン・トゥー・ワンコンサルティング梅本泰則主催の
セミナー等に参加してくださった方、コンサルティングを受けられた方、
お問い合わせをいただいた方、名刺交換をさせていただいた方など
『大切な方』にお送りしています。
---------------------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!


     2019年5月15日発行         第638号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


●今日のテーマ:立てた対策の実行法


こんにちは。

ワン・トゥー・ワンコンサルティングの梅本泰則です。
http://www.121con.jp/

当メールマガジン、

「がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ」は、

スポーツショップの皆様の業績が、より向上することを願って

書かれたものです。

きっとこのメルマガの中には、あなたのお店がかかえている

問題を解決するヒントが隠されていると思います。

どうか気楽にお読みください。

----------------------------------------------------
 スポーツ店専門コンサルタントのページはこちら
   http://www.121con.jp/
----------------------------------------------------

先日、業界団体が行なった

小売店さんへのアンケート調査結果が届きました。

そこには業界に対する要望や意見が

400ほど並んでいます。

しかし、それらは分類整理されていませんでした。

せっかくのアンケートが、活用しにくくなっています。

やはり分類整理は必要ですね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■       立てた対策の実行法       ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1.出された対策案



考えついた販売対策案は、

どのように活かしていけばいいでしょうか。

このメルマガの634号(2019年4月17日発行)は、

「対策が分からないスタッフ」でした。

今回は、その続編ともいうべきものです。


634号では、打つべき対策が分からないスタッフに、

参考になる本を読むように勧めたと書きました。

すると、どうでしょう。

このお店のスタッフ3名が、素直に本を読んでくれました。

しかも、

それぞれ50個以上の販売対策案を考えてくれたのです。

驚きましたね。


出てきても一人20個くらいまでだろう

という私の予想は、見事にはずれたのです。

その上、全部で150個を超える対策案は

テーマごとに分類し、一覧表にしてあるではありませんか。

いやあ、お見それしました。


その分類テーマは、

「商品」「企画」「情報」「集客」「セール」など

何と20個もあります。

分類したのは良いけれど、これでは少し多すぎますね。

あまり細かく分けると、かえって分かりづらくなります。

そして、

あれもしなくてはならない、これもしなくてはならないと、

対策の優先順位が見えなくなってしまうのです。


では、どんな分類がいいでしょう。


これは、4つに分類することです。

4つというのは、

「商品」「価格」「流通」「プロモーション」。


そうです、経営戦略の中の事業戦略を考えるとき、

この4つについて考えましたよね。

これに沿って分類すれば、

おおもとの戦略と照らし合わせることができます。

そうすれば、

4つの事業戦略と対策案がマッチしているかどうかが

見えてくるでしょう。



2.優先順位の決定法



さて、対策案の分類が出来ました。

次は、対策案の実行優先順位を決めます。

実行順位を決めるポイントは、次の4つです。


・すぐに出来ることか、時間がかかることか。

・簡単に出来ることか、難しいことか。

・予想される費用は少ないか、多いか。

・見込まれる効果が大きいか、小さいか。


当然、すぐに出来て、簡単で費用が掛からず、

効果が大きいと判断される対策から始めることです。

その逆ならば、優先順位は低くなります。

こうした基準にもとづいて、

4つの戦略ごとの対策案実行順位を決めていきましょう。


例えば、今回の商品戦略に分類された対策の中に

「社員全員に商品勉強会を開き、

 お客様の役に立つ情報を発信する」

というものがありました。

これは、

すぐに、簡単に出来て、費用がかからない対策案ですので、

優先順位は高いです。

大きい効果が出るかどうかは、やってみなくては分かりません。


一方、

「当店オリジナルの商品を企画開発し、他店との差別化をはかる」

という対策案も出ました。

この案は素晴らしいですが、時間も費用も掛かります。

簡単なことでもありません。

うまく行けば効果は大きいと思われますが、

実行順位としては後のほうになるでしょう。


「価格戦略」の実行順位も見てみます。

「クーポンやポイントを発行して、購買動機につなげる」

という対策案がありました。

これは、すぐにでも出来そうなことです。

簡単な方法で、費用の掛からないやりかたを探せれば、

優先順位は高いですね。


また「自社在庫を処分販売するのではなく、メーカーさん、

問屋さんの処分在庫を仕入れて販売し、利益を確保する」

という対策案がでました。

これは、交渉には時間がかかるかもしれませんし、

簡単ではないかもしれません。

しかし、交渉に費用は掛かりませんし、

効果の点から見ると、重要度は高いです。

優先順位は高めた方が良いでしょう。


このような判断も入れながら、

優先順位を決めていくと良いです。



3.対策を成功させる



「流通戦略」と「プロモーション戦略」も見てみましょう。


「流通戦略」の対策には、

「ECモールに出店して、新しい販路を広げる」

という案が出ました。

これは、比較的簡単にできることです。

ただし、それなりのWEB知識に詳しい社員を必要とします。

お店の持つ能力次第で優先順位が変わってくるでしょう。


また、

「近隣の学校とのつながりを深めて、外商ルートを拡大する」

という対策案は、簡単なようで簡単ではありません。

外商に強いスタッフがいれば、優先順位を高めても良いです。


「プロモーション戦略」に分類される対策案が

一番多く出ました。

「友人・知人紹介キャンペーンを行い、新規顧客を増やす」

「商品チラシを作って、部活の先生に配る」

「購入時に簡単なおまけをつける」

「商品人気コンテストを行う」

「試着会を行う」

など、50個以上の案があります。

これも、「すぐ、簡単、費用、効果」というポイントで

優先順位を決めていけば良いことです。


優先順位が決まれば、今度はそれぞれの実行時期を決めます。

そして、その次は担当者の決定です。

これらが決まれば、あとは実行するのみ。


いずれにしても、

今回出た150の対策案を全部行うのは難しいです。

まずは、

20〜30個に絞って実行すると良いのではないでしょうか。

さらに言えば、実行した対策が全部成功するとは限りません。

ここはトライアンドエラーです。


また、長く続けると決めた対策は、

マンネリ化をしないように気を付けなくてはなりません。

そして、

短期で実行する対策が終われば、次の対策と入れ替えます。


このようにして、

スタッフが考えた対策案を、うまく活用していきましょう。






■今日のツボ■


・ランダムに出された販売対策案は「4P」に分ける。

・実行順位を決めるポイントは「すぐ、簡単、費用、効果」。

・対策案はトライアンドエラーをしながら効果を上げる。





■編集後記■


いかがでしたか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



このお店の報告を、

これほど早くできるとは思っていませんでした。

経営者とスタッフの能力の高いことが分かります。

機会があれば、

その後の経過や効果もお伝え出来ると良いですね。






初めて「生け花」の展覧会に行きました。

とても私には似合わない場所です。

そこでは、

さまざまな流派が華麗な技を見せてくれています。

古風な流派、ダイナミックな流派、前衛的な流派、

それぞれの特徴が分かって面白いです。

ちょっとした目の保養になりました。





意見、ご感想がありましたら、121con@mbr.nifty.comまで
ご連絡ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】 ワン・トゥー・ワンコンサルティング
【発行者】 梅本泰則
【URL】 http://www.121con.jp/
【ブログ】 「お客さんが集まる元気なスポーツショップの作り方」
      http://ameblo.jp/121con/
【Eメール】121con@mbr.nifty.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※バックナンバーをお読みになりたい方はこちら。

http://backnum.cbz.jp/?t=tn38&b=nm23&m=2c7m

※配信が不要な方はお手数ですが下記から解除願います。

https://regist.combzmail.jp/d/2c7m&m=E-Mail