バックナンバー

  建設DXへの道メルマガ https://ken-it.world

□ 最新号

  人型ロボットで現場の生産性、働...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  人型ロボットで現場の生産性、...
部門横断で点群、BIMを共有...
工具っぽい3Dスキャナーが点...
生成AIが現場監督の“子分”...
クラファンで大成功! “音の...
建機遠隔操作も!携帯不感地帯...
未来の現場を見るAR施工管理...
ChatGPTで3Dモデル作...
遠隔操作システムで建機オペは...
RTK-GNSSとスマホで広...
他業種とのBIMデータ連携で...
AIによるBIM化技術が高め...
i-Construction...
【4/22オンライン開催】 ...
RTK-GNSSとiPhon...
カンタンなSketchUpと...
【4/18参加無料】 鹿島建...
大林組が“作業者ゼッケン”で...
Matterport導入と引...
清水JVが導入したデジタルツ...
大林、竹中が相次いで開発! ...
ストップウォッチからAIへ!...
世界のBIM関係者が注目した...
建設ITワールドマガジン/第...
確認申請BIM化は未来・現在...
ねこ車電動化がヒント! 繰り...
「2024年問題」まで、あと...
2024年問題を建設DXで解...
ドローンから数ミリの変位計測...
香川発の建設ロボットが海外へ...
CAD作業時間を97%短縮し...
BIMか、3Dスキャンか、デ...
出退勤や休暇はスマホで、働き...
スマホLiDARで120m先...
iPhoneのLiDARを計...
建設業界が抱える課題を他業界...
iPhoneのAR機能でクレ...
地域に密着した建設業の成功例...
12月13日(水)〜15日(...
ゲームから建設業へ、実機体験...
12月6日(水)東京・雅叙園...
「建設業の働き方改革」講座を...
建設用3Dプリンターで202...
ドローンと人・重機との共同作...
建設機械を微動機構でロボット...
eYACHOが“BIMを現場...
実寸CAD図面の“プロジェク...
AIに頭脳労働の“雑用”を任...
バーチャル完成を保証するデジ...
AIとアルゴリズミックデザイ...
“未来のビジョン”から生まれ...
スマホを丸ごとドローンに載せ...
肉眼で“パノラマ視”! 3D...
万博の“建設危機”は3Dプリ...
LiDARアプリと3DCAD...
SPIDERPLUS、AND...
8月30日(水)〜9月1日(...
無人化進む圧気ケーソン工法!...
一般人も3Dプリンターによる...
設計・事務コンソ結成で“知的...
ほめて伸ばす遠隔現場のデジタ...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
<table bgcolor="#c0c0c0">
  <tbody>
    <tr>
      <td align="center" valign="middle" nowrap="nowrap" bgcolor="#eeeeee" width="40" height="40"><font SIZE="+2"><b><font COLOR="#000000">建</font></b></font></td>
      <td align="center" valign="middle" nowrap="nowrap" bgcolor="#eeeeee" width="40" height="40"><font SIZE="+2"><b><font COLOR="#000000">設</font></b></font></td>
      <td align="center" valign="middle" nowrap="nowrap" bgcolor="#ff0000" width="40" height="40"><font COLOR="#ffff00" SIZE="+2"><b><font COLOR="#ffffff">I</font></b></font></td>
      <td align="center" valign="middle" nowrap="nowrap" bgcolor="#ff0000" width="40" height="40"><font COLOR="#ffff00" SIZE="+2"><b><font COLOR="#ffffff">T</font></b></font></td>
      <td align="center" valign="middle" nowrap="nowrap" bgcolor="#eeeeee" width="40" height="40"><font SIZE="+2"><b>ワ</b></font></td>
      <td align="center" valign="middle" nowrap="nowrap" bgcolor="#eeeeee" width="40" height="40"><font SIZE="+2"><b>ー</b></font></td>
      <td align="center" valign="middle" nowrap="nowrap" bgcolor="#eeeeee" width="40" height="40"><font SIZE="+2"><b>ル</b></font></td>
      <td align="center" valign="middle" nowrap="nowrap" bgcolor="#eeeeee" width="40" height="40"><font SIZE="+2"><b>ド</b></font></td>
      <td align="center" valign="middle" nowrap="nowrap" bgcolor="#eeeeee" width="40" height="40"><font SIZE="+2"><b>マ</b></font></td>
      <td align="center" valign="middle" nowrap="nowrap" bgcolor="#eeeeee" width="40" height="40"><font SIZE="+2"><b>ガ</b></font></td>
      <td align="center" valign="middle" nowrap="nowrap" bgcolor="#eeeeee" width="40" height="40"><font SIZE="+2"><b>ジ</b></font></td>
      <td align="center" valign="middle" nowrap="nowrap" bgcolor="#eeeeee" width="40" height="40"><font SIZE="+2"><b>ン</b></font></td>
      <td align="center" valign="middle" nowrap="nowrap" bgcolor="#eeeeee"><b><PR版>&nbsp;</b></td>
    </tr>
  </tbody>
</table>
<table border="0">
  <tbody>
    <tr>
      <td align="right" valign="middle" nowrap="nowrap" width="525" height="30"><PR版> 2021.02.04配信 発行:<a href="https://ieiri-lab.jp/" target="_blank">イエイリ・ラボ</a></td>
    </tr>
  </tbody>
</table>
<p></p>
<table width="820" border="0" cellspacing="3" cellpadding="0" bgcolor="#f6f6f6">
  <tbody>
    <tr>
      <td>
      <div align="center">
        <table cellspacing="3" cellpadding="10" bgcolor="#eeeeee" height="30">
          <tbody>
            <tr>
              <td align="left" width="792" colspan="5">DearName</td>
            </tr>
            <tr>
              <td align="left" width="792" colspan="5">
              <p>発行人のイエイリです。</p>
              <p>建設業では、テレワークや生産性向上のため、Microsoft 365やZoom、 Google Workspaceなどのクラウドソリューションが広く使われています。しかし、Microsoft
              365などには100項目をはるかに超える設定項目があり、どこかに設定ミスがあると、機密情報の流出やシステムの乗っ取りなどの大事故が発生するリスクがあります。実際、昨年末には大手IT企業においても情報漏洩事故が発生しており、対岸の火事では済まない状況です。</p>
              <p>京セラグループの京セラコミュニケーションシステムでは、プロの目で御社のクラウド設定を徹底チェックする「クラウドセキュリティ診断サービス」を提供しており、<font COLOR="#ff0000"><b><font COLOR="#ff0000">2021年3月末まで特別価格キャンペーンを実施中</font></b></font>です。このチャンスに、御社のクラウド設定に”セキュリティの穴”はないかを点検してみてはいかがですか? </p>
              <p align="center"><b>2021年3月末まで特別価格!「クラウドセキュリティ診断サービス」の資料ダウンロードは<a href="https://www.kccs.co.jp/secureowl/solution/download/download10001/?utm_source=ken-it.world&utm_medium=email&utm_campaign=construction-mail2102" target="_blank"><font COLOR="#ff0000">こちら</font></a><br>
              </b></p>
              </td>
            </tr>
            <tr>
              <td align="left" colspan="5" bgcolor="#ffffff" height="30"><img src="https://ken-it.world/magazinebacknumber/wp-content/uploads/sites/5/image001.jpg" border="0" width="745" height="71"></td>
            </tr>
            <tr>
              <td align="center" bgcolor="#e5f2fa" colspan="5" height="50" valign="middle"><b><font COLOR="#0065ca" font-size: 130%;>&nbsp;Microsoft 365の設定項目はナント100項目以上! あなたの設定は安心できるか?</font></b></td>
            </tr>
            <tr>
              <td align="left" width="792" colspan="5" bgcolor="#ffffff">
              <p>建設業では、コロナ禍対策や生産性向上を図るためにテレワークやオンライン会議、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)によるクラウド上での共同作業、そしてリモートによる立会検査などが急増し、クラウドシステムや「SaaS(Software
              as a Service)」の利用も増えてきました。</p>
              <p>一方、心配になってくるのはクラウドからの情報流出です。最近も大手企業のクラウド型営業システムが不正アクセスを受け、100万件以上の個人情報などが流出した事件がマスコミで報じられるなど、大きな事故を時々、耳にするようになりました。</p>
              <p>その原因の多くは、クラウドシステムの設定ミスにあります。例えば、クラウドタイプの「Microsoft 365」の場合、設定項目は</p>
              <p>ナ、ナ、ナ、ナント、</p>
              <p> </p>
              <p><font SIZE="+4" COLOR="#0000ff"><b>100項目をはるかに超える</b></font><br>
               </p>
              <p>のです。</p>
              <p align="center"><b>2021年3月末まで特別価格!「クラウドセキュリティ診断サービス」の資料ダウンロードは<a href="https://www.kccs.co.jp/secureowl/solution/download/download10001/?utm_source=ken-it.world&utm_medium=email&utm_campaign=construction-mail2102" target="_blank"><font COLOR="#ff0000">こちら</font></a><br>
              </b></p>
              <p align="left">これらのうち、一つでも設定をミスすると、そこから外部からの侵入を許してしまう“セキュリティの穴”となってしまうのです。</p>
              <p align="left">従来のインストール型ソフトと違って、ネットに接続されているクラウドサービスは、だれでもシステムの玄関口には立つことができます。あなたの会社では、クラウドを利用して生産性向上を図りつつ、不正アクセスを断固阻止する設定をきちんと行えているでしょうか?</p>
              <p><img src="https://ken-it.world/magazinebacknumber/wp-content/uploads/sites/5/image002.jpg" border="0" width="598" height="455"></p>
              <p><i>Microsoft 365の設定項目は100項目を超える。生産性向上を図りつつ、”セキュリティの穴”を作らない設定が求められている</i></p>
              <p>そんな中、クラウドを活用する企業からの注目を集めているのが、京セラコミュニケーションシステムが提供する「クラウドセキュリティ診断サービス」です。</p>
              <p>このサービスは、同社の診断エンジニアが、(1)依頼企業の設定項目を一つひとつ確認する、(2)SaaS管理者に設定項目のヒアリングを行うという2段階で行われます。</p>
              <p><img src="https://ken-it.world/magazinebacknumber/wp-content/uploads/sites/5/image003.jpg" border="0" width="540" height="312"></p>
              <p><i>「クラウドセキュリティ診断サービス」は2段階で行われる</i></p>
              <p>変化の激しい攻撃手法やクラウド事業者の設定内容の変更を元に診断項目を見直しており、最新のトレンドにそった診断を受けることが可能です。</p>
              <p align="center"><b>2021年3月末まで特別価格!「クラウドセキュリティ診断サービス」の資料ダウンロードは<a href="https://www.kccs.co.jp/secureowl/solution/download/download10001/?utm_source=ken-it.world&utm_medium=email&utm_campaign=construction-mail2102" target="_blank"><font COLOR="#ff0000">こちら</font></a><br>
              </b></p>
              <p>最終的な評価は、セキュリティの促進を目的とした米国の非営利団体、CIS(Center for Internet Security)の基準を参考に行い、適合・不適合項目の数や不適合の根拠、そして対策方法が詳細なレポートとしてフィードバックされます。そのため、国際的な視点でも、納得いく評価と言えるでしょう。</p>
              <p><img src="https://ken-it.world/magazinebacknumber/wp-content/uploads/sites/5/image004.jpg" border="0"></p>
              <p><i>診断レポートのイメージ。不適合項目には根拠や対策方法がアドバイスされる</i></p>
              <p>これから本格的なデジタル・トランスフォーメーション(DX)時代を迎える建設業は、設計・施工の情報をクラウドで管理し、テレワークがいっそう進んできます。</p>
              <p>その対象は、設計の機密情報を扱うBIM/CIM作業から、現場の詳細情報を扱う施工管理、そして建設機械の運転や発注者による遠隔臨場まで、これまで以上の</p>
              <p> </p>
              <p><font SIZE="+4" COLOR="#0000ff"><b>高度なセキュリティ管理</b></font></p>
              <p> </p>
              <p>が求められます。</p>
              <p>本格的な建設DX時代を迎える今、一度、京セラコミュニケーションシステムの「クラウドセキュリティ診断サービス」を受けてみてはいかがでしょうか。</p>
              <p>気になるお値段ですが、通常価格は150万円(税別)です。しかし、<font COLOR="#ff0000"><b>2021年3月までなら、特別価格で提供</b></font>されます。詳しくは、「クラウドセキュリティ診断サービス」の資料をダウンロードしてご覧ください。このチャンスにぜひ、ご検討ください。</p>
              </td>
            </tr>
            <tr>
              <td align="center" colspan="5" bgcolor="#e5f2fa" height="50" valign="middle"><b>2021年3月末まで特別価格!「クラウドセキュリティ診断サービス」の資料ダウンロードは<a href="https://www.kccs.co.jp/secureowl/solution/download/download10001/?utm_source=ken-it.world&utm_medium=email&utm_campaign=construction-mail2102" target="_blank"><font COLOR="#ff0000">こちら</font></a><br>
              </b></td>
            </tr>
            <tr>
              <td align="left" width="792" colspan="5">【建設ITワールドマガジン -PR版-】<br>
               <br>
               発 行 日:不定期<br>
               発行開始日:2011年4月5日<br>
               配 信 数:xxxxxxx<br>
               本メールマガジンの購読解除は<a href="https://regssl.combzmail.jp/web/?t=mt23&amp;m=00k0" target="_blank">こちら</a>から (※解除すると通常のメルマガも配信されなくなります)<br>
              <br>
              ┏┿━━【発行元】━━━━━━━━━━━━━━━・・・ ・ ・ ・<br>
              ╂┘ 株式会社建設ITワールド (年中無休・24時間受付)<br>
              ┃  〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山1214号<br>
              ┃  TEL:03-6271-0330 FAX:03-6856-2861<br>
              ┃  E-mail : info@ieiri-lab.jp<br>
              ┃  WEB : <a href="https://ieiri-lab.jp/" target="_blank">https://ken-it.world/ </a><br>
              ┗━・・ ・ ・ ・ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<br>
               </td>
            </tr>
            <tr>
              <td align="left" width="792" colspan="5">※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。</td>
            </tr>
          </tbody>
        </table>
      </div>
      </td>
    </tr>
  </tbody>
</table>